10年前に「自然を創る」構想をしていたスヴァールバル世界種子貯蔵庫

様々なテクノロジーが発展したことによって、今や自然は「保護される」ものから「創れる」ものになっています。

とまあ、ちょっとエラそうに語りましたが本当に変わってきていると思います。だから、「World Topics」では「自然を創る」プロジェクトに少しだけフォーカスしてみました。人工の花や光合成するカーテンといった具合に。詳しくはコチラにまとまっています。

本題に入るまで長くなりましたが、「自然を創る」という意味では絶対に見逃せない場所があります。

スヴァールバル世界種子貯蔵庫です。

北極圏に位置する諸島にあり、完成したのは2008年。もう10年以上も前ですね。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。

言い換えれば、失われた自然を再び創るときのためにできた種子の「ノアの箱舟」。未来にも私たちが生きている現在の自然は遺されていきます。

Top image: © Crop Trust
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
10月23日、「オレオ」が地球滅亡に備えて、ノルウェー領スヴァールバル諸島に貯蔵庫を建設するというモキュメンタリー動画を公開した。
自然欠乏症候群。本来は、子どもたちが自然に触れる機会が少ないために起こってしまう、不眠などの症状を表します。とは言っても、大人にも当てはまるような気がしま...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
ノルウェー北部のアン島に、ホエールウォッチング専用の施設が誕生する。「The Whale」と名付けられたこの建築物は、雄大な自然と一体化し、貴重な体験をよ...
「CANOBLE」から、バターの可能性を無限に広げるためにあらゆるテクニックを駆使して生み出される、バターを楽しむためのバターケーキ「CANOBLE TH...
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
世界遺産に登録されているスリランカの熱帯雨林「シンハラージャ自然保護区」をZoomでつないでの、オンラインバーチャルエコツアーが開催される。
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
8年以上もタイムラプスを撮影しているMartin Heckさん。「100 Hours in Iceland」と題された彼のビデオには、たくさんのアイスラン...
あっと驚くような他にないサービスを次々と手がける「TENGA」と、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也による「KISS,TO...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
一見気づきにくいほど周囲の自然に溶け込んだ小屋が、メキシコの西海岸にある田舎町サン・ファン・デ・アリマにあります。小屋とはいえ、中はホテルのロビーみたいに...
2017年から建設がスタートしている上海の「垂直農場」。今も経済がどんどん成長している反面、農地がガクンと減ってしまったのを受けて、縦に長い農場が建てられ...
消費者の求めるものを素早く大量に生産することで知られるマクドナルドが、スウェーデンでは自然保護活動に力を入れているらしいんです。その知見を広げるために必要...
昔っからの街並みを維持し続けるミラノ。2019年に、ある空中庭園が建設されます。
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
国産の規格外フルーツを使った「リードディフューザー」を届けるサブスクサービスが登場。
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
「雄大な自然を目の前にすると、自分の悩みがちっぽけに感じる」なんて常套句があります。とはいえ、正直に告白すると、そんな経験は今までにありません。もしかした...
2020年春夏シーズンから始動する、スノーピークの新アパレルライン「YAMAI」。テーマは、豊かな自然に似合う服。
多くの人に環境意識を高めてもらうために、世界自然保護基金(WWF)が新たなキャンペーン企画をはじめました。
山梨県で誕生したクラフトビール「青い富士山ビール」。天然色素のスピルナで青い山肌を、泡で山頂に積もる白い雪を表現。SNSで話題となった「青い富士山カレー」...