いざ恋愛の土俵へ!奥手な男性を「受け入れて」モテるための極意5つ

じつは、男性に愛される女の子になるのは、すごく簡単なことなのかもしれません。

まずは相手のニーズに合わせて、自分を変えてみる。最初は愛してもらえる存在になればいいだけのことなのです。ほとんどの男性に共通して言えることは「男性は意外と臆病」だということ。

天才恋愛コラムニストこと、桐谷ヨウさん著の『仕事ができて、小金もある。でも、恋愛だけは土俵にすら上がれてないんだ、私は。』から、そんな臆病な男性たちを「受け入れてモテる極意」を学んでみましょう。

01.
安心感を与える
「ほど良い」ファッション

036259bc69e28cdaa1a69e39e67f0fa8916cf74f

ほとんどの男性は女の子のファッションについて詳しくありません。服装よりも身体のパーツ。むしろ露出度の高い女性に欲情して、相手もその気だと錯覚するようなバカな性別です。

つまり、「男はさほど見ていない」のです。

とはいえ、見た目を気にしないのは論外。「オシャレしてもしょうがない」ではなく、「いかに自分の素材を惹き立たせることができるか」というマインドにシフトしましょう。

経験値の低い男性は、「キメすぎなファッション」に威圧感を感じ、裏目に出やすいので気をつけて。

02.
愛嬌を身につけて
「脱ブス」する

自分がいかに可愛く写真に写るか、マイフェイバリットな角度を熟知したセルフィ上手な女性はたくさんいます。

ただ、他人に見せる顔というのは「静止画」でなく「動画」です。

顔の造作に恵まれていないのに「カワイイ」と言われる女の子は、例外なく「表情豊かな愛嬌のある女の子」。愛されキャラは、カロリーのムダ使いとも言えるオーバーアクションをしていることが多いのです。

一般的なコミュニケーションで考えても、反応が返ってくるほうがいっしょにいて楽しい。照れて感情を出さないのをやめれば、相手も手応えを感じて、次のステップに進めようと思うでしょう。

03.
古典的モテテク
「ボディタッチ」も有効

476d85435c3668dc294a732edfc9427eab6d1797

憐れにも男性は、「触れたら気がある」と勘違いする悪魔のプログラムが遺伝子にインストールされています。そして、基本的に女性から距離を詰められて嫌がる男性はいません。

つまり、「ボディタッチ」は間違いなく有効だと断言できます。

「あざとさが出てしまうのでは?」と懸念する人は、当たり前のように肩や二の腕に触れるなどといった、友達ノリの気軽さで距離を詰めれば大丈夫。

ディープなおさわり1回よりも、軽いおさわりを何度も繰り返すほうが効果的なので、「俺のこと好きなのかな?」とモヤモヤさせる程度に触れましょう。

04.
男性に愛される
「ノリのいい女の子」

男性は「ノリのいい女の子」が大好物。相手に「楽しんでくれてる?」と確認する不安もなくなるので、次のステップにも行きやすいのです。

つまり、「飲み会は男があっためるべき」という考えは、間違いなくブスな発想。

「女性は何もしなくていい」「女性は与えられるだけの存在でいい」というのは違うのです。合コンでも一緒にその場を楽しくして「エンターテイメントの共犯者」になることで、男性も萎縮せずに自分の魅力を披露できるはず。

一方的にサービスを受け取るのではなく、自分も与える側にまわりましょう。

05.
「聞き上手」の
スキルを上げる

E290f17deabc0df6c0af3ec02bd5e3341f956e34

人はみんな、自分の話を聞いてほしい存在。

だから、恋愛の初期段階では気持ちよく喋らせたほうが勝ちなんです。

男性をのせる相槌として「さすが・知らなかった・すごい・センスある・そうなんだ」というゴミクズのようなフォーマットがありますが、あえて徹底してやってみましょう。手に取ったように男性が転がされる様子がわかります。

ローカロリー・ハイリターンの「オウム返し」も聞き上手初心者にはオススメ。慣れてきたら話の要点を自分なりに置き換えて返し、さらに「そのとき、どう思ったの?」と相手の感情を掘り起こすことができれば、上級者と言えるでしょう。

「いい男がいない」「私なんて」と、すっかり恋愛のスタートラインから遠のいてしまった女性たち。「まずは土俵に上がらなければ、なにも始まらない」とわかっていて...
見た目には気を使って、可愛い服を着たりメイクをがんばったりしてるのに、なぜか彼氏ができない「モテないさん」、意外と多いようです。友達は多いのに、なぜか恋愛...
わるくない見た目と性格なはずなのに、なぜか女性にモテない。これまで恋人がいた経験がないのには何かしら理由があるはず。今は彼女ができない時期なだけだと思って...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
あなたの彼氏は、モテるタイプではないけれど、密かに会社や学校で「いいよね~あの人」なんて、噂される男性かもしれませんよ。誰からも愛される「愛され男子」がい...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
携帯電話やITの普及により、メールのやりとりやメッセージアプリでのやりとりをダレでも当たり前のように行うようになりました。それに伴って恋愛において、メール...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
とび抜けて美人ではなくても、なぜかモテる小悪魔女子。モテる男性と付き合うのは、すごい美人とは限らず、小悪魔的な魅力にあふれる女性の方が多いかもしれません。...
「草食系男子」の進化系?「奥手男子」という言葉が使われるようになってきました。そんな男性を相手に恋愛まで発展するとなると女性側は一苦労ではないでしょうか。...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
男性をきゅんとさせるポイントは、あなたのどこに隠れているのか。それを見つけるだけでも、大きな進歩になるはず。「Elite Daily」の記事をもとに、恋愛...
元彼のことは吹っ切れていますか?相手に合わせてばかりいませんか?
恋愛には、いくつもの地雷があります。良かれと思ってやったことが裏目に出たり、ほんのジョークのつもりで言った言葉が取り返しのつかない事態を巻き起こしたり。で...
彼氏/彼女がいる人にぜひチェックして欲しい恋愛診断の記事が「Higher Perspective」に掲載されていました。5つのシンプルな項目で、彼との恋愛...