「なんでもできる」と思われがちな人たちの8つの本音

ライターになる前、私はグラフィックデザイナーだった。よく華やかなイメージを持たれるのだけど、正直なところ地味だし、かなり根気のいる仕事。勤めている会社によるところもあるのかもしれないけれど、なぜか何でもやってくれる“便利屋”として思われがちだったのが、当時の悩みだったのをよく覚えている。

だから、Cauliflower Timeが描いた「デザイナーあるある」に深く頷いてしまった。特別視されやすい、彼らのちょっとした悩みや日常は、客観的に見ると笑っちゃうものかもしれない。

01.
“デザイナーっぽい”と、
思わせるに簡単な方法

0c762642e9ff83fa2d89b2791df373779c198e84

服装から、デザイナーっぽい雰囲気を出す方法。

02.
暴走するアイディア

1cec1aa2ae97b48d932a92ac94b1b4eff54da5b3

上司:「若いデザイナーの意見はとっても新鮮。それに、頭の中は新しいアイディアでいっぱいだから、どんどん聞きたい」

 

「でも、創造的すぎたり、野心的すぎたり…。お願いだから、心臓に悪いことは言わないでほしいな」

03.
なぜか、自然光がない職場

142bb12d2fc128e1ad32608f1147000e54ca8b55

「刑務所にさえ窓があるのに、私のオフィスには窓がない」

04.
だいたい、
無難なところに落ち着く

739d9aec7cac96240d5683a57b08f558003f4cbd

【デザイナーの提案】

その1 素晴らしく良いアイディア

その2 賢くてクールなアイディア

その3 とてつもなくクズなアイディア

 

クライアント:「私たちが選ぶのは、ブランド名が売れそうな『その3』のアイディアです」

デザイナー:「どんなにアイディアを出しても、毎回必ずこうなるんだよね…」

05.
“プレ金”なんて、永遠にない

29044445933454ff7ce497c271adca905d70acdc

【金曜日の午後5時47分】

 

上司:「13分早く帰ろうとしているけど、もう仕事はすべて終わっているよね?」

06.
絶対に終わらない仕事量

0a2c56fbbc2ddf57083097c1bce582f046a4bc60

すべて今日中に終わらせなければいけない!!

 

上司:「どのプロジェクトも重要だし、急ぎのものだ。どれも期日を延ばすことなんてできないんだぞ」

07.
上から目線で、
仕事を無茶振りされる

93c1ff057dad938ae3b5caaff1c3b0f4fe19b244

クライアント:「SNSを運用する予算が足りないんだけど、無報酬でやってくれないか?」

 

「どうせ、君ら若い人たちにとっては、やり慣れていることだろ?」

08.
まだ、やるって言ってない

298003392e9f95ef3e06aaa938a5adb7449cf04e

クライアント:「僕の妻のビジネス用にロゴデザインを制作してくれないか?」

 

「すでに妻にはいくつかのアイディアがあるらしいんだ。彼女にPinterest(写真共有サービス)に送るように言っておくからさ」

Licensed material used with permission by Cauliflower Time
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
トランスジェンダーの人たちは日々の日常でどんなことを考えているのだろう。自分が経験したことなかったり、身近に聞ける人がいないとなかなかわからないもの。自身...
「ふぅ〜」っとため息が止まりませんでした。見ているだけで、やさしい愛が伝わってくるカップルのイラスト。どれも、何気ないシーンなんだけど、平凡だからこそ共感...
世界一、大変な仕事は何?と聞かれて、あなたはなんと答えますか。政治家・医師・弁護士・プログラマー……。私の頭の中にあらゆる職業が思い浮かんだ。が、Nath...
胸がギュッと締め付けられるほど切なかったり、燃えるように熱い気持ちになったり。自分でもびっくりするくらい、思いにあふれてしまうのが本気の恋愛だと思う。様々...
特別な理由はないのに、なんだかいつも不安になってしまう...。ポーランド人のイラストレーター兼グラフィックデザイナーAgata Bobaさんもそんな悩みを...
よく使われる英語のフレーズをイラストにしたら、こんな感じかな〜。イスラエルのデザイナー、Keren Rosen氏が制作したイラストが話題になっています。一...
パーティや飲み会の場で話の中心にいる人を見たとき「自分もあんな風におもしろくなれたらなぁ」と思ったことがあるかもしれません。「The School of ...
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
ファッション、グラフィック、ウェブ、インテリア、環境、都市、空間など。これらに続く下の句「デザイナー」。あらゆるデザイナー職の人たちが、共通して抱えている...
「Every Vowel」の主人公に共感してしまうのは、1980年代から2000年代初頭に生まれた“ミレニアル世代”の人たち。アーティストJon Yous...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
夜寝る前に必ずしてしまう一人反省会、何よりも楽しいひとりで過ごす時間。人と話したりするのがちょっと苦手な内向的な人なら、思わず共感してしまうイラストが話題...
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
オランダのイラストレーターかつグラフィックデザイナーであるIvo van de Griftさんによる「Big City Lights」という作品は、真夜中...
JessicaとLiannaの姉妹は、電動の車イスで暮らす、身体障害者。デザイナー兼イラストレーターであるふたりは、自分たちの日常をイラストで紹介していま...
何かと疲れる、年末年始。ちょっとささくれだった気持ちになりやすいけど、そんなときはちょっと立ち止まって漫画に触れてみるのはいかがでしょう。ニューヨークを拠...