彼氏が欲しいのに「恋愛の土俵」にすら上がれない5つのワケ

「いい男がいない」「私なんて」と、すっかり恋愛のスタートラインから遠のいてしまった女性たち。

「まずは土俵に上がらなければ、なにも始まらない」とわかっていても、なぜ動き出せないのでしょうか?

天才恋愛コラムニストこと、桐谷ヨウさんの著書『仕事ができて、小金もある。でも、恋愛だけは土俵にすら上がれてないんだ、私は。』から、恋愛したいのにできない女性の特徴をまとめてみました。本気で自分を変えるきっかけになるかも?

01.
男性を敵視してる

「自信が持てない」「カワイイを素直に受け入れられない」「いわゆるこじらせ女子だから」と、自分の魅力を出せずにいるのがこのタイプ。

ここで言っておきたいのが「男性は敵じゃない」ということ。

彼らだって常に出会いを求めているし、2人で食事すれば淡い期待を持っています。

不安な気持ちはわかるけど、ツンツンして敵意を見せるのは論外。「引け目」が邪魔して、距離をつくるのはもったいない!

02.
口癖は
「だって出会いがない」

社会人になるとよく耳にする、恋愛下手のこの口癖。しかし、出会いは「あるところにはある」ものです。

つまり「出会いがない」はただの怠慢。

学生時代は「与えられた出会い」のなかで恋愛できたけど、社会人になったら「自分から創っていく出会い」に意識を向けないと、充分な機会は生まれません。

「どこかに、いい出会いはないかな?」なんていうのはヌルい考えだと自覚して、積極的にコミュニティへ参加しましょう。

03.
断られるのが怖い!

女性は、メールやLINEのやり取りを楽しむ傾向があります。

しかし、好感度をあげようと、ウダウダLINEするのはほぼ無意味。

男性は、要件のないやり取りを苦手とする人が圧倒的に多いので、下手をすると「面倒なタスクが増えた」と思われることも…。

「今、仕事が忙しい」や「また機会があれば」と脈のなさそうな返信がきたとしても、日記のように長々と続けるよりは100倍マシです。

メールやLINEは「2人きりで会うアポ」だけを目的に使いましょう。

04.
食わず嫌いをしている

すべての根本は「まず相手に興味を持つこと」。恋愛下手は、この心構えができていないケースがほとんどです。

つまり、モテない女の子は選り好みをしがち、です。

貧弱な経験値による選定に、たいした価値はございません。好みがあるのは普通だけど、「これがムリ、あれがムリ!」とすぐに“キモいシャッター”を下ろして心を閉ざすのはやめましょう。

相手を切り捨てる前に、自分のキャパシティを広げてみてはどうでしょう?そのために教養を身につけて、相手との接点を見つけやすくするのもいいかも。

05.
モテるための
努力を本気でしていない

「自分にないスキル」を向上させるためには、時間を費やすしか道はないと思います。

本当に変わりたいなら、すべての時間をモテに費やすべきなのです!

たとえば、すべてのシーンをモテ要素の練習にできないか、フィルターを通してみましょう。あんまり好きじゃない上司を気持ち良い気分にさせるには?今日のお天気お姉さんの服装のかわいさはどこ?

モテたいと思って未だに結果が出てない人は、ここまでやってみたでしょうか?こんな風に四六時中「モテ」について考えて行動すれば、かならず成長できるはずです。

じつは、男性に愛される女の子になるのは、すごく簡単なことなのかもしれません。まずは相手のニーズに合わせて、自分を変えてみる。最初は愛してもらえる存在になれ...
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
手作りパイと自家焙煎のコーヒーが魅力ウッドデッキに囲まれた原宿のパイ専門店THE DECK COFFEE & PIE〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
元彼のことは吹っ切れていますか?相手に合わせてばかりいませんか?
彼氏/彼女がいる人にぜひチェックして欲しい恋愛診断の記事が「Higher Perspective」に掲載されていました。5つのシンプルな項目で、彼との恋愛...
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
「愛が薄れてしまったから」、「より理想と思えるパートナーに出会ってしまったから」。一度はうまくいっていた恋愛が幕を閉じる理由はいろいろあるでしょう。ところ...
見た目には気を使って、可愛い服を着たりメイクをがんばったりしてるのに、なぜか彼氏ができない「モテないさん」、意外と多いようです。友達は多いのに、なぜか恋愛...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
男性をきゅんとさせるポイントは、あなたのどこに隠れているのか。それを見つけるだけでも、大きな進歩になるはず。「Elite Daily」の記事をもとに、恋愛...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
パートナーとの関係を深めるのが怖いという思いは、往々にして辛い過去に結びついているケースが多いという。「本気で人を好きになって傷つくのが怖い」そうして逃げ...
近年では「文系男子」「理系男子」それぞれへの恋愛攻略法をまとめた書籍が多くでています。それだけ、文系か理系かで恋愛傾向が違っているからでしょう。今回は文系...
「パートナーのため」と思ってしていることが、じつは想像以上にあなたの首を締めてしまっているかも…?だって「犠牲」と「妥協」のちがいは、恋愛にどっぷりハマっ...