SNS投稿する前に、自分の心に聞きたい「6つの質問」

いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。
そう、SNSにおいても問われるのはコミュニケーションスキル。暗に投稿や、レスする前に「考えるべきポイント」をブロガーFrank Powell氏が指摘します。言われてみれば、確かにどれも「正論」。あとは実践できるかどうか。

01.
投稿はもう一人の自分
自分らしさを見失ってないか?

shutterstock_1969994366-new-concepts-of-guideline-on-social-media150913-02

SNSは「自分らしさを見つけることに必死」になっていたり「人から認めてもらいたい」と思っている人にとって、危険なドラッグのようなもの。SNSの世界の中では、誰かしらがあなたの存在をいつも認めてくれる。さらに、他人に対して瞬間的に承認を与えるため、とても中毒性が高い。
「いいね!」を得ると、あなたは認められた気分になる。しかし、最終的に「いいね!」は止まる。するとまた、違う写真やコメントをアップして「いいね!」を待つ。一時的な満足感を得ようと、このサイクルが無限に繰り返されるのがSNSの実態だ。

ここで起きる問題は、「いいね!」の数だけに目が向き、より刺激の強い写真やコメントで人の興味を引こうとすること。すると、いつしか知らぬ間に「自分ではない別の人格」がSNSを支配していくことになる。自分の評価と品位を犠牲にしていることに、全く気がつかずに…。もしも、SNSがあなたの気分や価値に影響を与えるならば、一歩引いて引いた目で見る必要がある。

02.
タイムラインではなく、直接
会って話すべきことでは?

shutterstock_2159585566-new-concepts-of-guideline-on-social-media150913-04

ソーシャルメディアの進化がもたらした悲劇のひとつ、それが「たくさんの臆病者に勇気を与えてしまった」こと。もちろん、それはいい面も。だけど、臆病者に知恵が備わると、危険なこともしばしば。つまりはこうだ。SNSは、基本的にコンピューター越しにしかコミュニケーションが行われない。そのため、顔の見えない誰かに対する誹謗中傷がまかり通る世界になってしまった。

では、その解決策とは?つまりSNSのためのルール。僕の考えはこうだ。「直接言えないようなことを投稿してはいけない」。面と向かって言えないようなことを、SNSに頼るのは間違い。また、自分の中で不確かなことを投稿すべきでもない。あなたにとって最も大切なのは、臆病にならないこと。でも、悩みがあったり、不満があるときはLineやTwitterを開かずに、積極的に誰かとランチの予定を組んだり、電話をかけるようにしよう。

03.
行動を起こすべき時に
「投稿」に頼っていないか?

shutterstock_3103103276-new-concepts-of-guideline-on-social-media150913-07

意志の強い人たちにとって、ソーシャルメディアは繁殖地。でも、人生を変えるほどのものではなないだろう。行動こそが、本当に人生を変えるもの。SNS投稿が悪いと言っている訳ではないが、1日の終わりに、仮想世界の人々に向けて発信することのみに満足していないか?を自問自答するといい。
全ての問題や不正の裏側には、人間、もしくはグループが存在する。仮想の世界では、問題について議論することは間違いではない。でも、そこから行動するために「画面を閉じること」をためらってはいけない。あなたがコメントを投稿する前、わずかな時間でも「実際に行動に移す」ことを意識してみる。これだけでも、あなたの周囲から世界が変わっていくのを実感できるはずだ。

04.
SNSを使うことで
逆に不満をためていないか?

shutterstock_2835238286-new-concepts-of-guideline-on-social-media150913-05

今を生きる若い世代は、ひと昔前には考えもつかなかった現実と向き合い、対処しなければならない。ボタンをクリックするだけで、自分ばかりか、他人の人生までも変えてしまう可能性があるということを。そこで、これを一般的なルールとして提案したい。「不満が溜まっていたり、機嫌が悪いときはSNSから遠ざかること」
この世の中、SNSが不満の原因となることが多い。これでは、本末転倒。SNSの有益さは誰もが認めるところ。でも、感謝の気持ちや満足度を高めるためのための道具ではない。なんらかの理由で不満を感じていたり、機嫌が悪いときは、スマホの電源を切ることだ。

05.
自分にとって、誰かにとって
有益な投稿なのだろうか?

