脳をフル回転させるエナジーバーが登場

小腹の足しに、あるいは食事の時間もないようなとき、あると便利な「栄養補助スナック」あるいはエネルギー源となる「エナジーバー」。この辺、いちどはお世話になったこともあるでしょう。

では、認知能力をあげ、頭の回転をUPするための「栄養バー」なるものの存在を知ってますか?

脳のはたらきを補うって!?
 

Ac322788bf232ea7717ed2565cb3ff8783a0e523

「脳栄養素」を摂取するための画期的な栄養バー、通称IQ BARがこちら。が、まだ販売はしていないみたい。

0cf27065e899dedbd8e161c052c1c42dd49b2525

IQ BARに含まれる主な栄養素は、食物繊維、中鎖脂肪酸、ω-3脂肪酸、フラボノイド、ビタミンEの5つだそう。どれも化学的根拠に基づいて導き出された、脳の働きを助ける必須栄養素です。

ただし…ちょい脂肪分多め

Cf9921b5b0f614e7f5449767a5551eb2bfea5dfa

従来の栄養バーは、炭水化物を中心として作られているそうですが、IQ BARの中心栄養素は「脂肪分」。人の脳と身体は、脂肪分を燃焼させることでより効率的に働くという点に着目しているんでしょうが、脂肪分多めって言われるとなんだか飛びつきにくく感じてしまう? 

2e74ed4c090d3ffa23a464b26f06fdade8f95998

フレーバーは以下の3種類。

抹茶&ヘーゼルナッツ

A2b85adeeb942a36a19c10cbc7e4830fcbce88b2

たっぷりのビタミンEを含むヘーゼルナッツと抹茶の豊かな香りの相性がいいみたい。

アーモンド&カカオ

8fea8d23a9f294cca8ff81884970861c52821aa8

チョコレートに含まれるフラボノイドとビタミンEが豊富なアーモンドが、脳の働きを助ける役割。こちらは味が想像できる安心感もありますね。

 

ブルーベリー&クルミ

8d7071b7d083ff8e52e3682b4a5feebd314b25d0

ベリーの甘みと酸味がアクセントになりそう。果物とナッツの組み合わせも脳にたっぷりの元気をくれることでしょう。ω-3脂肪酸をはじめとする脂肪分が多く含まれているそうですよ。

Kickstarterでの資金調達も最終的に目標額の6倍近くまで達しました。ただ、現在のところ市場価格が15ドルを予定というから日本円にしておよそ1,700円程度。ちょっと手が届かなそうな気もしますが、脳の健康を維持するためのレシピ集がついてくるんですって。

Licensed material used with permission by Will Nitze
エナジーバーといえばアウトドアやスポーツ時の「補給食」のようなイメージが強いが、忙しさを極めるビジネスパーソンたちも日々酷使する目を癒したり、集中力を取り...
砂糖を加えるエナジーバーが一般的ですが、今回のレシピでは糖分を一切加えていません。ドライフルーツが持つ糖分だけでも十分に甘く、ナッツの香ばしさをたっぷり味...
最近本気が出ない!とこぼしているそこのあなたへ。「I Heart Intelligence」に掲載された、脳の本領を発揮し機能の向上が期待できる9つの方法...
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
茂木さんの著書『脳を使った休息術』(総合法令出版)は、そのタイトル通り、「いかに脳を休ませるか」について書かれた本。こちらは、今までとは少し趣向が違うこと...
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
まるでカラフルな怪物のような、貝殻のような、臓器のような、じつに愉快なカタチ。食べ過ぎ防止には、こいつをお皿にポンと置くだけ?!
これは、人間が記憶を呼び覚ますときの「脳の動き」を表現したもの。
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
いまだその全容を解明できずにいる脳の中。まだまだ私たちが知らないことがたくさんあるのです。ここからは米メディア「Higher Perspective」に掲...
どうすればこのクタクタの体を幸せな気持ちで満たしてあげられるのか。「Spirit Science」によれば、簡単なことで脳内物質を操作できるのだそう。必要...
生きていくうえで「脳が大切」というのは、すぐ理解できます。考えを司っていて、私たちのカラダの全身に影響をしているからです。そして、ここで紹介するのは、第二...
実年齢だけじゃ、人の“本当の年齢”はわからない。いろいろな人と話してみて常々思うことだ。が、人のことをとやかく言う前に、まずはあなたもトライしてみて!案外...