上昇志向の強い女性が、男性に求める18のこと。

自分を第一に考える「上昇思考の強い女性」たち。今アメリカでは「アルファ女子」なんて言い方もしますが、そんな彼女たちは、自分をリスペクトしてくれない男はお断り。では、この手の女性にはどうやって敬意を示せばいいのでしょうか?

アドバイスをくれるのは「Elite Daily」の毒舌ライターGigi Engleさん。彼女がまとめた「上昇志向の女性が求める18のこと」を読むと、意外に人と接する上で当たり前のことばかりでした。これを機に、初心にかえってみては?

01.
笑いのポイントが同じ。

相手を傷つけるような「イヤな言葉」を吐かないこと。でもそれが冗談ならOK。そのためにも、お互いのことを知り尽くして、どこまでが冗談として通じるのか把握しておきましょう。

ちょっとくらいの皮肉なら、一緒に笑っちゃう。あんまりしつこいとうんざりするけどね。

02.
一緒にいると頑張れる。

彼女と同じくらい強い個性を持っているのに、どちらかというと静かめ。そういう男性って、彼女がベストを目指せるようにサポートしてくれるタイプなの。

そんな彼との人生は、きっとサプライズの連続で刺激たっぷり。

03.
嫉妬深くない。

彼女は、パーティでも他の男性と仲良くしたり、仲のいい同僚と楽しそうに話したりするかもしれない。

でも、そこに何の意味もないってことを理解してあげて。彼女は、あなただけのもの。信頼してあげることが大切よ。

04.
お互いの時間を大切にできる。

彼女に人生があるように、あなたにはあなたの人生がある。だから、「それでいい」って理解してあげるべきよ。

女友だちとクラブに行っても不機嫌にならないで。最終的にはあなたのもとへ帰ってくるんだから。

05.
余計なことを言わない。

信頼関係があって、お互いになんでも話せるふたり。だからといって、家族や友だちがいる前で彼女の恥ずかしいエピソードをうっかり話したら最低よ。

あなたにしか話せないような内緒のエピソードは「秘密厳守」に決まってるでしょ。

06.
気持ちを察してあげる。

とにかく居心地がよくて安心できる男性がいいわ。ちょっと不機嫌になっても、うまくなだめるてくれるようなね。

その機嫌の悪さはイライラ?疲れ?ただの情緒不安定?

それさえわかれば、そっとしておいてあげるべきなのか、優しくハグするべきなのか。答えがわかるはず。

07.
反省は心の底から。

自分の間違いに気づいたら、ちゃんと非を認めてほしい。そして、誠意をもって謝るの。

絶対に逆ギレなんかしてはいけない。彼女を傷つけないように「男の子」じゃなく「紳士」として接するの。謝るべきときは、素直にならないとね。

08.
同じスピード感を大切に。

仕事だったり、ふわっとした人生の目標だったり。なんだか同じようなペースで人生を進んでるなって思える人がいいわ。

そのためには自分がどうしたいのか明確で、彼女の意見を尊重してあげることが大事なの。無理に従わせたり、すぐ否定したりしないで。明るい未来に向かって、ひとつずつ目標をクリアしていけばいいだけよ。

09.
見下したり、自分を棚にあげない。

優しいけど、尻に敷かれるわけじゃない。必要以上に褒めないけど、見下すこともない。彼女が「できる女性」だとわかっていたら、甘やかさないはず。

それに男性からのご褒美は、いつくれるかわからないほうが楽しめるわ。あくまでもパートナーなんだから、何かを提供してくれるだけの人とは違う。「一緒にいたい」と「必要だから」は大きく違うってことね。

10.
知らないことを教えてくれる。

お互いから吸収して、高め合える関係が一番。だから、男性には物知りであることを求めるの。あなたが興味のあることは、たくさん語ってあげるべき。

ただ気をつけてほしいのは、彼女がそれについて何も知らなかった場合。バカにされたら相当イラつくわ。知識を共有して、世界に貢献できるような素晴らしい人間になりましょう。

