寝起きドッキリ!?「ノーベル賞受賞」を深夜の突撃訪問でお知らせ

時刻は深夜2時15分──。

経済学者であり、かの名門「スタンフォード大学」で教授を務めるポール・ミルグロム邸にチャイムが鳴り響いた。

「ポール!ポール・ミルグロム!」こんな真夜中に一体どこの誰なんだ、とでも言いたげな声で彼が返事をすると「君がノーベル賞を受賞したんだ!」と訪問者。

声の主は、共同受賞者かつご近所さんロバート・ウィルソン氏。ノーベル委員会がミルグロム氏に連絡を取れなかったことを受けて、共同受賞したウィルソン氏が夫人と共に直接赴いたのだった。

「これからは(委員会からの)電話に出てくれる?」とウィルソン夫人。

「ああ、そうするよ」とミルグロム氏。

......あぁ、なんと微笑ましいやりとりよ。

映像の出元は、当時、ストックホルムにいたミルグロム夫人の携帯電話に送られてきた「防犯カメラ通知」だというから、なおオモシロイ。

さらに、そんな一連の流れを、世界大学ランキング上位の「スタンフォード大学」が公式Twitterで発信しているというのもシャレてて◎。

学生たちの間で、しばらく「ノーベル賞寝起きドッキリ」ごっこが流行りそうな予感。

© Stanford/Twitter
Top image: © iStock.com/sweetandsour
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2015年10月6日に発表されたノーベル賞のプレスリリースで、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長がノーベル物理学賞を受賞したことがわかりました。岐阜県にあ...
2015年9月18日。日本人医師、木俣肇氏がイグノーベル賞を受賞した。この賞は「笑える」「考えさせられる」研究が対象に選ばれるノーベル賞のパロディ版。一部...
12月10日に行われたノーベル賞授賞式の場に姿はなかったものの、晩餐会に向けた受賞スピーチ(代読による)で、世界の人々を魅了したボブ・ディラン。2016年...
ノーベル賞受賞者本人に連絡がとれない!そんなことあるの?って感じがするけど、ミュージシャンである彼を知っている人たちからすると、“らしさ”を感じたり、今回...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
マララさんのブッククラブが10月1日にオープンする。マララさん本人が選んだ本を毎月読んで、議論を交わす会員制のコミュニティ。
ノーベル医学・生理学賞を受賞した、大村智・北里大特別栄誉教授の「人間力」が話題になっている。受賞理由となった「イベルメクチン」の開発はもちろんだが、彼の魅...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
2月に発売された「MOFT多機能キャリーケース」は、「PCスタンド+保護ケース+小物入れ」をひとつにまとめた優れ物。しかも、保護ケースからスタンドへの変身...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...