プロに「植物の悩み」を相談できるオンラインサービス

なす術もなく観葉植物を枯らしてしまった......。そんな苦い経験がある人は少なくないはず。

「バーチャルプラント」は、植物の悩みをプロに相談できるオンラインサービスだ。このサービスを提供するのは、LAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する植物専門店「The Sill」。

相談は1回あたり15分で、料金は29ドル。1回で3〜5鉢の植物の悩み相談がカバーできるという。公式サイトで枠を購入すると、予約日時を選択するためのリンクが送付されてくる。あとは、予約の日時にパソコンをインターネットにつないでおけば準備OK。

ありそうでなかった“プロ”に植物の悩み相談ができるオンラインサービス。日本でも需要がありそうだ。

 

The Sill

【サービス名】Virtual Plant Appointment
【料金】$29〜

Top image: © Shannon West/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
手軽にインドアグリーンが楽しめる「人工観葉植物」を使って、室内空間をディスプレイ。
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
画期的なプランター「Terraplanter」が先月米国のクラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」で公開された。植物を枯らさない、...
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
LINEで身体の悩みを薬剤師に相談し、自分にあった漢方薬を自宅に配送してもらうオンライン漢方相談サービス「わたし漢方」。ダイエット、肌トラブル、不眠、月経...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
「ニューバランス」が、10月19日(月)〜25日(日)にオンラインランニングイベント「NB FuelCell 10K CHARGE」を開催する。
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
韓国のアグリテック企業が開発した「Bloomengine」。室内環境で植物の発芽からせ生長、開花までを自動管理するスマートデバイスです。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
キアヌ・リーブスがアメコミ作家としてデビュー。原題は『BRZRKR』。ロサンゼルスに拠点を置くアメリカンコミックやグラフィックノベルの出版社「BOOM! ...
ハリケーンの発生頻度を抑える壮大な計画を北欧の国・ノルウェーを拠点にするスタートアップ「OceanTherm」が進めている。その計画とは、海の底に空気を放...
米宇宙開発局(NASA)が推奨する観葉植物があります。宇宙と植物?のつながりではないようです。「inhabitat」ライターLucy Wang氏によれば、...
観葉植物を育てている人ならではの悩み。それは、「ジョウロをしまう場所」。結構邪魔なんですよね〜。
テーブルの中に植物の花や種子を閉じ込めて。
キャリア、プライベート、人間関係など、理想とするライフスタイルと現状とのギャップに悩んだときに、定額で国家資格を持つ専門家に相談できるサービス「Kaked...
植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営する「株式会社GreenSnap」が、新たなコンテンツサービス「おうち園芸」をスタート。
鮮やかなグリーンの果肉を持ち、栄養価が高いことから、「森のバター」とも呼ばれ、人々に親しまれているアボカド。真ん中にある大きく堅い種は、水栽培をすることで...