まるで絵画!オーストラリアの塩田「ブルーソルトフィールド」が、神秘的すぎる

淡いブルーで描かれた美しい抽象画…と思いきや、実はこれ上空から塩田を捉えた風景写真。撮影したのは、スコットランドの風景写真家Simon Butterworth氏。2015年、「The Sony World Photography Awards」の風景部門にも選ばれた話題作だ。

85singo_85singo_Blue-Fields-No-1-__880

85singo_85singo_Blue-Fields-No-4-1__880

85singo_85singo_Blue-Fields-No-6-1__880

85singo_85singo_Blue-Fields-No-3-1__880

85singo_85singo_Blue-Fields-No-2-1__880

85singo_85singo_Blue-Fields-No-7-1__880

85singo_85singo_Blue-Fields-No-8-1__880

85singo_85singo_Blue-Fields-No-51__880

撮影された場所は、オーストラリア西部にある、シャークベイやフランソワ・ペロン国立公園でも知られている観光エリアの近く。Google Mapsで現地「Useless Loop Road Denham」を見ると、実際にブルーに染まった塩田を見ることができる。

塩田では、海水を一箇所に集めて水分を蒸発させる。しかし、一体なぜ、こんな色になるのだろうか?

85singo_85singo_Blue-Fields-No-9-1__880

このブルーは、地面に含まれている炭酸カリウムの色なのだそう。地面から海水へと溶けていき、太陽光で水分が蒸発していくことで塩や炭酸カリウムが結晶化されていく。そのため、塩田全体が青い色に染まっていくのだとか。青くなればなるほど太陽光の吸収も早くなり、脱水のスピードも上がるそうだ。

ちなみに、世界にはこれと同じように様々な色の塩田が存在している。ニュージーランドにはピンク、アメリカにはエメラルドグリーンなどなど。その他、ユタ州のモアブ砂漠はカラフルな塩田を見ることができる。

現実に存在するとは思えないような風景写真の数々には驚きだ。彼のWEBサイトには、その他にも様々な作品が掲載されている。

Licensed material used with permission by Simon Butterworth

写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。オーストラリアのセブンは、つい日常使いしたくなるハイカロリーな食べ物や飲...
絵画のような一枚一枚に、ミステリアスを感じざるを得ない。
通訳付きのため、英語が苦手で海外のオンラインサービスをこれまで利用できなかった人でも安心して受講できるオンラインヨガイベントが、8月8日~16日に開催され...
オーストラリアのファストフード店「Oliver's Real Food」のサイドメニューは、蒸したサヤインゲンや枝豆、トウモロコシなど健康的なものばかり。...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
西オーストラリアにある「レイク・ヒリアー」やセネガル共和国ダカール州にある「ラック・ローズ」と同じように、ローズ・ピンクに色めく湖がメキシコにあります。こ...
先月28日、「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」が深い海底地層から採取した約1億年前の微生物が復活したとの論文を、英科学誌『ネイチャー・コミュニケーショ...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
海の写真というと水上か水中のどちらかというイメージがありますが、オーストラリアのフォトグラファーMatty Smith氏が捉えたのはそのちょうど真ん中!2...
本場アメリカだけでなく日本でも人気のブルーボトルコーヒー。11月12日から、彼らがホリデーギフトコレクションとして売り出す「ラッピング バッグ」の紹介です。
南米ぺルーのクスコから約1時間半の場所にあるマラス。ここは「マラスの塩田」で知られる。気の遠くなるほどの時間をかけて生まれた姿は、絶景そのもの。年間で、1...
オーストラリアのニューサウスウェールズ州は、州内の500を超える学校を対象に朝食を提供するサービスの開始を決定。オーストラリア最大のフードバンクと提携し、...
7月28日、「Tripadvisor」が18度目の「トラベラーズチョイスアワード」を発表。これは世界中のユーザーから投稿される口コミをもとに集計されており...
大和言葉をご存知でしょうか?この記事では大和言葉の意味や今注目を集める理由について紹介していく。
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州は、換金されなかった宝くじの賞金を使って、ジャッキー・チェン主演のアクション映画『ポリス・ストーリー / REBO...
2018年度決算では通期売上高281億円、営業利益136億円──。今もっとも勢いのある企業のひとつである「株式会社アカツキ」のCEO塩田元規氏にインタビュー。
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の交通大臣が、電車に乗る際に、切符や交通系ICカードの代わりに顔認証システムを使うことを検討している。