日照時間ゼロ!そんな「ストックホルム」の闇夜を照らすお祭り!

北欧の冬は、厳しい。

スウェーデンの首都・ストックホルムの12月の平均最高気温は1℃、最低気温はマイナス4℃。寒さだけならまだ乗り切れそうなものだが、それだけで終わらなかったのが2020年の冬

「AFP通信」によると、先月上旬に観測された日照時間はなんと……ゼロだというのだ。

例年、12月の平均日照時間は短くなる傾向にあるが、1日から10日の間、太陽が差し込む日が1日もなかったのは異例。

前回、そうした記録が出たのは、遡ること1934年というからなんとも不運。何も2020年じゃなくてよかったのに……。

そんなどんより模様の夜空を彩ってくれるイベント「Nobel Week Lights Stockholm 2020」が「ノーベル賞博物館」の主催で、昨年12月5日〜13日に開かれた。

イベントでは、ストックホルムのあちこちを舞台に、ノーベル賞にちなんだ煌びやかな展示催し物が登場。

© nobelprizemuseum / Instagram

なかでも目を引いたのが、「ストックホルム市庁舎」でのライトアップショーだ。

ここでは、ノーベル賞記念晩餐会の会場としても知られる建物をキャンバスに、プロジェクションマッピングを上映。題材には、昨年のノーベル物理学賞に選ばれた「ブラックホール研究」になぞらえて「宇宙」を取り上げたという。

15:00には日没することを受けて、15:30〜23:00までおこなわれたライトアップ。日の入りが早いなかで、少しでも暗い時間を楽しめるようにとの計らいだ。

© nobelprizemuseum / Instagram

激動の2020年最後の月を、ほとんど太陽の顔をみることなく終えることとなったストックホルムの街と市民。しかし、ストックホルムは「ブラックホール」ではないことを、街中のイルミネーションが示してくれた。

今年は、心も天気も晴れやかに過ごせますように。

Top image: © iStock.com/Alexander Farnsworth
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

スウェーデンの首都、ストックホルムから1時間半ほど北西へ車を走らせたところにある村「Sätra Brunn(サトラ・ブルン)」が「クリスティーズ」で販売。...
深夜2時、「スタンフォード大学」の教授であるポール・ミルグロム邸に鳴り響くチャイム。訪問者は「君がノーベル賞を受賞したんだ!」と叫ぶ。ノーベル委員会がミル...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようというサステイナブル迷子のためのゆ...
「The Local」のスウェーデン版によれば、ストックホルム県は空気が乾燥していることから住民の火の扱い方を制限しました。火事になる可能性がある場所では...
スウェーデンのラップランドにオープンした“川に浮かぶ”リゾート施設「Arctic Bath」は、北欧らしくシンプルで洗練されたエクステリア&インテリアが自...
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
「こんなオイシイ仕事あるの?」と思うような求人情報が話題となっています。採用された人は、仕事始めと終わりにスウェーデン・ヨーテボリの駅「Korsvägen...
2015年10月6日に発表されたノーベル賞のプレスリリースで、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長がノーベル物理学賞を受賞したことがわかりました。岐阜県にあ...
「コクヨデザインアワード」を受賞した、幾何学の定義でいうところの線(太さがない線)でメモリを表現した「本当の定規」が商品化。
ノーベル賞受賞者本人に連絡がとれない!そんなことあるの?って感じがするけど、ミュージシャンである彼を知っている人たちからすると、“らしさ”を感じたり、今回...
12月の平均日照時間がわずかに6時間半ほどしかない、北欧スウェーデン。そんな自然環境だからこそ、暗闇を快適に過ごす便利グッズのクオリティには、思わず唸って...
2015年からニューヨーク州で年に一度行われているイベント「LUMA」。目玉となっているのはプロジェクションマッピング。街の市役所や裁判所の建物に投影され...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
「Roof Top Tours(屋根上ツアー)」を知っていますか?映画や漫画に出てくるような「屋根の上」で繰り広げられる様々なシーンに憧れている人は意外に...
「東京タワー」が2021年が明るい年になるように、年末年始スペシャルライトアップのための支援をクラウドファンディングで募っている。
スウェーデン・ストックホルムの時計ブランド「TRIWA(トリワ)」が、1月25日より「TRIWA SHOP表参道」と「TRIWA POP UP STORE...
2015年9月18日。日本人医師、木俣肇氏がイグノーベル賞を受賞した。この賞は「笑える」「考えさせられる」研究が対象に選ばれるノーベル賞のパロディ版。一部...
日本でも、冬限定で北海道にオープンする「氷のバー」。でも、世界には一年中オープンしているところもあるんです。2002年にオープンしたこのバー。店内は年中−...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
新鮮なアボカドを外で食べたいというイギリス人学生の強い思いから生まれたのがアボカドを剥くためだけの道具「Avogo」。鋼製のコンパクトなこのツールは、アボ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...