11.
会話が飽きないこと。

笑わせてくれない男性なんて、すぐに飽きるわ。だって、笑いのツボが一緒じゃないと、会話が弾まないから。

12.
気になることは意見してもいい。

女性ってたまにヒステリックになるでしょ?だから、頭に血が上っておかしな行動をとっていたら、黙ってないで素直に思ってることを言ってあげて。

とても大事な存在であることに変わりはないけど、理不尽な態度に耐えることなんてないわ。

13.
自由にしてあげる。

主導権を握らせてくれて、必要なときはサポートしてくれる器の大きい男性がパートナーだったら最高だわ。

これって相手に染まってるように感じるかもしれないけど、そうじゃない。居場所になってあげられてるってことなの。彼女が誰からも好かれるような人気者なら、それすら誇りに思ってあげるべきよ。

14.
どんな彼女も好きでいる。

社交的でアグレッシブな彼女なら、パーティでの立ち振る舞いもかなり派手なはず。そんな姿に怯えることなく、むしろ愛おしいと思ってあげて。

あと、飲み過ぎてたらストップしてあげるのも好印象よ。いつだって女性は心配してほしいものだから。

15.
合理的な考え方を持つこと。

世の中で起きている、あらゆることに目を向けてほしい。世界を知ることは、あなたにとってもプラスになること。偏見を持たずに意思を主張できる男性なら、彼女たちだって信頼してくれるはず。

16.
引くべきタイミングが判断できる。

自分が正しいと思えば、誠意を持ってそう主張すればいいわ。でも、彼女も意思が強いから、意見がぶつかってばかりになってしまうかも…。

ケンカを終わらせるために、ときには手を引いてあげる優しさもないとね。

17.
大きな夢を描く。

仕事に対する熱い姿勢が同じなら、お互い応援し合えるはず。自分にも情熱があったら、夢を追う相手のことを傍観なんてできないでしょ?

18.
聞き上手なのに芯がある。

会話には、話すべきときと、聞くべきときがあるの。そのタイミングを心得ていたら、あなたは完璧よ。彼女の話にはしっかり耳を傾けてあげて。そうすればきっと、あなたの話もちゃんと聞いてくれる。

Licensed material used with permission by Elite Daily
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...
上昇志向を持つことは、一般的に成功をもたらす可能性が高いので非常に大切なことです。上昇志向の強い人に共通する7つの特徴をご紹介します。ここにあげた特徴を理...
女性が【共感脳】で、男性が【目的脳】だから。そもそも脳のつくりからして違うのが理由だ、ということは、すでに知っている人も多いでしょう。でも、それだけではな...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
わるくない見た目と性格なはずなのに、なぜか女性にモテない。これまで恋人がいた経験がないのには何かしら理由があるはず。今は彼女ができない時期なだけだと思って...
自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
「何が不満なのか分からない」、「どこまで指導していいのか迷ってしまう」……。企業における女性社員の現場で、女性部下の「取り扱い」について頭を抱えている男性...
5人の女性が登場し、見知らぬ誰かがうけた性暴力の体験談を語る動画。目的は、誰かの辛い過去について触れるだけではなく、被害者は男性の場合もあり、身近に存在す...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
これからの時代は、男女問わず「中身重視」。そうやってパートナーを選べば、きっと関係が長続きすると提唱してくれたのは「Elite Daily」の人気男性ライ...
ショーウィンドウに映る自分を見て、髪を整える男性。見た目ばかり気にしていても、意外と女性はそこまで見た目にこだわっていないかも。「Elite Daily」...
The Journal of Sex Researchの研究によれば、女性のオーガズムにこだわるのは「満足させたいから」というのは表面的な理由であって、「...
こんな理想的な男性に巡り合えたら、確かに手放したくない。歳をとってもずっと愛情を持って、あなたのことを大切にしてくれる男性の特徴をまとめました。
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。職場でテキパキと仕事をこなしていたり、メールやLINEの返事がシンプルだったり、合コンでも媚びていなか...
たくましい体躯だけが男性の魅力ではないけれど、やっぱりスタイルはいいに越したことはない。ところが男性の理想の体型って、この150年間を比較してみると、こん...
「運命の相手」なんて本当にいるものなのでしょうか。映画やドラマに登場するような人が現実にもきっと存在するんじゃないか…誰もが一度は想像したことがあるでしょ...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
あなたの恋人は、腕枕をしてくれますか?どんなに嘘が上手な男性も、ベッドの上では本性が出てしまうもの。つまり、彼にとってあなたが本命かそうでないかを見極める...
見た目には気を使って、可愛い服を着たりメイクをがんばったりしてるのに、なぜか彼氏ができない「モテないさん」、意外と多いようです。友達は多いのに、なぜか恋愛...
リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントの清家三佳子さんによる共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)をご紹...