あなたの「編集」で結末が変わる少女マンガ。

独自の美意識と世界観を誇るスタイリッシュメディア「花椿」や、セルフメイクブランド「インテグレート」のプロデュースで、より若い世代にも支持を広げつつあるメイクの老舗、資生堂。

歴史あるこの会社がついにポップカルチャー「Webマンガ」での広告にも参戦!しかもこれ、セリフや画を自分でカスタマイズすることができ、それによってリアルタイムで展開や結末が変化するのです。

あなたならこの漫画、どう編集(メイク)する?

タップ、選択、スライド…
多様なチョイスで恋を叶えろ!

同じ会社の先輩マコトのことが気になるナナ。なかなか一歩を踏み出せずにいると、ある日マコトに声をかけられて…。

と、こんなあらすじの中で、主人公の表情をどれにするか?背景効果はどんなのがいい? 漫画の結末につながるセリフは?キスの距離は?など、コマの一部を自由に操って進めていけるのがこのマンガ。さながら恋愛シミュレーションゲームのストーリー分岐!

選択場面では、今まで診断をした他の人たちがどの選択肢を選んでいるのかがリアルタイムでパーセント表示されます。

一番人気の選択肢でできたストーリーは閲覧モードから最新版をいつでも見ることが可能。ユーザーの動きを常に反映し、イマドキ女子の最新の好みを描き出しています。

気分によってはこんな選択も可能。謎のギャグっぽい選択肢と普通に可愛い少女漫画な雰囲気がなかなかに絶妙でクセになる!

ちなみに一風変わった選択肢を選び続けても、恋愛に縛られすぎない微笑ましいエンドで丸く収まる優しい仕様です。個人的にはむしろこのエンドが好きだったかも(笑)。友達とやって結果を比べても面白そう。

アクセス数が画を左右するこんなシーンも。すでにだいぶ繁盛していますが、極限まで混ませたら、一体どうなるんでしょう…?

主人公の背景や相手役の男性の注目ポイントなどでは、選択肢の幅が今までにあった同じようなキャンペーンよりもはるかに広い!これは何回も編集し直して色々試したみたくなる。目指せ全パターン制覇です。

目新しいスライド仕様も。やってみたら通り過ぎての空振りも可能でした。ちゃんとキスさせると手を握り合ったりもする芸の細かさです。

最後はあなただけの
恋愛タイプ診断!

ひとつ確定させるたびに少しずつ話が進んで、無事にストーリーを読み終えると、各項目でのあなたのチョイスから恋愛傾向を分析してくれます。

これまた21タイプとバリエーション豊か!恋のヒントに役立ちそう?加えてこの診断、シェアすることで新アイシャドウのプレゼント企画に応募できるとのこと。徹底的な恋路のサポート力に脱帽です。

この記事を書くにあたり10回ほど色々と試してみたところ、見られたエンドは3種類。他にもあるのか気になるので、4種類以上のエンドを見つけた人はぜひ教えてください(笑)!

第2・3弾も乞うご期待!

実は第1話での主人公「ナナ」は、インテグレートのイメージガール、小松菜奈さんが主人公のモチーフ。一緒に起用されている森星さんと夏帆さんが「ヒカリ」「カホ」として登場する2話と3話もじきに公開するそうなので、お楽しみに。

プロデューサ/村田健(SJ)、神林弥生(資生堂)
プランナー/佐藤ねじ(BP)
クリエイティブディレクター/酒井理絵(資生堂)
クリエイティブプランナー/加賀谷のどか(資生堂)
アートディレクター/佐藤ねじ(BP)、野辺地美可子(SJ)、竹田美織(資生堂)
コピーライター/宮澤ゆきの(資生堂)
プログラマー/橋本大和(BP)、秋元大樹(SJ)、佐藤太紀
Webディレクター/ 田中咲樹(SJ)
プロジェクトマネジメント:深津康幸(BP)
漫画・イラストレーター/佐木郁
ストーリーライター/夏生さえり
作家マネジメント/中川元太(株式会社wwwaap)
Licensed material used with permission by Blue Puddle Inc.
Gudim Antonの描くのは、大なり小なりの差はあるけれど登場人物たちの「不運な出来事」をオチにしたマンガ。全て、セリフのないシーンだけなのだけど、じ...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ちょっとした皮肉とユーモア混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪...
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
時には、喧嘩することもあるけれど、12年間ずっと支え合った1人と1匹。彼らの暮らしぶりは、Rikkeさんが日記のように描写した4コママンガに表現されています。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
じっくり見てみると、顔からはみ出た部分は厚紙だったり、絵の具の塗りムラがあったり、鼻の中にティッシュが詰められていたりと手作り感が満載(笑)。
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
もしも、猫が大企業のCEOだったとしたら…。イギリス人漫画家Tom Fonder氏によるシュールなギャグ漫画のご紹介。これが、イギリスでは結構ウケているそ...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
アメリカで活動するイラストレーターのPatsy Chenさんは、旦那さんのRayさんと飼い犬のFifiとの日常をマンガ化して、その和む夫婦のやりとりと、ワ...
「マンガを描くことは、私にとってセラピーなんだ」そう語るのは、癌を経験したイラストレーターのMatthew Paul Mewhorterさん。これまで患者...
「これ、あの映画に出て来そう!」と妄想せずにはいられない。そんなインパクトある作品を手掛けているのが、メイクアップアーティストMimi Choi(@mim...
現在、東京ドームシティのGallery Aamo(ギャラリーアーモ)において開催されているのは、「天野尚 NATURE AQUARIUM展」だ。果たして、...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
『ジョルジオ アルマーニ ビューティ』のポップアップストア「ARMANI BOX」が、12月1日から9日までの間、表参道にオープンします。
現在、東京ドームシティのGallery Aamo(ギャラリーアーモ)において開催されているのは、「天野尚 NATURE AQUARIUM展」だ。果たして、...
Scottさんはメイクが大好き。以前から化粧をして職場へ行っていたのですが、新しくきた上司に理解されずショックを受けます。化粧を落とせという要求に従わず、...