256歳まで生きた「李青曇」の記録と、そこに書かれていた500歳の老人の存在

これまでの歴史の中で確証のある最高齢の人物として知られているのは、122年と164日間を生きたフランス人女性、ジャンヌ=ルイーズ・カルマンさんだ。

しかし、そんな常識の範囲をはるかに超える人物が存在していた可能性がある。「Spirit Science and Metaphysics」に紹介されていた中国の男性は、文献上256年もの年月を生きた。一体どういうことなのだろうか。

Li_chingYuenReference:WIKIMEDIA COMMONS


※Written by Steven Bancarz

「李青曇」の200歳を祝う
祝辞の記録

1930年のニューヨーク・タイムズの記事によれば、中国の成都大学教授Wu Chung-chieh教授が発見した文献の中に、1827年に「李青曇」が150歳の誕生日を祝ったとの記述があったそうだ。さらに、1877年には200歳の誕生日を祝っていることが記載されているという。
当時の政府が発行した記録という点が、実在した可能性を感じさせる。

該当地域の人々からは
「実際に会った」との発言も

それだけではない。文献以外での調査でもいくつか不思議な点が見つかっているそうだ。1928年にニューヨーク・タイムズの記者が行った調査では、「李青曇」がいた地域の老人たちの多くが、祖父母から彼と会ったことがあると話を聞いているようだ。

この地域では確かに知られている人物であることから、架空のうわさ話とも言えない要素が確かにあるように思える。

漢方医として暮らし
多くの人々に愛された人生

85singo_shutterstock_220777570

彼は10歳から漢方医としてのキャリアをスタートしている。山で薬草を集め、長寿への効能を学んだ。40年間、霊芝やゴジベリー、野生の高麗人蔘やフォーチ、ゴツコラ、といった薬膳と米酒を飲んで生活を送っていたとされている。

1749年、彼は71歳にして格闘技の講師として軍隊へと入隊。当時のコミュニティの人々からはとても愛されていたようだ。驚くことに、23回もの結婚を経験し、200人の子どもを授かったと記録が残っている。

旅を愛する自由人だった?

読み書きについては子どもなみだったと言われているが、10歳で甘粛省、山西省、チベット、ハノイ、シェム、満州を旅するなど、自由な暮らしを送っていたようだ。最初の100年を超えると、誰かに集めさせた薬草を売って生計を立てるようになったといわれている。

そんな彼が晩年に自分の人生について語った発言にも注目だ。

この世界でやるべきことは全てやった

256年という長い人生をこの言葉で締めくくるということが何を意味するのだろうか。当然、今の私たちには想像できるはずもない。ちなみに、長寿の秘訣をきかれた際にはこう答えているという。

静かな心を保つカメのように座る鳩のように活き活きと歩き犬のように眠ること

これは当時の軍の指揮官、Wu Pei-fu氏が「李青曇」を家に招いた時に送られた言葉として記録されている。

「500歳」の人物との出会いも?

85singo_shutterstock_109995419

なかでも気になるのは、彼の弟子のうちのひとりによる発言だ。その人物は一度500歳の老人に会ったことがあるという。老人からは気功や、寿命を伸ばして超人的な身体環境を整える食事法について学びを受けたという。まるで仙人だ。

一般的な平均寿命といえば、80歳そこそこがいいところ。100歳以上生きる人というのはかなり稀だ。ましてや、200歳まで生きる人間がいるだなんて、疑わしいことこの上ない。
しかし、裏を返せば信じられない理由だってわからないことは確かだ。

もしも、現代人が生きているような9時-17時の生活とはかけ離れた生活だったとしたら。
ストレスとは無縁で、都会の汚れた空気を吸うこともなく、充分な運動や、自然の恵みによる健康的な食事で生活することができていたとしたらどうだろうか。


 

確かに、偶然にも人体に最適な生活スタイルを実践していたとすれば、長い歴史の上でそれだけ長寿だった人が1人や2人いたとしても不思議ではないのかもしれない。

…さすがに考え過ぎだろうか?

Top Photo:WIKIMEDIA COMMONS
Reference: Spirit Science and Metaphysics
About the author: Steven Bancarz is the creator of ‘Spirit Science and Metaphysics’.  

For more articles by him visit his website at www.spiritscienceandmetaphysics.com.
You can also find him on Twitter and YouTube.

「今日が人生最高の日。不可能なんて何もないって毎朝思うのよ」。彼女が頻繁に口にするのがこの言葉。今年で98歳。世界最高齢のヨガインストラクターとして現在も...
毎年カナダのトロントで開催される有名なマラソン大会「トロント・ウォーターフロント・マラソン」。この大会で、なんと世界記録が更新されました。その主人公はなん...
長寿を保っているのは、グリーンランドシャーク。海洋学者のJulius Nielsenによれば、推定年齢は275〜512歳ということなのだけれども、現段階で...
食生活や運動がより長く生きるために不可欠なのは、もはや当たり前のことになっています。ここでは、100歳まで生きるために必要なことを紹介している「AsapS...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
ニュージーランドの東側、オークランドからフェリーで35分ほど行った先に、自然豊かなワイヘキ島があります。ビーチとブドウ園に囲まれたのどかな場所。そこで暮ら...
一体タイムはどのくらいだったと思いますか?まずはその喜びの瞬間を見てみましょう!「オオオオオ!」と会場中が一気に沸きます!動画はアメリカのメリーランド州ク...
誰もがずっと若くいたいと思って、長生きをする。それは医療の発展で無理に長生きする方法だってある。できれば長く生きたいが、その一方で、命限りある人生に一定の...
オーストラリアのダンサーEileen Kramerさんの語る言葉は、そんなふうに迷いながらも進んでいる若者を、とても勇気付けてくれる。なんと今月103歳の...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
ギネス世界記録のなかには、ちょっと首をかしげたくなるような、常人では理解するのが難しい“珍記録”も多々ある。が、それを行う当事者からすれば、この一瞬のため...
 9月15日は敬老の日。でも昔といまでは、かなり「老」という言葉のイメージが変わってきている。昔の「老」は、こうだった。年を重ねて落ち着き、若いころの夢は...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
おばあちゃんと孫ほど年齢差のあるこのふたり、ちょっとびっくりするような共通点があります。じつは、同じ老人ホームに「住んで」いるんです。 「老人ホーム」と聞...
Mike Minnickは、旅に出ようと思った。それも、ただの旅じゃない。電動自転車での走行距離で、世界記録を樹立する旅だ。その距離、実に5,000マイル...
「Elephant Journal」で紹介されたのは、4人の子供を持つ、40歳シングルマザーのリアルなブログでした。「40歳は、20歳の時と同じくらい私の...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
一児の父である33歳のJonathan Juiさんが描くのは、1歳と約10ヶ月の息子のMiloくん(愛称Baobao)の“成長マンガ”。彼が記録するのは、...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
きらびやかな衣装を身にまとい、人々を魅了するプロパフォーマーMarawa Wampさん。注目すべきは、彼女の足元。しなやかに伸びる足先は、なんとハイヒール!?
「Elite Daily」では、当たり前になっているけど感謝をしなければいけない6つのことを紹介しています。少しでも人生を良くしたいなら、身の回りのことか...
去る6月17日、北島の都市ロトルアでnternational Rugby Clubが主催するハカの一大イベントが行われました。「世界最大人数で踊るハカ」、...
100歳を超えたおじいちゃんおばあちゃんが語る「人生のアドバイス」。その数、70人以上。フォトグラファーのポール・モブリー(Paul Mobley)さんは...