ガレージでカヌーを作りあげる姿はDIY精神に溢れていた

ガレージでひとり、イチからカヌーをつくったのはオレゴン州のAdam Koekkoek。職人と見まごう仕上がりだが、彼の本職は高校のスクールカウンセラーらしい。

こんなって言ったら失礼だけど、カヌーをこしらえていくだけの動画だが、YouTube上で再生回数はすでに60万回を突破!

総製作時間800時間
カヌービルドの一部始終

祖父も父も、当たり前のように日曜大工するDIY一家に育ったAdam。大学生のときには、小さな木材会社でアルバイトをするなど、自らも木工に慣れ親しんできたそうだ。

冒頭はただの素人かと思いきや、作業を進むごとに目を離せなくなってしまった。以下動画より、抜粋して紹介。

何の変哲もない1枚の木板。まさか、カヌーのボディベースとなるになるとは…。

鉛筆を曲尺に沿わしてラインを引いていく。

このパーツは、フリーハンドでライン引き。手作り感がハンパない。

電ノコでラインに沿って切り落としていく。

グラインダーをかけて表面を整える。

バウ(船首)になる細かいパーツもDIYで。

加工しやすいよう、木材をお湯に浸す。それも浴槽の中で。

力をかけ過ぎると折れてしまうので、慎重に曲げていく。

バウからスターン(船尾)まで赤糸を張る。これが一定の高さを見極める目安になるそうだ。

ボディベースの上にボトム土台となる板を組み合わせる。この土台がボトムの形状を決めるから需要なパート。

木材を同じ長さ、厚さに加工。チェックは入念に。これがボトムになるパーツ。

パーツに木工ボンドをたらして、一本ずつ重ねていく。根気がいる作業だ。

もちろん、重ねる作業も手で行う。ボンドがはみ出る様子が、いかにもDIY。

ある程度重ねたらテープで固定。これを何度も繰り返していく。

サイドからボトムに木材を積み重ねていく。だんだんカヌーのカタチになってきた。

ボトムの片側ができた後は、もう片側を微調整しながら組み上げていく。

最後の1ピースを入れ込んで、ボトムの出来上がり。

バウの先端部分にステム(軸)を取りつける。お湯で変形させたのはこのため。

しっかりとネジで固定。

ネジ部分にキャップをつけてハンマーで叩いて、より強度をあげる。

グラインダーでボトム全体を磨いていく。

コーティングをするため、ファイバーグラスのクロスをかぶせる。

エポキシ樹脂を使ってコーティング。

表面をローラーで均等にならしていく。

カヌーをひっくり返して、今度は、内側にもグラスファイバーをかぶせる。

同様に、エポキシ樹脂を使ってコーティング。

ガンネル(船べり)を取りつけてカンナで調整。

この通り、シートも手作り。

ガンネル、デッキ部分にニスで塗装を施す。

ボトムにもニスを塗ってピカピカに。

シートとスウォート(カヌーの中央付近にあるバー)をつければ、ようやく完成。

仕事で溜まったストレスを発散するのが目的、とAdam。まさかそれだけのためにこんな本格的なカヌーをDIYしてしまうなんて。

もう、ほとんど工程は紹介したけど、全プロセスは以下の動画から。およそ11分と長いのだけど、あっという間に感じてしまうはずだから。

Licensed material used with permission by Adam Koekkoek
カヌーやカヤックといった水辺のレジャーツールには、サイズや保管場所の問題が常にありました。でも、フォールディングタイプの登場で、こうした問題が徐々に解消。...
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
まるで、大きなプラモデルみたいな印象だった。動画を見ていてそう感じたのだ。だって、ほとんどの作業は手で木を組み合わせるだけ(さすがに、土台を設置する際にド...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
愛娘のためにパパが見せた本気のDIYが、アメリカで賞賛を集めています。その仕上がりも見事ながら、およそ18ヶ月もの時間をかけて、たった一人で作り上げたパパ...
これまでDIYに“どっぷり”できていなかったのは、どうしても製作しているときがピークに思えて仕方なかったから。満足度のハナシです。自作したものを使う喜び、...
一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。アメリカのティーン...
静岡の西伊豆の離島で開催される「MUJINTO cinema CAMP」は、無人島でキャンプをしながら映画を楽しむフェス。その最大の特徴は、参加者も含めて...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
再現度の高さには目を見張るものがあります。照明も日中と夜間で変えるなど、徹底的にリアルを追求。
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
アラスカ在住のAna Whiteさんは、限られたスペースを有効活用する様々なアイデアで人気のDIYブロガー。そんなAnaさんの新作は、どうにも子ども心をく...
部屋が手狭になってきたくらいの理由で、そう簡単に引っ越しできるものでもない。となれば、思い切って断捨離するか、もしくはDIYで模様替え。どちらにしても、そ...
なんだかもう、子どもの頃から漠然と抱いていた「家のイメージ」と違いすぎて、拍子抜けしてしまいました。DIYできちゃうという驚異の手軽さ、圧倒的に短いリード...
ファンタジーの金字塔『指輪物語』、『ホビットの冒険』は、世界中に熱狂的なファンがいる作品。小説を元にした映画『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』も、...
多くの海外メディアに取り上げられている、今話題のインスタグラマー。彼女の家は、カラフルで可愛いと注目されていますが、部屋をDIYしたきっかけを聞くと意外な...
アウトドアといえば、自然の空気と一緒に楽しむBBQが醍醐味。でも、道具の準備などを考えるとちょっと手間。三重県にある「伊勢志摩エバーグレイズ」では、広々と...
〈ファーゴ〉の「STEEL TAP」。ちゃんと鉄製で頑丈だし、3ピンだし(2ピンでも使用も、もちろんOK!)、ブレーカーも付いているし、裏側には壁掛けよう...
仕事を辞めて、クルマを改造して、旅に出る。まあ、1度はそんな話を聞いたことがあるかもしれないが、RichmondとJulianaの2人ほどDIYに徹底して...