女性社員がイライラする「4タイプの男性」とその対処法

J.T. O’Donnell氏がまとめているのは、女性社員がイライラしてしまう男性の特徴。とはいえコレ、きっと男性社員から見ても同意見なはずです。

記事の最後には、彼らへの正しい対処法も。その理由が正論すぎて、思わずハッとしてしまうかもしれませんよ。

01.
親切ではなく、
ただ“弱い”だけ!

F

彼らは、マネージャーなどの役職に就いていることが多く、誰からも好感を持ってもらえるよう必死。難しい会話を避け、物事を対立させないようにする傾向があります。

そんな彼らの優しさを、周囲はうまく利用するもの。誰も尊敬などしていません。ただし、彼らはみんなが自分を慕っていると勘違いしています。

02.
“男性らしさ”をアピールする
ナルシスト

00054147784_Large

話しているのは、スポーツのことや友人たちとの楽しいパーティーについて。気取った笑みを浮かべて歩き、「自分はオシャレで魅力的。みんながカッコイイと思っているはず」なんてことを考えていそう…。そんな男らしさの主張が激しい人は、女性をイライラさせるようです。

03.
神経質で理屈っぽい
女性を過度に敵視

Depressed Young Man Talking To Counsellor

何かを言われればその人を言い負かそうとする。彼らの人生の目的は、自分がもっとも優秀であることの確認なのです。特に、女性の同僚に対しては敵意を剥き出しにするでしょう。

04.
まるで娘のよう…
自分より“格下”に見る

0000976454_Medium

年上の男性によくみられることですが、女性社員を自分の娘のように扱う人がいます。横柄なことや、心のこもっていないお世辞を言い、女性社員が素晴らしい功績を残したときは、大げさに驚いてみせたりも。

これらの4パターンの男性社員は、女性にとって非常にイライラするもの。そこで、こんな疑問が生じます。

“成功した女性たち”は
どう対応しているもの?

私は何人かに話を聞きました。すると、ほとんどの人が彼らに対して同じ対処法をしていることがわかったのです。

「男性社員が自分に近づいてくるのを許してしまうと、自分のキャリアにネガティブな影響を与えるわ。なぜって?自分だけが苦しむ結果になるから。彼らにイライラすることはあるけど、セクハラや差別などルールを破っていない限り、攻撃的になるのは理にかなわないの」

000006887657_Medium

男性社員から見ても、こうした同僚にイライラすることはあるでしょう。彼らに立ち向かい不満をぶつける代わりに、彼女たちは仕事として割り切り、冷静に対応すると言います。さらに、もし彼らが自分のキャリアの目標を達成するうえで役立つ存在だとしたら、怒りを抑え、プロとして仕事での関係を発展させるとも。

一方、キャリアにおいて何の価値もないと感じたとしても、仕事上の関係はしっかりと維持しようとするのだとか。それはなぜでしょう?彼女たちは、世間が狭いことを理解しており、プロとしてのつながりを壊してはいけないと考えているから。要するに、どんなにイライラしても、“いつ彼らが必要になるか”分からないのです。

これは、性別に関係なくどちらにとっても論理的なアドバイスに思えますね。

Licensed material used with permission by J.T. O'Donnell
A website where you can research recruiters who are hiring for jobs.
A platform where career coaches help you with your job search.

会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、社内における男性上司との人間関係の築き方。男心を研究し、試行錯誤を繰り返して発見した3つ...
「何が不満なのか分からない」、「どこまで指導していいのか迷ってしまう」……。企業における女性社員の現場で、女性部下の「取り扱い」について頭を抱えている男性...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
なぜか最近彼女にイライラしてしまう。一緒にいても楽しめない…という時期はどのカップルにもあることだと思いますが、原因が一体何なのか探ることでよりよい関係が...
上司からの侮辱、同僚からのプレッシャー。これらが過度になると「有害な職場環境」が生まれます。ライターMarcel Shwantesの記事を読むと、どれだけ...
リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントの清家三佳子さんによる共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)をご紹...
あなたは今、どんな会社で働いていますか。価値観が多様化している現代では、人の数だけ性格があるのと同じように、会社の数だけカルチャーがあります。会社も社員も...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、女性の先輩との人間関係の築き方。先輩を観察しながら試行錯誤を繰り返して発見した3つのポイ...
「何を考えているのかわからないし、何も話してくれない…」女性からはそんな風に思われてしまいがちな男性陣ですが、じつはいろんなことを考えているんです。ただ、...
リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントとして活躍する清家三佳子さん共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)...
Scottさんはメイクが大好き。以前から化粧をして職場へ行っていたのですが、新しくきた上司に理解されずショックを受けます。化粧を落とせという要求に従わず、...
5人の女性が登場し、見知らぬ誰かがうけた性暴力の体験談を語る動画。目的は、誰かの辛い過去について触れるだけではなく、被害者は男性の場合もあり、身近に存在す...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
いよいよ汗ばむシーズン到来。ショップや飲食店では、早くもエアコンの出番が。では、あなたのオフィスはどうですか?女性ライターGigi Engle氏は、夏にな...
アメリカ社会で、いま危険視されている「Toxic Worker」を知っていますか?直訳すれば“毒性のある社員”、つまりは同僚に悪影響を与える社員のこと。彼...
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...
会社に縛られながら、苦しんで仕事をする。そんな時代はもう過去のことです。時代の変化とともに、先進的な取り組みをする企業も増えてきました。自分らしくハッピー...
これはビジネスに関するコンテンツを多く紹介している「Entrepreneur」にて、起業家のPeter Daisyme氏が記した記事。上司という立場にいる...
毎日同じ時間の通勤電車に揺られ、同じオフィスで、パソコンに向かって仕事をする。私たちの日常として染みついている流れかもしれません。しかし、価値観が多様化し...