アメリカのガレージにありそうな「電源タップ」。

思うに、電源タップの考え方は大きくふたつ。

極力見えないように隠すか、見えてもいいように洒落たものを使うか。

〈ファーゴ〉の「STEEL TAP」は圧倒的に後者。アメリカのガレージに設置されているような電源タップは、見えてもいいどころか、積極的に見えるところにレイアウトしたくなります。

ちゃんと鉄製で頑丈だし、3ピンだし(2ピンでの使用も、もちろんOK!)、ブレーカーも付いているし、裏側には壁掛けようの穴もついてます。

こういうインダストリアルなデザインの電源タップって、探すと意外とないんですよね。

税込みで3,520円。オンラインショップで購入可能です。

767a47004df45ff32dd542df33db6e0a709644e2186e5d0ce43a5e7868d15bff20f31b3bb328954aD58159c8a645fccb35d7de40c723f0eb3193d593

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

至るところにHELVETICA書体によるタイポグラフィがプリントされていて、それがアクセントになっています。
"〈RAVPower(ラブパワー)〉の20100mAh ポータブル電源。このバッテリーを買えば、全てのスモールデバイスの電源問題を解決してくれます。"
「ブレイド・ウール・ラグ」は、ウールの質感と同心円状に編み込まれたデザインが、フローリングに合います。映画で観たことある、あの感じ。アメリカンヴィンテージ...
一般的に、掃除機であれ何であれ、電源コードは邪魔者扱いされる存在だ。できれば表に出したくないし、なんならコードレスな商品自体を求めたりも。でも、ここで紹介...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
マンハッタンにある高級住宅「Kips Bay Decorator Show House」では、毎年、いろんなアーティストが集まって、展示会を開催しています。
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
車内に吊るすタイプのエアフレッシュナーが有名な〈Little Trees〉。アメリカだけで毎年4億枚(!)が売れているそうです。なかでも人気、というか定番...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
お香の先っぽを折って、ぶら下げるかたちで使用する。燃えている部分は缶の中になるので、灰が飛び散らない。風が強い外で使用しても大丈夫。
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
〈CAMBRO(キャンブロ)〉の「CAMTRAY(カムトレー)」です。たまーにお店なんかでも使われているのを見かけますが、もともとが業務用。本国アメリカで...
アメリカのメイン州発の〈Paine Products〉のお香は、木をそのまま炊いたような香り。化学物質もオイルも一切なしなので安心して使えます。
アラブ首長国連邦のラアス・アル・ハイマという都市にあります。
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
〈YETI COOLERS(イエティクーラーズ)〉の「タンドラ」はハイスペックなクーラーボックスとして人気。加えて、室内にレイアウトしてもインテリアとして...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
ここは、極東最大のアメリカ空軍基地・嘉手納飛行場を有する本島の中部エリア。大型施設が立ち並ぶ海岸線とは対照的に、58号線を挟んだ陸側は、緑が豊かな落ち着い...
自転車に乗ってる人なら、昼夜問わず右左折や進路変更の際に怖い思いをしたことがあるはず。この「WingLights(ウィングライツ)」は、取り付けも使い方も...
「mui」の見た印象は、たった1枚の板。だけど、いろいろなテクノロジーが詰め込まれているそう。開発は、日本・京都とアメリカ・ボストンを拠点にするNISSH...
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。