ふんわりバニラの香り。お米を使わないデンマークの「リンゴ粥」は夏バテ予防にもイイみたい

煮ても焼いてもおいしいフルーツのひとつに「リンゴ」があります。ただ、ひと口にリンゴと言っても、その種類はさまざま。収穫の始まる9月ごろからが旬といわれますが、今では年中スーパーに陳列されていますよね。

これだけポピュラーなフルーツですが、国民一人当たりの消費量で見れば、日本はトップ10にも入りません。消費大国No.1はデンマーク(2013年 The Economist調べ)。かのリンゴ大国では、もっとおいしく食べる方法がありました。その名も「リンゴ粥」。え、リンゴでお粥って?

体にやさしい「リンゴ粥」は
デンマークの母の味

リンゴでお粥!?驚くなかれ、デンマークでは「エーブルグロッド」と呼ばれるこの料理。デンマーク語で「エーブル」はリンゴ、「グロッド」はお粥を意味します。

けれど、材料はリンゴ、水、砂糖、そしてバニラビーンズだけ。お粥と聞いて、お米を連想した人も多いと思いますが、リンゴがお米の代わり。これらを一緒に煮て作り、食べる直前にミルクをかけていただきます。

リンゴに含まれるペクチンは腸内環境を整え、老廃物の排泄を助けて便秘解消が期待できます。また、ビタミンCは疲労回復を助けてくれるので、夏バテ予防にも◎です。

「リンゴ粥」って
どうやって作るの?

リンゴ(1個)の皮をむいてざく切りにしたら、水を大さじ4杯(だいたいヤクルト1本分)と、好みで砂糖大さじ1〜2杯、バニラエッセンス(数滴)と一緒に鍋へ。中火で10分煮ていきます。火を止めたらマッシャーで食感が残る程度につぶして、冷蔵庫で冷やしましょう。

食べる直前に冷たい牛乳をかけて召し上がれ。程よいリンゴの酸味に牛乳を合わせることでまろやかな味わいに。ふんわり漂うバニラ香が、食欲を刺激してくれるから、起きがけの朝ごはんにも、ちょっと体調がすぐれないときにもオススメです。本格的に作りたい人は、バニラビーンズを使ってもいいかも。

リンゴだけでもかなりの種類があるよ!というメッセージを伝えるべく、150種類以上のリンゴを展示しました。
世界中でスポットライトが当てられている食料廃棄問題。デンマーク発のレストランチェーン「Sticks’n’Sushi」は、そんなムダを少しでも減らすべく、余...
体内から温めて、夏バテ知らずの体をつくる「ニンニクの味噌汁」はいかがでしょう。
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
新型コロナウイルスやインフルエンザはもちろんですが、今年は同時に、見分けのつきにくい「風邪」にも気をつけなければなりません。「風邪にかからないためにできる...
2013年に立ち上げられたデンマークの音楽プロジェクト「AquaSonic」。5人のパフォーマーがそれぞれ水槽の中に身を沈めて演奏します。
オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
デンマークの人口約7000人の町ブランデに建築予定の高層ビル「Tower & Village」。高さは320メートルを想定されていて、完成すれば、西ヨーロ...
「6curry」と「LEBECCA boutique」のコラボワンピース第二弾がお目見え。ジェンダーフリーに誰もが身に纏えるよう、レディースサイズとユニセ...
「毎朝、空腹時にリンゴ酢とハチミツを飲むとどんな変化が起きるか?」をカラダを張って調査した結果が記事になっていました。どちらも美容・健康効果が注目されて久...
デザイン大国デンマークのアーティストにより生まれ変わる日本の信楽焼。陶芸家ラース・ランクの「グリーンモス」シリーズが、逆輸入されて日本展開をスタートします。
面倒なことはしたくないけど、ヘルシーなものが食べたい!というときにオススメの一品。料理家でフードコーディネーターの河瀬璃菜さんが教えてくれたのは、ヘルシー...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
国連が定めた2030年までに達成するべき目標のことを意味する「SDGs(持続可能な開発目標)」。その17項目をすべて体現できるエコヴィレッジが、デンマーク...
アメリカンクラフトビールが50種楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」が横浜市「たまプラーザ」駅にある複合...
福岡のソウルフード「マルタイラーメン」を全国に広めるべく、若手社員5名が商品開発に挑戦。インテリアとしても素敵なBOOK型のラーメンが誕生した。博多とんこ...
ワシントンで開発された新種のリンゴ「Cosmic Crisp」は冷蔵保存で1年間も貯蔵可能な代物!保存可能期間も長いうえ、味も「リンゴの聖杯」と評されるほ...
“日本文化×デンマークのデザイン”で仕上がった信楽焼。コペンハーゲンの陶芸家ラース・ランクがつくる「ブルーヒル」シリーズは、ティータイムにもよく似合う。
コペンハーゲンから約10キロのところにある街ビズオウア。ここに人工島をつくるという大規模なプロジェクトが考案されています。自然か開発、それともそこに住む人...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
イギリスのとある先生がFacebookで紹介した、2つのリンゴを使った授業が話題になっています。いったい、どんな内容だったのでしょうか。先生は教壇に立つと...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...