「オレオ」が地球滅亡に備えて「貯蔵庫」を建設

10月23日、「オレオ」地球滅亡に備えて、ノルウェー領スヴァールバル諸島に貯蔵庫を建設するというモキュメンタリー動画を公開した。

さて、なんで地球滅亡?なんでノルウェー領スヴァールバル諸島なの?と疑問に思う人も多いだろう。それには以下のふたつのトピックスが関係している。

8月24日、「NASA」がアメリカ大統領選挙の前日に、地球に小惑星が接近すると発表したのだ(詳しくはコチラから)。大きな被害を及ぼす可能性はないとされているのだが、オレオは「確実とはいえない」という姿勢で、地球滅亡に備えることに。

そして、ノルウェー領スヴァールバル諸島に貯蔵庫の建設を決定。……というのも、この地には農作物が絶滅したときのために多くの種子のサンプルを保管している「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」があるのだ(詳しくはコチラから)。

知っている人にしか伝わらないジョークだけど、それでもモキュメンタリー動画を制作してしまうオレオは、オモシロい!

ちなみに、この貯蔵庫にはしっかりと包装されたオレオとそのレシピが保管されているとのこと(笑)。

Top image: © iStock.com/Mindstyle
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
子どもの頃、オレオと言えば「おやつ」ですよね。でも大人になると、どうやら違う楽しみ方があるみたい。「レコード」の代わりに曲を流して音楽を楽しむことができる...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
アメリカで話題をさらい、発売から2週間で完売した「オレオ ミュージックボックス」が日本上陸!
今さらですけど、オレオを牛乳に浸して食べるのに何秒がベストなのか?それを米ユタ州立大学の研究チームが解明しました。流体力学から導き出したベストタイミングは……?
アメリカから届いた気になるオレオの情報です。今年7月、アポロ11号が月面着陸してから50年が経ちます。それを祝うため、6月中旬に「Mashmellow M...
アメリカの「OREO(オレオ)」の新キャンペーン「 WHAT’S YOUR STUF」が話題。オレオのココアクッキーに挟まったバニラクリームの好みの量を投...
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
「オレオ」はヴィーガン!? アメリカのヴィーガンがこぞって美味しいという「Accidentally Vegan(アクシデンタリーヴィーガン)」を紹介。
今月11日の「カミングアウトデー」にクッキーブランド「オレオ」が1本のショートフィルムを公開した。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
「earth puzzle(地球パズル)」には専用のボードがありません。北や南といった方角を気にせず、自由に「自分だけの地球」をつくることができます。通常...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
「MINOTAUR INST.(ミノトール インスト)」の「2L ANTARCTIC DOWN」の紹介です。
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
先日の「Supreme」の2000年S/Sコレクションで話題になった「Supreme Oreo Cookie」がついに本国アメリカで発売。もちろんすぐに完...
一体何味なのか公表されないまま発売される「ミステリーオレオ」。フレーバーを当てた人のなかから抽選で5万ドルが当たるという夢のような企画。2019年今年のフ...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
3月19日、香港政府が人工島を建設すると発表しました。環境破壊をはじめとした理由で批判の声もたくさん上がっていますが、注目したいのはその理由です。