【読んでもらいたい vol.4】「のに」を使いがちなあなたに、『のびのび生きるヒント』

「これだけ頑張っているのに、なぜ結果が出ないんだろう」「あの人の悩みはしっかり聞いたのに、なぜ私の話は聞いてくれないのだろう」自分が与えたものと同じくらいのお返しや評価、つまりは、見返りを求めてしまうことはありませんか。

あなたが見せてきたがんばり、ふんばり、やさしさ、気配りは誰かに評価されるために発揮されたものでしょうか。

これは、武田双雲氏の著書『のびのび生きるヒント』の一節です。見た瞬間、ハッとしました。見返りを求めるがためにとる行動は素敵じゃない。誰かに褒められたいがための親切は、誤った親切。自分が求めるものが返ってこないから「〜のに」と思ってしまうのです。そして、イライライライラ。不満が積み重なっていきます。

Bd95ab04f2744c527c6a8f9a6efe4ddb2217862c

「いいとこ探しめがね」をかけると
「のに」は遠ざかっていく

人生を人任せにしてしまうと、周りの人間関係や状況に左右されて、自分の思い通りにいかないと被害妄想をしてしまいがちです。人を観察するのが好きな私の考察としては、いつも自分の評価を気にしてしまう方は、そういう傾向にあるのではないかと思います。

人のせいにしているうちは永遠にのびのびできません。

武田氏の言葉を借りれば、人の目を気にして生きるのは、「のびのび」出来ず、苦しいはず。たとえば、視力の低い人がめがねをかけると、それまでぼやけていた世界が鮮明に見えるように、考え方や見方というのは、めがねをかけるのと似た感覚で、自ら変えていくことができます。自分だけの「いいとこ探しめがね」をかけて、偏見をなくし、物事の考え方、見方を広げていきましょう。そうすれば、自然と「のに」から遠ざかるのだろうと思います。

誰にでも、何にでも、必ず良いところはあります。悪いところを批判するより、まず素敵だと思えるポイントを探すことが大切です。「あの人のここが嫌い!」と決めつけるのではなく、いいところをたくさん見つけてあげて、「ここが素敵!」と褒めてみてください。きっと、その時の自分も、うんといい表情をしているはずですから。

私も早速「いいとこ探しめがね」をかけて「のに」を撃退しようと思います!

 

外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
「読書しなさい、読書しなさい」と、どれだけ人から口酸っぱく言われても、自分自身で必要性を感じない限り読書習慣を身に付けることは難しい。しかも、周りから言わ...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。──ぼくにとって「食」とは、どんな問題も解決へと導いてくれる...
こんな本、見たことがあるでしょうか。地上の家から光かがやく月までを冒険しながら進んでいく、世界一長い塗り絵です。好きな色を使って、自由に塗り進めながら、未...
私はずっと「生きにくさ」を感じて生きてきた。自分は努力が足りないから、生きにくさを感じるのだろうか?そうではない。『私の体を鞭打つ言葉』は、私が哲学書から...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れ...
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
日頃から懸命に読書しているのに、何を読んだのか、そこから知識を得られたのか、曖昧なことってありませんか?その理由は「アウトプット」が習慣化されていないから...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
今までの読解力と文章力の研究では、初等教育に身につけることの重要性が多かったが、成人になっても日々読んでいるコンテンツによって、文章力の差が出るということ...
その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...
メリットだらけ、です。
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
70年代、80年代の日本では右肩上がりの経済成長が約束されていた。その時代には、企業の中で与えられたものをこなしていけば、それなりにやっていける社会が成り...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。味覚とは、人が味を感ずる身体的な感覚のこと。でも、実はこ...