常識を変える!?「貝印」が「紙カミソリ」を開発

総合刃物メーカー「貝印株式会社」から来春発売予定の「紙カミソリ」がお披露目された。

これは11月8日の「いい刃の日」に向けたイベント「KAI Edge Museum 刃物で切り開く未来」にて発表されたもので、同社が世界で初めての商品化を目指している。

紙ハンドル金属刃体で構成されたカミソリで、同社の他製品と比べてプラスチック使用量を約98パーセントも削減。さらなる環境負荷低減のため、金属と紙のリサイクル化も視野に入れているそうだ。

使い切りを想定しており、細菌の繁殖やサビの心配がなく常に清潔。紙のハンドルは、好きな色やデザインを自由にレイアウトすることもできる。同社は「環境に配慮したカミソリ」という価値だけでなく、「紙を使ったオシャレで先進的なカミソリ」として独自のポジションを築いていきたいという。

これまでとは一味違う、新しい視点で考案された“未来の刃物”。カミソリの新たな選択肢になる!?

© 貝印株式会社
© 貝印株式会社
Top image: © 貝印株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

イラストでSDGsの17の目標を表現した展示会「本田亮SDGsユーモアイラスト原画展~楽しく知る世界を変える17の目標~」が、10月1日〜16日、東京・青...
環境や社会に優しい消費行動をした人ほど値引きなどを受けられるというサービス「SDGsマイレージ」制度が今年の春よりスタート。
国連が定めた2030年までに達成するべき目標のことを意味する「SDGs(持続可能な開発目標)」。その17項目をすべて体現できるエコヴィレッジが、デンマーク...
国連が掲げる「SDGs」の認知度を高めるプロジェクト「SDGs×マンガのチカラ」が発足。発起人である浜田ブリトニーのもとに17名の有名漫画家が大集結。SD...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
「SHERLOCK」では、少しの血液を採取し紙につけるだけで、がんだけでなく感染症も発見できる。
8月、「ハバリーズ」より、持ち運び可能な紙パックミネラルウォーターが発売。容器には100%再生可能な素材を採用。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...