乳首が性感帯の人は50%!?「おっぱい」にまつわる意外な雑学

左右のバストサイズの違いに悩む女性も多いようですが、調査結果によれば大抵の人が右胸よりも左胸の方が4%ほど大きいそうです。これは、バストを大きくするホルモン「エストロゲン」の作用が左右で違うから、というのが理由のひとつと考えられています。

…と、こんなふうに、じつはバストには知られざる事実がいっぱいあります。イギリスのメディア「boobsjobs」のインフォグラフィックスをもとに紹介したいと思います。

2人に1人は乳首が性感帯

インディアナ大学の性科学研究所の創始者、アルフレッド・キンゼイの研究によれば、乳首に性感帯がある確率は約50%。

70%の女性が
自分のバストに不満

バストのお悩みは、世界共通のようです。自分のバストが平均的かどうかは、女性なら誰しもが1度は気にしたことがあるのでは?

調査によれば、女性の70%がバストのサイズや形に不満を持っているそうです。

80%が自分に合わない
ブラを着けている

80%の女性が自分に合わないブラを着けていて、そのうちの70%はサイズが小さすぎるものを選んでいて、10%は大きすぎるとのこと。

ブラのサイズに関しては自分の感覚を信じるのではなく、面倒かもしれませんが、店員さんに測ってもらいましょう。

アメリカでは豊胸手術する
人数が減っている?

欧米の女性の平均バストサイズは、アメリカで36C(C80)、イギリスが36D(D80)と言われています。

イギリスは元々の平均が34B(B75)だったそうですが、近年の肥満化とピル服用の増加が影響し、平均サイズが大きくなったそうです。

そして、豊胸手術を受けた人の数は、2015年の統計でアメリカ279,143人、イギリス9,652人。多く見えるかもしれませんが、アメリカは2014年に比べて2%も減少。

豊胸手術の費用で比べると、イギリスで3,500~7,000ユーロ(42万~84万円)、アメリカは3,708ドル(37万円)だそうです。

また豊胸手術には、脂肪、ヒアルロン酸、生理食塩水など、注入する素材の種類だけでも色々ありますが、バストアップに最も効果的なのはシリコンバッグのインプラントと言われています。この方法はトーマス・クローニン医師とフランク・ジェロー医師によって開発され、最初の臨床は犬に行われたそうです。

しかしこの犬は縫合跡を気にして噛んでしまったので、臨床は中止。シリコンバッグは除去されました。この臨床は一応「成功」とみなされました。

ちなみに世界最大バストのギネス記録は、トップサイズが177.8cmのIカップの女性だそうですよ。

Licensed material used with permission by boobjobs
イギリスの医療センター「HB Health of Knightsbridge」でにおっぱいに関する10のトリビアが、インフォグラフィックでまとめられていま...
11月15日に福岡市科学館で開催される「おっぱい展」は、現代社会の女性にまつわるエトセトラを「アート」を通して世の中に伝えるイベントだ。オリジナルグッズ...
初めてこのビジュアルを見た瞬間、思わず声が出てしまいました。「何コレ?」と。肩掛けタオル?でもなぜか絶妙に、胸がカバーされているし…。と思って調べたら、何...
「ワコール」初の「無重力実験」の結果、無重力状態でのバストは、底面が上がり「丸」に近づくことがわかった。日常生活のシーンに合わせて、バストの動きを抑えるブ...
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
「Fxxking Rabitts(#FR2)」の新たなプロジェクト「メニュー女子」は、女の子と料理をからめた写真集。8月7日〜8月19日に実施される「WI...
女子ってほんとうに悩みがつきません。恋愛は当然のことながら、お肌のケアやダイエットなど体の悩みもつきないものです。たとえばロンドン在住のライターMiran...
「KIND BAG」は100%使用済みペットボトルを再生した生地で作られたエコバッグ。なかでもユニークな「Boobs(おっぱいの柄)」。KIND BAG女...
創業者である、コラス=アーベルさん自身が乳がんの摘出手術を経験し、医療では治せない心のダメージに寄り添うために、起業することを決めたと語る。「がんでダメー...
もし、おっぱいのガンになったら…と、女性ならば誰しも一度は不安を感じたことがありますよね。生活習慣を改善するなどして、なんとか予防出来ないものでしょうか?...
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
自宅で1日3分で出来る「バストアップトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeなどで紹介し、人気を集め...
“おっぱい”がテーマの移動式現代アート展覧会「おっぱい展」を主催する「and GALLERY」が、来る10月、「ピンクリボン月間」にちなんだキャンペーンを実施!
「1日にたった10分でも豊満なおっぱいを見ることで、30分間エアロビクスを行ったことと同じ効果が期待できます」そんなコメントが、スコットランドのタブロイド...
女性のおっぱいにタッチ。4人のゲイボーイが、人生初の体験に挑みました。ぎこちない手つき。どうやって触っていいものか悩む4人の仕草と、実際に触ったおっぱいの...
女性なら気になる乳房の下垂。「だいぶ危険」「もう諦めてます」なんて人にぜひトライして欲しいマッサージ法があります。それは、YouTubeの初心者向けフィッ...
墓石に使われることの多い「みかげ石」の蓄熱効果を活かした保温力抜群のお皿が登場。1分レンジでチンすれば15分間も温かさを持続!
コンパクトな財布ならではの問題を解決してくれる「進化系三つ折り財布」。
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
Kara Maria Ananda氏が運営するサイトに掲載されていた「オッパイにまつわる7つの真実」を紹介します。彼女は17年以上もマッサージ療法師として...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
中国で先行発売し好評を得た「着物KIMONOスニーカー」と「帯OBIスニーカー」が凱旋リリース。和装需要も職人も減少し、むしろ海外が日本文化を理解し評価し...
乳首をモチーフにしたブローチなどを販売している「Pretty Ugly」。以前、Free the Nippleというムーブメントが盛んだった頃に注目されま...
もっと自分らしいセルフプレジャーに出会えるようなアイデアを紹介していきます。