とにかく「目を引く」ゴミからできたインテリア

ゴミを芸術作品に変えるアーティストたち。
見るたびに彼らの発想力に驚かされますが、Boris Ballyもそのひとり。

アメリカはロードアイランド州を拠点に活動するBorisさんは、不要になったアルミ製の道路標識を再利用して、さまざまなプロダクトに作り替えています。

人に注意喚起をし続けるために生まれ役目を終えた道路標識が、新しくユーモラスな形で生まれ変わったこの作品シリーズ。エコアートの分野で多くの注目を集めています。

“目を奪われる”
ポップなアート

Borisさんが道路標識から作り上げるのは、アルミの大皿やプレート、椅子やテーブルなど多岐にわたります。

もともと人の目を惹きつける鮮やかな色合いを持つ道路標識は、形が変わることでさらに魅力的な作品へと変化。

大皿は並べるだけでも素敵ですが、シンプルな壁に並べるとポップで映えますよね。

もともとの意味が失われ、純粋な芸術として生まれ変わったことを実感します。

ゴミに
新たな命を吹き込む

Borisさんが使用する標識はすべて不要になり廃棄されたもの。
本来ならばそのままゴミになるはずだったものをアートとして生まれ変わらせるBorisさんの功績が評価され、これまで多くのエコアートアワードを受賞しています。

ところどころ使い込まれた跡があるのが魅力的ですよね。

インテリアの主役にしたい

家具になるとまた印象がガラリ。インテリアの中心にすることで、斬新な空間づくりができそう。

もともとが標識という共通したものなので、色合いやデザインが異なっても統一感があるのがいいですね。

コースターにすると、もうもともとが何だったのか分からなくなりますね。

でもアルファベットの羅列がなんだかキュート。雑貨屋に並んでいたら購入してしまいそう。

同じ色合いの標識を集めてこんなに大きな作品を作ることも。

標識というひとつのアイテムから、これだけ多くのアート作品が生まれることに改めて驚きます。

役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。

道路で注意喚起をし続けてくれていた道路標識は、どんな形になっても「命の尊さ」を私たちに伝えてくれているようです。

Licensed material used with permission by Boris Bally
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
「The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ガーナの企業が、プラスチックバックを道路として再利用する取り組みをはじめました。自然の影響を受けにくく、従来のアスファルトに比べて3倍は長持ちする新アイデ...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
<セラミリスト>を名乗るTim Kowalczykは、実際に見つけてきた「ゴミ」をセラミック彫刻でリアルに再現するプロ。アメリカで数々の賞を獲得し、芸術学...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
1960年代から、化石燃料や電力網などのインフラを必要としないオフグリッドハウスを研究、建設し続けているアメリカ人建築家がイベントを開催です。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
ウィーンのコーヒー文化に危機感を覚えたFlorian HoferさんとManuel Bornbaumさんは、使い道のなかった“ゴミ”でキノコを培養するアイ...
いよいよ、ハロウィーンまで10日を切りました。どんな衣装で街に繰り出すか、当然もう決めているはず。で、今年は是非、小道具は少なめにして、手ぶらで参加しては...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
それでも、ただのゴミとは違います。