中国で「わさび味のオレオ」が登場!

取り上げるのが少し遅くなってしまいましたが、オレオを販売するモンデリーズ・インターナショナルは、“わさびフレーバー”のオレオを販売すると8月21日にTwitterで発表しました。

これまでもチェリーコークやピニャコラーダなどの斬新なフレーバーで消費者を驚かせてきた同社。ただ、今回はちょっと反対意見が多いようです。

このツイートを見た人たちの反応は「食べたくない」や「想像しただけでもマズそう」というのがほとんど。食べてないので判断はできませんが、彼らの言いたいことも分かる気がします(笑)。

余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に発売。どちらも中国限定!とにかく味が気になる〜。

Top image: © 1989studio/aniok/Shutterstock.com, TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
何を狙っているのかは分かりませんが、ただただ見続けちゃいます。
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
子どもの頃、オレオと言えば「おやつ」ですよね。でも大人になると、どうやら違う楽しみ方があるみたい。「レコード」の代わりに曲を流して音楽を楽しむことができる...
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
アメリカで話題をさらい、発売から2週間で完売した「オレオ ミュージックボックス」が日本上陸!
今さらですけど、オレオを牛乳に浸して食べるのに何秒がベストなのか?それを米ユタ州立大学の研究チームが解明しました。流体力学から導き出したベストタイミングは……?
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
LGBTに関する法整備で世界に大きく遅れをとる日本。そんな状況でも、企業が婚姻の平等に賛同するメッセージを発信することは、社会を変える大きな力になるという。
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
3月15日、RADWIMPSは新曲『Light the Light』を発表し話題となっている。世界的に広がりをみせるコロナウイルスの影響で苦しみ、不安を抱...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...
ブラックフライデーに合わせて、史上最大のサイズを誇るレゴブロックセットが発売された。「コロッセオ」という今回のレゴは、ローマ帝国のシンボルであるコロッセオ...
仕事モードに入りたいとき、頭の中を整理したいとき、気持ちをオフモードにしたいときなど「切り替え」のためのノンカフェインティー「daytune.-tea」が登場。
9月18日、ブラジルの「ドリトス」が新たなフレーバーとして「わさび味」の販売を開始した。それに伴って公開されているCMに注目だ!
「オレオ」はヴィーガン!? アメリカのヴィーガンがこぞって美味しいという「Accidentally Vegan(アクシデンタリーヴィーガン)」を紹介。
アメリカから届いた気になるオレオの情報です。今年7月、アポロ11号が月面着陸してから50年が経ちます。それを祝うため、6月中旬に「Mashmellow M...
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
中国のスマートシティ雄安新区の都市計画コンペで、スペインの「Guallart Architects」が「自給自足都市」を設計し、見事に優勝。その未来都市っ...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。