誰もが一度は感じる「恐怖」をマンガで表現してみたら…

もしも、暗やみに何か潜んでたら、お人形が動いたら、周りの人がいなくなっちゃったら…。

「そんなこと起こるわけがない」とは思っていても、誰にだって怖いものはあるはずです。LAを拠点に活動する漫画家、Fran Krauseさんは、みんなが潜在的に恐れている日常に潜むものを「Deep Dark Fears(深く暗い恐怖)」というシリーズにしています。

いわゆる、シャンプーをしているとき背後に感じる恐怖、に近い感覚。「あるある」「子どもの頃は確かに怖かったな」と思えるものなど、さまざまな作品を見てみましょう。

01.
世界の終わり

ぼくのおばあちゃんは、世界がいつか終わるって言っていた。

そして、善人はみんな天国にテレポートするんだ。

だからぼくは床に服が落ちているのを見るたび…

家族は天国に行っちゃって、ぼくだけ悪人たちと取り残されちゃったんじゃないかって不安になるんだ。

02.
暗やみから
覗いてくるもの

ぼくは昔、暗やみがすごく怖かった。

それで、パパが暗やみで光る星を買ってくれたんだ。

その星たちを見てると、怖さが和らいだ。

その星のうち、2つがまばたきをしているように見えるまでは…。

03.
シャツの中

着替えよう。

「ぎゃああああああああ!」

着ようとしたシャツの中にクモがいた。

04.
スマホの奥には

スマホを片手に、夜更かしするのが好きなの。

でも、画面が明るすぎるわ。

部屋にある他のものはみんな、

暗やみに隠れてるのに…。

05.
お人形の視線

わたしは、小さいとき怖かったの。

お人形が、わたしが眠るのを見てるんじゃないかって。

だからわたしは、お人形のゆりかごをブランケットで覆ったの。

それからお人形が逃げ出せないように、本の山を積んだの…。

06.
握る手

わたしが眠りに落ちるとき。

ベッドから腕がダランと落ちていると、

ベッドの下にいる「何か」が、

手を握ってくるの。

07.
本当の悪夢

ある夜、ぼくは悪夢から目が覚めた。

でも、じつはぼくはまだ寝ていたんだってことに気づいて、パニックになりながら起きた。

3度目に目覚めたときが一番ひどかったけど、今度こそ本当に目が覚めたんだって確信していた。

ぼくがもう一度、目が覚めるまでは…。

08.
公衆トイレで…

公衆トイレに入ったとき。

ときどき、自分は本当にひとりなのかどうか疑問に思うんだ。

気になって仕切りの下から覗いたとき、

もし、他の人と目が合ったらどうしよう…。

09.
死を逃れる1フィート

ぼくの身長は5フィート。だから地下鉄に並ぶときは、

いつも6フィート以上線路から離れることにしているんだ。

そうしておけば、もしも誰かがぼくを殺そうとしても、

線路には落ちずに済むだろう?

10.
人の顔が描いている「絵」

客間の電気が壊れていた。

壁には顔の絵がある、

ほとんど眠れず、翌朝に同じ壁を見ると…

絵だと思っていたところには、窓があった。

11.
ドアの向こう側

夜遅くに帰宅したとき。

わたしは家のドアを蹴り開けることにしている。

そうすれば、もしドアの後ろに人が潜んでいたしても、

襲われる前にノックアウトできると思うから。

Licensed material used with permission by Fran Krause
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...
時には、喧嘩することもあるけれど、12年間ずっと支え合った1人と1匹。彼らの暮らしぶりは、Rikkeさんが日記のように描写した4コママンガに表現されています。
Gudim Antonの描くのは、大なり小なりの差はあるけれど登場人物たちの「不運な出来事」をオチにしたマンガ。全て、セリフのないシーンだけなのだけど、じ...
資生堂発のブランド「インテグレート」の新アイシャドウPRは、なんとweb少女マンガ形式。しかもユーザーによるセリフやコマの選択で結末が変化していく恋愛シミ...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hal...
ちょっとした皮肉とユーモア混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪...
誰にだって恐怖心はあります。失業がこわくて退屈な仕事を続けたり、独りになるのが怖いから適当な相手とも一緒にいる。でも心配しすぎることで、私たちは本当に大切...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
「マンガを描くことは、私にとってセラピーなんだ」そう語るのは、癌を経験したイラストレーターのMatthew Paul Mewhorterさん。これまで患者...
強い女性というイメージがあるメリル・ストリープ。自分の想いをまっすぐに伝えるハリウッド女優にも、「恐怖」によって身動きができなくなったときがあったそうです。
「合法ハーブ」「お香」「アロマオイル」などと称して販売されている危険ドラッグ。合法と呼ばれているから安全、どれも法の規制が及ばない、一回だけなら大丈夫…。...
幼い男の子の悪魔のような姿…。もともとの純粋さは消え、恐怖心をあおる。ホラー映画で有名な『IT』に登場する“殺人ピエロ”のメイクを、3歳の弟に施した17歳...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
これほど科学が発達した現代ですら、さまざまな説が飛び交い、謎が多い「金縛り」。ここでは、「Higher Pespective」に掲載されている金縛りに関す...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
人生には矛盾がつきもの。日常には小さな葛藤が溢れている。誰でも心当たりがあるシーンを巧みに切りとり、ユーモアで包んで表現しているのはセルビア出身のイラスト...
今年もハロウィンがやってくる。いつの頃からか、日本人にとってのハロウィンは仮装やコスプレをして街を練り歩くことになってしまった。もちろん、それはそれで楽し...
「もし私が、若い女性だったら。正直、どうしたらいいか分からないわ。あなたたちには、テクノロジーがあるわね。それによって随分便利になったでしょう。でも、それ...
精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞ...
全米で公開されたスティーブン・キングの名作ホラー、『IT(イット)』が話題となり、ピエロに対して恐怖を持つ「ピエロ恐怖症」の人が多くいることにフォーカス。...
現在、東京ドームシティのGallery Aamo(ギャラリーアーモ)において開催されているのは、「天野尚 NATURE AQUARIUM展」だ。果たして、...