職場で性差別をうけた男性の決意。「誰にも自分を変えさせない」

メイクが好きで、職場に化粧をしていったScott Ayton-Laplancheさん。会社の方針とは関係なく、男だからという理由で上司から化粧を落とすよう注意されました。納得がいかず、不当な扱いをうけたとして人事部に訴えても、まともに取り合ってもらえなかったそう。

そこで彼は、行き場のない気持ちをFacebookに投稿しました。

「女性だけ良いなんて変だ。
もう2017年なのに…」

「メイクをして出勤したら、落とすように言われてかなりショックでした。これは差別だと感じたのです。他の同僚(女性)が化粧をして綺麗に整えている中、自分だけ駄目だというのは違うと思います」

「今私たちは、性の多様性が広まっている2017年に生きている。だからどんな理由であろうと差別をするのは間違いだと思います」

これは投稿文の一部を抜粋したもの。実はScottさんは以前も化粧をしていたということですが、周りのスタッフや上司は好意的に受け止めてくれたといいます。メイクについて注意したのは、最近職場にきた新しい上司だったとのこと。前からいる人たちは皆、昔も今も変わらず支持してくれているというから、上司の個人的な価値観が原因だったのでしょう。

応援する人もいれば
反対する人も

Facebookに投稿した次の日には、「いいね」が既に5,000もついていて驚いたというScottさん。彼を支持する人たちからは、「そのままでいてください!差別にも立ち向かい続けて欲しい」など、次々と応援のメッセージが寄せられました。

投稿文は職場の人たちにもすぐに広まり、上司はScottさんを呼び出して、写真と文章を消すように要求してきたそう。もちろん、応じることはせず、同僚たちからは「よくやった」と労いの言葉をかけられたといいます。

これはイギリスでの出来事。もし日本だったら、はたまた、あなたの職場だったら。性の多様性について今一度考える良い機会かもしれません。

Licensed material used with permission by Scott Ayton-Laplanche(Facebook), (Instagram), (Twitter)
5人の女性が登場し、見知らぬ誰かがうけた性暴力の体験談を語る動画。目的は、誰かの辛い過去について触れるだけではなく、被害者は男性の場合もあり、身近に存在す...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、社内における男性上司との人間関係の築き方。男心を研究し、試行錯誤を繰り返して発見した3つ...
毎日いかなければいけない職場。職場環境が悪くて、転職という二文字が頭のなかをよぎっても、簡単に仕事を変える決断はできないものです。 『Inc.』のMarc...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、ただカワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
上司からの侮辱、同僚からのプレッシャー。これらが過度になると「有害な職場環境」が生まれます。ライターMarcel Shwantesの記事を読むと、どれだけ...
新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと住...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
価値観が変わりつつあるとはいえ、ルワンダには、いまだに男性は仕事、女性は家事をするものという考え方が残っているらしい。この慣習があるがゆえ、女性が教育を満...
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
今までに自分たちが味わった「苦しみ」を絵や詩で表現して集めた『Forward Together』というサイトがある。これは、トランスジェンダーであることに...
男性のみなさん、「男らしくしろ」と言われた時どう思うでしょうか。また、女性のみなさんは、男性にどんな答えを望んでいるのでしょう。以下の動画は、5歳から50...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
近年、メイクアップ技術は著しく進化している。あまりにも素顔とかけ離れ過ぎて「化粧=詐欺」と形容されることもしばしば。更には、性別を越える事も可能になってき...
「『科学によって証明された』と言われると、偏りのない事実のように感じられるけれど、実はそうではない側面がある」と語るのは、サイエンスジャーナリストのAnn...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
J.T. O’Donnell氏がまとめているのは、女性社員がイライラしてしまう男性の特徴。とはいえコレ、きっと男性社員から見ても同意見なはずです。記事の最...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...