千葉・稲毛に白砂のビーチ誕生!話題のグランピング施設に注目

千葉市の海浜エリアの豊かな自然環境を活かした、「稲毛海浜公園」内のグランピング施設「small planet CAMP & GRILL」が、今月22日にグランドオープン。

オーストラリア・パースから運んだ真っ白な砂を敷き詰めたホワイトサンドビーチや、波、風、木と葉のゆらぎや鳥のさえずりなどのさまざまな自然の音に囲まれた環境に、心身を整えるテント型サウナなどが用意されている。

small planet CAMP & GRILLのグランピングエリア
©株式会社ワールドパーク
small planet CAMP & GRILL テントサウナ
©株式会社ワールドパーク

太陽と風を感じながらおこなうヨガマインドフルネス、公園の植物を活かしたハーブポット作り、オリジナルの器が作れるブッシュクラフトなどのアクティビティも充実。

“千産千消(地産地消)”をテーマに、地元・千葉の農家と提携し、採れたての食材をふんだんに使用したオーベルジュのようなグルメメニューや、新鮮食材を使用し、ユニークで豊富な品数を揃えたラグジュアリーモーニングも。子どもやベジタリアン、ヴィーガン対応のメニューもあるとのこと。

ちなみに、滞在エリアは8棟。うち1棟は周囲から独立したプライベート空間でペットと共に宿泊できる環境が整備されている。

東京の都心部から、電車と車のどちらでも1時間弱で行くことができる、新たなオアシス。

気になる方は公式サイトで詳細をチェック。

small planet CAMP & GRILL ラグジュアリーモーニング
©株式会社ワールドパーク
small planet CAMP & GRILL グランピングテント内
©株式会社ワールドパーク
Top image: © 株式会社ワールドパーク
TABI LABO この世界は、もっと広いはずだ。