男性のみなさん、分かってよ!「冷房」にくるしむ女性たち10の叫び

いよいよ汗ばむシーズン到来。ショップや飲食店では、早くもエアコンの出番が。では、あなたのオフィスはどうですか?

女性ライターGigi Engle氏は、夏になると恐ろしいまでに冷房を効かせるアメリカのオフィス事情に一家言あるようです。冷房の効かせ過ぎは女性にとって“お洒落の天敵”。多少の脚色はあるにしても、確かにちょっと「寒すぎ」と感じることありますよね?

01.
エアコンの適温に
男女平等はありえない!?

shutterstock_165623477_2こう言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、汗ばむ季節になると私は、未だに世の中が男性社会であることを実感させられます。

オフィスの室温を18℃(実際にはこんな低くなかったとしても)に維持するのは、スーツを着ている男性には適温かもしれません。でも、同じフロアで働いている女性社員にとったら、真冬の寒さに感じることも。スーツ姿の男性たちが感じる居心地のいい室温でも、薄手のブラウスやシャツにスカート姿の私たちからすれば、どうしたって彼らと適温が同じになることはないんです。

オフィスの寒さに凍える度に、なぜ「フェミニズムが必要なのか」という意味を、改めて問い直したくなる思いです。

02.
よく冷えた部屋で
よく冷えた飲みもの。
誰か…ヘルプ、ミー!

ただでさえ冷風にやられているときに、会議やミーティングの場でご丁寧によく冷えたお茶やアイスコーヒーが出ることも。「もうやめて~!」の叫びが喉まで出かかるのをグッと堪えて、ひと口。ますます体温は下がるばかり。なら、飲まなきゃ良い?そういう訳にもいかない場面ってあるじゃないですか。誰か、助けて……。

03.
お洒落な夏服に
気づいてもらえない

shutterstock_258861776_2たとえあなたが自由な職場環境で、好きな服を着ることができたとしても、誰にもそのお洒落姿を見せることができない。なんてことも。なぜって、冷えきった体を温めるために上からカーディガンやパーカーを羽織ることを余儀なくされているから。

フリンジの付いたチュニックや花柄のワンピースを見せたいのに、薄手のレザージャケットやスカーフを首に巻いていたり。女性なら、私が言っていること分かりますよね?

04.
ヤバ…っ、
乳首のカタチがあらわに

パッド入りのブラを着けていなければ、寒さで乳首が硬くなっちゃった経験、ありますよね。シャツの上からでもポッチがくっきり。もう最悪。男性には分からない(もしかしたらバレてる!?)、これも女性の密かな悩みのひとつ。

05.
かじかんだ指では
タイピングもつらい〜

shutterstock_199200095_2肩が上がっちゃうほどの寒さになると、徐々に指が硬直して冷たくなってきますよね。もしも、一日8時間デスクの前でパソコンを使って仕事をしなければならない場合、ちゃんと文字を入力することだって至難の業。

06.
夏の間、ずっと風邪なんて
引くワケないでしょ!

あなたがオフィス内で寒い思いをしてカーディガンやストールをぐるぐる巻きにしているのを見て、男性たちはこう聞いてきたりします。「どうしたの、夏風邪?」。

確かに気温は30℃、汗をかきながら怪訝そうな男性社員の姿を想像してみて。彼らは理解していないんです、きっと。もしかして、胸の谷間が見れないことの方が心配だったり?

07.
サマーニットばかり
何着も「大人買い」したくない

shutterstock_363861974_2

冷房シーズンに突入すると、オシャレ女子の悩みの種はセーターを乱用できないこと。冬用やカシミヤの上品なものを持ち出すこともできず、薄手のサマーニットにするんだけど、いくらオフィス専用とはいえ、安物ばかりはちょっと…。結局、サマーニットばかりが増えるはめに。

08.
髪を結んだり、
上げたりも大変なんです

オフィスの天井に設置された通気孔を通して、強力な冷気がしんしんと頭から降ってくる。多分、頭皮が脂でテカテカな男性はこれが清々しいんでしょうね。でも、もし私たちが髪を結ぼうものなら、まるでゾンビの冷たい息のように、エアコンがあなたの首筋をゾクッとさせるはず。

夏の暑い時期でも、髪を下ろしていなければいけないのは、そういう理由からだって分かる?

