3年間で454トンのゴミを回収した、かわいい見た目と裏腹な「働き者」

アメリカのボルチモアハーバーに佇む、巨大な生物のようなもの。まん丸な目に大きな口、一見ダンゴムシのようにも見えるルックス。オブジェかと思いきや、そうではありません。

彼の名前はトラッシュウィールくん。可愛い顔して、なかなかいい仕事をしているんです。

約3年で引き上げたゴミの量
「454トン」

913ca437691b7a8e3c25783caeb20673ab37a482

トラッシュウィールくんの仕事は、ボルチモアハーバーのゴミを回収すること。捨てられているのは、ペットボトルやタバコの吸殻、空き瓶やビニール袋までさまざま。2014年5月からこの活動をしていて、すでに約454トンものゴミを引き上げているそうです。

トラッシュウィールくんには「水車」が内蔵されていて、回収したゴミはリサイクル資源に分別するか、市の火力発電の資源として利用。

性能的だけ見るとゴミを回収する機械にすぎないのですが「何もデザインがないままは寂しい!」ということで、地元の企業が協力し、この可愛らしいデザインを考えたそう。

4392aea1f876260bb111bc394d2622d87b4f3ba0

夜のトラッシュウィールくん。

「水力×ソーラー」が
彼の動力源

84f3f6fe837448b98042747a5000aee200744621F51c77ff00f0f84993dd3abf1ec91b3c9ef8ac81Dafa50f9fca24596071c61efee8cb079c91d6bb0

彼が動く仕組みはとってもエコ。まず、ジョーンフォールズ川の水の流れを利用して水車を回し、その動力を利用してベルトコンベアーが動きます。そして、大きな口から、ボルチモアハーバーに流れ落ちているゴミやガラクタを引き上げ、口の奥に内蔵されている大きなゴミ箱へと吸い込んでいきます。大きなゴミ箱が満タンになると、ボートでけん引して、新しいゴミ箱に交換する、という仕組み。

ただ、水の力だけに頼ると天候に左右されてしまい効率がバラつきます。水流の勢いが足りないときは、ソーラーパネルの力を借りるそうです。

トラッシュウィールくんは、自然の水の力と太陽光発電、新旧のテクノロジーを融合して、今日もゴミの回収にいそしんでいます。

918c5669f154bce8f2af00242b663e095ed07def

嵐が来たあとも大活躍

9224c3186368a3a4cb873f8b877b5b730be841b9

トラッシュウィールくん導入以降のゴミの回収率は素晴らしく、1日あたり約17トンのゴミが集めていて、一番多いときには42.7トンにも及んだそう。

「その日は、嵐のあとでした。川からすべてのゴミを出すのに2日かかりましたが、すごくいい働きをしてくれたと思いますよ」

と、トラッシュウィールくんの担当者。

12月にはオハイオ州のハリスクリークパークにもつくられ、その活躍の場は広がるばかり。基本的にトラッシュウィールくんを他の都市へ販売することはしていないとのことですが、boosterでTシャツを購入することで、この活動を支援できるそうです。

FacebookTwitterもやっているので、フォローしてみては?

Licensed material used with permission by Waterfront Partnership of Baltimore, (Facebook), (Twitter)
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられている。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネルギ...
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
「Urban Rivers」が開発しようとしているのは、誰もがインターネットを通じてコントーロできるお掃除ロボットだ。
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
9月8日に「The Ocean Cleanup」のゴミ回収作業が、サンフランシスコで始まりました。太平洋ゴミベルトに7万トン以上あるといわれている廃棄物の...
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
ウィーンのコーヒー文化に危機感を覚えたFlorian HoferさんとManuel Bornbaumさんは、使い道のなかった“ゴミ”でキノコを培養するアイ...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
<セラミリスト>を名乗るTim Kowalczykは、実際に見つけてきた「ゴミ」をセラミック彫刻でリアルに再現するプロ。アメリカで数々の賞を獲得し、芸術学...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
フォトグラファーのAntoine Repesséさんは、ゴミ問題を写真で訴えるために4年間ひたすらいらなくなったものを集め続けました。種類ごとにわけて、各...