誰もが人生で1度はかかる!?「金縛り」がやっぱり怖い

これほど科学が発達した現代ですら、さまざまな説が飛び交い、謎が多い「金縛り」。

ここでは、「Higher Pespective」に掲載されている金縛りに関する9つの事実という記事を紹介します。

01.
死んでいるかのような
気持ちになる

8e61b72116d6db921b711f74e355fa38e6534fbe

金縛りとは、意識が覚めていても、カラダが動かない状態。殻に閉じ込められ、身動きが取れないようにすら感じます。それはまるで、自分が死んでいるかのような気持ちになるとか。

02.
眠りが浅いときほど
かかりやすい

睡眠には、浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があります。睡眠中その2つの状態が繰り返し訪れるのですが、金縛りが起こるのはレム睡眠時。とくにノンレム睡眠からの移行時に起こりやすいとか。

03.
目を開いたまま
恐ろしい幻覚を見ることも

73b17c429e4a2f41b543c5f8072b603bc06b1786

金縛りにかかった人は、その間に「悪夢を見た」と報告するケースも多いとか。意識もあり目も開いた状態で、現実だと思ってしまうような恐ろしい幻覚を見ることもあるようです。

04.
できることは
たったひとつ…

できることといえば、動くようになるまで待つことのみ。

05.
誰にでも
起こる可能性がある

ほとんどの人が、人生の中で最低1度は経験するとも言われています(なかには金縛りが起こったことに気づかない人もいるみたいですが)。

06.
寝つきの悪い人ほど
なりやすい!?

A920fd0f9219b15218da425c37a69d4a8197837a

いくつかの研究から、よく眠ることができない人ほど金縛りにあう可能性が高いと報告されています。

07.
悪魔やエイリアンの仕業?
大昔から研究されている

10世紀のペルシャ医療文献から、すでに金縛りについての記載があったそう。古くから悪魔やエイリアンの仕業、または睡眠中の麻痺など、金縛りが起こる様々な原因が考えられていました。が、いまだに正確な理由は不明だそうです。

08.
胸が重く感じる人も

人によっては、何かが胸に乗っているように感じることも…。胸の重みと幻覚によって、さらに金縛りを恐ろしい経験のように認識します。胸に霊や魔女が座っていた、と報告する人が多いのはそのためです。

09.
死に至ることはない

Ba45505f5a845bf4ab89879084c170c58d9999e9

とてつもない恐怖感を味わうかもしれませんが、それが直接の原因となって死に至ることはないので、ご安心を。

Licensed material used with permission by Higher Pespective
夜、眠っているはずなのに意識だけはしっかりある。体をいくら動かそうにも全く動かず、近くに(あるいは寝ている体の上に)得体のしれない存在の気配がする──。い...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
人間が、人生のうちの約26年もの時間を睡眠に費やしているって、知ってました?今回紹介するのは睡眠に関する意外なトリビアの数々。まだまだ知らなかったこと、沢...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
もしも、暗やみに何か潜んでたら、お人形が動いたら、周りの人がいなくなっちゃったら…。「そんなこと起こるわけがない」とは思っていても、誰にだって怖いものはあ...
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...
睡眠時間を割いてまで必死になって働いても、給与には反映してこない。そればかりか逆効果だって!?それを証明するような研究があります。シンプルに言えば、睡眠時...
誰にだって恐怖心はあります。失業がこわくて退屈な仕事を続けたり、独りになるのが怖いから適当な相手とも一緒にいる。でも心配しすぎることで、私たちは本当に大切...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
誰だって睡眠の質を高めて疲れをとりたいと願うものです。ここでは、「Little Things」に掲載された10個のコツを紹介。試してみては?「HELPGU...
身近なところに、幸福を手に入れられるカギがあります。それは、あなたが毎日していること。そう「睡眠」です。忙しいとつい削ってしまいがちですが、それはイコール...
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...