shutterstock_2863385576-new-concepts-of-guideline-on-social-media150913-07

全ての投稿に対してコメントの必要があなたにあるのか?投稿をする前に自分自身に問いかけてみる必要がある。「これは果たして有益なのか?」と。自分にとって有益な記事にのみ、コメント返しをすればいいはずなのに、どうにもSNSの世界はそれが曖昧。
もしも、投稿前に「再確認画面」が毎回掲示される機能があれば、果たしてどうだろう?誰かを傷つける内容ではなかろうか?どれだけの議論を避けることが可能なのか?投稿ボタンを押す前に、今一度自分に問いかけてみよう。「これ、本当に意味あること?」もしも、心の底からYESが聞こえないようならば、投稿を見送ることが一番の答えのときもある。

06.
その投稿で、誰かを
喜ばせることができるか?

shutterstock_1800566336-new-concepts-of-guideline-on-social-media150914-05

これは、最後の切り札でもある。自分に正直に「この投稿は誰かを喜ばせ、リスペクトできるものか」を考えてみよう。一歩踏み込んで言うならば、神に誓って「真実を発信しようとしているか」も。もちろん、そこまで大げさである必要はないけれど、真実、愛、純粋さを反映することは大きな価値を生んでくれる。

確かに、SNSは時代を変えた。でも、たとえ時代の潮流だとしても、ガイドラインなしに乗っかるのは止めよう。無秩序を引き起こし兼ねないし、なかには傷つく結果になる人もいるのだから。
でも、難しく考える必要はひとつもない。
SNSは交友関係を育てることや、ビジネスチャンスを拡大させる効果的な道具。SNSを通して、あなたの世界をよりよく変える「言葉」や「写真」で、人々に感動を届けていこう。

Licensed material used with permission by Frank Powell

荒川リンジーがInstagramを使う理由とは?フィルム写真が趣味で、日常を切り取った写真の上にいま感じていることを書いてInstagramに投稿したとこ...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
SNSでは、頻繁にミームが作られています。スウェーデンのマクドナルドはそれを利用して、ユーモラスな発表をしました。
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。
瓶に具材をたっぷり詰めて醬で味付けした「BINJAN」は、無添加のおかず瓶詰め。フードスタイリスト新田亜素美さんとデザインプロデュースのプロペラ社が考案し...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
心理学と機械学習の計算社会学での研究により、Instagramの投稿写真からうつ病の傾向が判明した。166人の研究対象(うつ病患者とそうでない人)との投稿...
ブラジル・サンパウロにあるミュージアム、その名も「Museum of Me」。ここは、Meが示すとおり「自分」にまつわるミュージアムです。“展示物”もその...
タルトばっかりを投稿しているInstagramアカウント「@lokokitchen」を見つけました。
「いいね!」をお金やモノ、サービスに変えることができるSNS「Poplle(ポップル)。6月には、セブンイレブンで使える無料商品引換券と「いいね!」を交換...
アウトドアブランド「Vollebak」が抗菌作用を持つ“銅”を65%使用したフルメタルジャケットを製作。特殊な素材を用いて高機能なアイテムを開発してきた次...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
Facebookが“人々が互いを気遣う気持ちを共有する手段”として「Careボタン」の導入を発表。Facebookアプリではハートをハグするような形、Me...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
黒人男性のジョージ・フロイド氏が白人警官に殺害されたことに対する抗議デモが全米に広がっているなか、「ナイキ」は「#UntilWeAllWin」というハッシ...
湯本見番で開催してきた箱根観光客向けの芸者ショー「Meet Geisha」が、ビデオ会議アプリ「Zoom」を使って世界初の「芸者とオンライン飲み会」のサー...
Instagramは11月9日、アメリカでも「いいね数」を非表示にすると発表した。今週からテスト導入が開始される予定だ。さらに、今後使用時間に制限を設ける...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
9月初旬、米「Facebook」は他人の投稿で見られる「いいね」の件数表示の廃止を検討していると明らかにした。
FacebookやTwitterにおいて、自分は一体どのように見られているのか。SNS全盛の今だからこそ、気になっている人も多いのでは?ここで紹介するのは...
「今、テイクアウトができる飲食店」がわかり、事前決裁で取り置きができるサービス「QUIPPA(クイッパ)」が、今月24日まで日替わりの加盟店紹介をするTw...
10月27日、Instagramは自殺・自傷行為に関する規制を強化するためポリシーをアップデートした。今回のアップデートでInstagramはアニメや漫画...