オックスフォード大学、難民25人をガイドとして雇用

オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民をツアーガイドとして雇っています。

その多くはシリア出身。彼らに自国の文化を語ってもらう方が、お客さんはたくさんの情報を得られるだろうという考えがあるとのこと。確かにメディアによる知識よりもずっとリアリティがありますよね。

ビザなどの関係で彼らはボランティアとして協力しているようですが、イギリス社会に馴染めるようにトレーニングも受けているそう。

世界の中でも秀でた教育で有名なオックスフォード大学らしい、素敵な取り組みです。

Top image: © iStock.com/lightshows
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
女優業のかたわら、米アイビーリーグの名門校ブラウン大学を2014年5月に卒業したイギリス人女優エマ・ワトソン。彼女が英オックスフォード大学のカレッジのひと...
ハロウィンイベント「Hogwarts After Dark(ホグワーツ アフター )」が映画『ハリー・ポッター』シリーズのロケ地としても使用されたオックス...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫ります。
にわかには信じがたい事実が、英国オックスフォード大学と豪州クイーンズランド大学の共同研究によって明らかになりました。え…、魚が人の顔を覚えているって?「E...
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。