美しく「リンゴ」を展示。あの企業のストアみたいに

初めに言っておきますが、Appleとは全く関係ありません!

この展示会を開催したのは「Jardins fruitiers de Laquenexy」というフランスの企業。ただApple Storeのようにリンゴを並べてみたってわけではなく、しっかりとした理由があります。

彼らはフランスに暮らす若者たちに、野菜や果物の魅力をもっと知ってもらいたかったそう。そして、リンゴだけでもかなりの種類があるよ!というメッセージを伝えるべく、150種類以上のリンゴを展示しました。確かにこうして並べられた様子を見るだけでも、はっきりと違いが分かりますね。

すでにこのイベントは終わってしまいましたが、興味を持ってもらうという点ではかなり効果的なアプローチなのではないでしょうか。

他の記事を見る
イギリスのとある先生がFacebookで紹介した、2つのリンゴを使った授業が話題になっています。いったい、どんな内容だったのでしょうか。先生は教壇に立つと...
煮ても焼いてもおいしいフルーツのひとつに「リンゴ」があります。ただ、ひと口にリンゴと言っても、その種類はさまざま。収穫の始まる9月ごろからが旬といわれます...
ポール・マッカートニーは1966年に交通事故で死亡し、そっくりさんに置き換えられていたと、元ビートルズのメンバー「リンゴ・スター」が発表した!?World...
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
「毎朝、空腹時にリンゴ酢とハチミツを飲むとどんな変化が起きるか?」をカラダを張って調査した結果が記事になっていました。どちらも美容・健康効果が注目されて久...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
マクドナルドやイケア、ペリエ。どれも企業の色が出ていて、ユーモアに溢れてます!
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
ライターBenny Luo氏が「NextShark」にまとめたのは、Appleの創業メンバーについて。とはいえ、メインはあのスティーブ・ジョブズでも、“ナ...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
40年ほど前に発売されたAppleのパソコン「Apple I」がオークションにかけられ落札。実際に動いている様子を動画で見ることができます。マニアにはたま...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。