09.
乾燥肌でエイジングに拍車が…

shutterstock_271800461_2あまりにも寒いと肌の水分もどこかへ行ってしまいます。繊細な女性の肌が、つねに流れてくる冷気によってどんどんエイジングが進むなんて許せない!

デスクには大型ハンドローションを常備。それも瞬く間になくなってしまうのは、同僚の女の子たちがときに救いを求めてやって来るから。

10.
トラウマものの寒さ
ジャンプスーツにご用心

みんなにどうしているか聞きたいのが、ジャンプスーツやオールインワン。トイレにいく度に上からガバッと降ろす必要があります。上下一体となっているから、ただズボンだけ下ろせばいいってものでもありません。

トイレに座っている間、ほとんど裸同然の格好で、エアコンの風に震えながらトリハダを立てる。これはもう、トラウマもの。


「ニューヨーク・タイムズ」に掲載された、『男性にとって冷房が効いた会社は楽園だ』という内容の記事を紹介するEngle氏。曰く、アメリカではほとんどのオフィスビルの室温が、男性の代謝率から算出されたもので、それも数十年前のデータのままだとか。

かたや日本、近年は節電アクションとして室温を高めに設定するなど、企業努力が進み、「寒すぎ」の感覚は薄れてきているのでは?それでも、ひとたび街へ出ればキンキンに冷えたビールみたいな、底冷えするショップも少なくありませんよね。

女性のお洒落を阻む冷房の寒さ。Engle氏の主張に共感するシーズンは、もうそこまで来ています。

Licensed material used with permission by Elite Daily

自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
「何が不満なのか分からない」、「どこまで指導していいのか迷ってしまう」……。企業における女性社員の現場で、女性部下の「取り扱い」について頭を抱えている男性...
夏もいよいよ本格化。全国的に猛暑日が続くなど、体調管理には細心の注意を払いたいところです。さて、そんな暑い夏なのに、あなたの職場には異様な光景が広がってい...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
あなたの恋人は、腕枕をしてくれますか?どんなに嘘が上手な男性も、ベッドの上では本性が出てしまうもの。つまり、彼にとってあなたが本命かそうでないかを見極める...
「何を考えているのかわからないし、何も話してくれない…」女性からはそんな風に思われてしまいがちな男性陣ですが、じつはいろんなことを考えているんです。ただ、...
5人の女性が登場し、見知らぬ誰かがうけた性暴力の体験談を語る動画。目的は、誰かの辛い過去について触れるだけではなく、被害者は男性の場合もあり、身近に存在す...
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
少し涼しくなってきたけど、なんだか体がだるい、まだ冷房に依存している、なんて人も多いはず。でも、エアコンの使いすぎは考えものです。アメリカの人気メディア「...
ポルトガルのある研究によれば、女性の背中の反りが大きいほど、男性は魅力的に感じるそうです。つまり、猫背を改善できれば、男性からの好感度も上がるのでは?
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、社内における男性上司との人間関係の築き方。男心を研究し、試行錯誤を繰り返して発見した3つ...
男の人には決してみせない女性の本当の姿があえて描かれているイラスト。女性だったら思わず共感してしまう要素がたくさん。ただ、男性はあまりショックを受けないで...
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントとして活躍する清家三佳子さん共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)...
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。職場でテキパキと仕事をこなしていたり、メールやLINEの返事がシンプルだったり、合コンでも媚びていなか...
女性が男性に色気を感じる瞬間は、必ずしも“夜の営み”の最中というわけではない。そんな記事を書いているのは、「Elite Daily」のライターAlexa ...
恋愛において、男性は比較的脈あり女性に対して、素直に感情が表に出るタイプが多いです。デートに誘う約束をする、電話をかけるなどのアクションに出たり、別れ際を...
J.T. O’Donnell氏がまとめているのは、女性社員がイライラしてしまう男性の特徴。とはいえコレ、きっと男性社員から見ても同意見なはずです。記事の最...
男性のみなさん、気になる女性と2人きりで初めて食事に行ったとき、お会計はどうしていますか?全部自分で払うのが当然、と思っている人が多いかもしれません。でも...
気になる彼女と距離を縮めたいけれど、どうしたらいいか分からないという男性のみなさん。まずは相手の血液型を聞くところから始めてみませんか?ここでは、日本人の...