乳首が性感帯の人は50%!?「おっぱい」にまつわる意外な雑学

左右のバストサイズの違いに悩む女性も多いようですが、調査結果によれば大抵の人が右胸よりも左胸の方が4%ほど大きいそうです。これは、バストを大きくするホルモン「エストロゲン」の作用が左右で違うから、というのが理由のひとつと考えられています。

…と、こんなふうに、じつはバストには知られざる事実がいっぱいあります。イギリスのメディア「boobsjobs」のインフォグラフィックスをもとに紹介したいと思います。

3697f92d3a77c0370ea14a716726e880731df241

2人に1人は乳首が性感帯

1677b1b19dd8e630371daa05b1b694340027c247

インディアナ大学の性科学研究所の創始者、アルフレッド・キンゼイの研究によれば、乳首に性感帯がある確率は約50%。

70%の女性が
自分のバストに不満

Dcce9c41b491f8bb87644730265319d0412443e6

バストのお悩みは、世界共通のようです。自分のバストが平均的かどうかは、女性なら誰しもが1度は気にしたことがあるのでは?

調査によれば、女性の70%がバストのサイズや形に不満を持っているそうです。

80%が自分に合わない
ブラを着けている

3dd59b59d7b5f7d8da170937cabb716228605fe5

80%の女性が自分に合わないブラを着けていて、そのうちの70%はサイズが小さすぎるものを選んでいて、10%は大きすぎるとのこと。

ブラのサイズに関しては自分の感覚を信じるのではなく、面倒かもしれませんが、店員さんに測ってもらいましょう。

アメリカでは豊胸手術する
人数が減っている?

9237adca34a857f27affd72e8dbedb07ee845a4b

欧米の女性の平均バストサイズは、アメリカで36C(C80)、イギリスが36D(D80)と言われています。

イギリスは元々の平均が34B(B75)だったそうですが、近年の肥満化とピル服用の増加が影響し、平均サイズが大きくなったそうです。

そして、豊胸手術を受けた人の数は、2015年の統計でアメリカ279,143人、イギリス9,652人。多く見えるかもしれませんが、アメリカは2014年に比べて2%も減少。

豊胸手術の費用で比べると、イギリスで3,500~7,000ユーロ(42万~84万円)、アメリカは3,708ドル(37万円)だそうです。

また豊胸手術には、脂肪、ヒアルロン酸、生理食塩水など、注入する素材の種類だけでも色々ありますが、バストアップに最も効果的なのはシリコンバッグのインプラントと言われています。この方法はトーマス・クローニン医師とフランク・ジェロー医師によって開発され、最初の臨床は犬に行われたそうです。

しかしこの犬は縫合跡を気にして噛んでしまったので、臨床は中止。シリコンバッグは除去されました。この臨床は一応「成功」とみなされました。

ちなみに世界最大バストのギネス記録は、トップサイズが177.8cmのIカップの女性だそうですよ。

Licensed material used with permission by boobjobs
イギリスの医療センター「HB Health of Knightsbridge」でにおっぱいに関する10のトリビアが、インフォグラフィックでまとめられていま...
初めてこのビジュアルを見た瞬間、思わず声が出てしまいました。「何コレ?」と。肩掛けタオル?でもなぜか絶妙に、胸がカバーされているし…。と思って調べたら、何...
女子ってほんとうに悩みがつきません。恋愛は当然のことながら、お肌のケアやダイエットなど体の悩みもつきないものです。たとえばロンドン在住のライターMiran...
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
もし、おっぱいのガンになったら…と、女性ならば誰しも一度は不安を感じたことがありますよね。生活習慣を改善するなどして、なんとか予防出来ないものでしょうか?...
「1日にたった10分でも豊満なおっぱいを見ることで、30分間エアロビクスを行ったことと同じ効果が期待できます」そんなコメントが、スコットランドのタブロイド...
女性なら気になる乳房の下垂。「だいぶ危険」「もう諦めてます」なんて人にぜひトライして欲しいマッサージ法があります。それは、YouTubeの初心者向けフィッ...
女性のおっぱいにタッチ。4人のゲイボーイが、人生初の体験に挑みました。ぎこちない手つき。どうやって触っていいものか悩む4人の仕草と、実際に触ったおっぱいの...
創業者である、コラス=アーベルさん自身が乳がんの摘出手術を経験し、医療では治せない心のダメージに寄り添うために、起業することを決めたと語る。「がんでダメー...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
Kara Maria Ananda氏が運営するサイトに掲載されていた「オッパイにまつわる7つの真実」を紹介します。彼女は17年以上もマッサージ療法師として...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...
「Cool Japan」ならぬ「Cool Japai」を推進する集団が話題になっています。なんでも、 日本人の日本人による、日本のクールな“おっぱい”を世...
胸を締め付ける「ブラジャー」から解放されたい!そう思う女性は意外と多いみたい。今回、ノーブラ生活を勧めている「Elite Daily」のライターAshle...
エシカルファッションブランドのHARAから女性ならではの悩みを軽減する竹からできたブラジャー。ホック、ワイヤー、厚いパットを省き無駄のないランジェリーに仕...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
水着の出番が増えてくる季節、バストアップしてかっこよく着こなしたいですよね。筋トレ動画を紹介する「MuscleWatching」で、小夜子先生が効果的な腕...
花火大会やお祭りの季節が到来です。浴衣で夏気分を満喫したい人、そろそろ着付けの練習を始めませんか?動画と併せて「ここを押さえておけば着崩れしにくい」襟と帯...
音楽配信サービスのSpotifyとヘルスケアプロフェッショナルのソーシャルサービスのFigure 1が共同で行ったアンケート調査で、90%の外科医は手術中...
性風俗で知られるタイは、仏教国という側面も持ち併せている。そんな一面を垣間見せてくれるのが、1960〜70年代に行われたヌード検閲。女性の乳首は見事なほど...
Kickstarterで出資を募っている、あるブラジャーが話題になっています。資金募集を開始して、わずか24時間で3万ドル(約360万円)の目標金額に達成...
Instagramで自身の作品をアップするようになってから、無名だったデザイナーJuliette Malletさんは、国境を越えて注目を浴びるようになりました。