玄米でつくる話題のサラダで、毎日をもっとキレイに!

クスクスをサラダでいただくフランス生まれの「タブレ」。もともとはアラブ諸国のサラダがルーツです。クスクスを使ったものがこれまでは一般的でしたが、ヘルシー志向の欧米人たちは「あわ」や「大麦」など雑穀を代用して、ヘルシーさを追求しています。

そこで、玄米に置き換えたレシピの紹介。栄養面だけでなく、玄米の甘みやプチプチした食感も楽しんで。

玄米タブレ3つのメリット

B11f768a756ec68b8033b0312b3c13afdc8317c8

普通のタブレにはもう飽きた。そんな時にオススメしたいのが「玄米タブレ」。では、このサラダにどんなうれしい効果があるのか、詳しく見ていきましょう。

01.
ダイエット中の主食として

玄米に含まれている植物性ポリフェノールは、コレステロールを低減させる働きが期待できます。

02.
美肌をつくり女子力UP

さらにビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれる玄米。シミ・くすみなどの肌トラブルの予防に働きかけます。

03.
お腹スッキリ
便秘解消にも◎

それだけではありません。腸内の老廃物の排泄に必要とされる、食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消のサポートをしてくれます。

ヘルシータブレで
キレイも健康も手に入れる

(材料:作りやすい分量)

玄米:100g
きゅうり:1/2本
ミニトマト:5個
パセリ:10g
くるみ:10g
オリーブオイル:大さじ2
酢:大さじ2
塩:小さじ1/4
こしょう:適量

(作り方)

玄米は1時間以上水につけておきましょう。その間に下ごしらえを。キュウリを1センチくらいの角切りに、ミニトマトは4等分に切り分けます。パセリ、クルミはみじん切りに。鍋に水、玄米を入れて強火で熱し、煮立ったらあとは弱火で30分ゆでて水気を切ります。ボウルに材料をすべて入れて、オリーブオイル、お酢、塩こしょうで味を調えれば完成。

日本人には聞きなれないオルチャータという飲み物があります。なんでもこれ、スペインやメキシコなどラテン系の人たちが愛してやまない夏の風物詩だとか。
体の芯から冷え込むような、本格的な冬がやってきました。そんな季節を風邪知らずで乗り切るために、ぜひ取り入れたいのが今注目の「甘酒」です。それもフツーの甘酒...
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
5月20日(金)に東京・神楽坂にオープンしたばかりの「WithGreen」は、その日の気分や体調に合わせて野菜や肉、玄米、トッピングやドレッシングなど全て...
毎日バランスよく栄養をとりたい──。こう思っている人ほど、ランチ時にサラダを“ドカ食い”していたりします。コンビニサラダでも、レストランでも。だけど、結局...
これは、アメリカ西海岸で暮らす健康志向な人たちを中心に、人気が急速に広まりつつある「Buddha Bowl」。ブッダボウル(仏丼)?たいそうご利益がありそ...
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
夏に向けてダイエットを始めている人も多いはず。高カロリーなイメージにあるチーズですが、ダイエット中にもたくさん食べたい! そんなチーズ好きな人にオススメの...
健康のことを考えたとき、一番に始めるたいのが「食生活の改善」。野菜を多めに摂ったり、玄米にしてみたり、なんとなくでも栄養管理をする人も多いはず。しかし、そ...
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
見た目は「サイコロステーキ」。でも実は「ひき肉」と「えのきたけ」なんです。まるで精進料理みたいなモドキ感。イベント盛りだくさんの夏本番に向けて、体も財布も...
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
ダイエット中だから高脂肪の食事は避けたい。そんなとき、高野豆腐が強い味方になってくれることを知っていましたか? 噛み応えのある独特の食感を上手く利用して、...