米の人気レストランが「ホームレス限定オープン」!その裏にあったオーナーの思いに胸が熱くなる・・・

米メリーランド州ボルチモアのとあるレストランが、この夏5日間限定で特別客を招待すると、地元情報誌「Baltimore magazine」が伝えている。ライターLauren Cohen氏によれば、招待されたのはこの街で路上に暮らすホームレスたち。もちろん、料金はすべて無料。この粋な計らいの裏には、地域住民の団結を呼びかけるレストランオーナーの情熱があった。

2015年4月12日、この街で黒人青年が警察に拘束され、その後死亡するという事件が発生。死因の不透明さに加え、相次ぐ警察官による黒人男性射殺事件に、ボルチモア市民の怒りが爆発。激しい抗議行動が起こり、市は4月28日から6日間に渡り夜間外出禁止令を敷いて鎮圧に努めた。

こうした背景を踏まえて、Cohen氏の記事を読んでみると、このオーナーの熱意が理解できるのではないだろうか。

スクリーンショット 2015-07-25 15.36.08


2015年4月〜5月に実施された夜間外出禁止令以降、ボルチモアの外食産業は、大きな痛手を追っている。ようやく回復の兆しを見せはじめ、今回の「ボルチモア・レストランウィーク(7月24日〜8月2日の期間開催)」で、昨年並みの客足が戻ってくることを、どのレストランオーナーも期待しているに違いない。

新規顧客獲得に向けた準備に余念がないなか、レストラン「Tabrizi's」のオーナーMichael Tabrizi氏だけは、他店と違う別の計画があるようだ。プリフィックスメニューで予約を受け付ける代わりに、Tabrizi氏はレストランウィークに先駆けて、7月20日からの5日間限定で、路上生活をするホームレスに向けて店を開ける予定。その理由をこう述べている。

「3ヶ月前の混沌とした状況を目の当たりにしてから、もっと人と人とが手を取り、団結した方がこの街のためになると思えたんだ。じつは、以前にもこの企画をやったときに、この街のホームレスがどのくらいいるかも把握できた。今は収入のことなんかより、地域やここで暮らす人々のことを優先して考えるべき」

通常のレストラン営業の他、ケータリングやウエディング事業など、マルチに展開する「Tabrizi's」、この5日間だけはホームレスのためだけに集中するそう。

「彼らはお腹を空かせているだけじゃなく、絶望感からプライドを失いかけているんだ。だから、ただ彼らを迎え入れるだけでじゃなく、きちんとお客としてお招きするつもりだよ」

特別メニューはまだ未定のようだが、グリルチキンかビーフステーキに野菜を添えたプレート、デザートにはアイスクリーム、そしてシャンパンを付けた献立を予定してるそう。食事は午後の1時、3時そして5時の毎日3回提供される予定。

original

7月の初めにこのプロジェクトを開始して以来、「Baltimore Area Concierge Association」と連携し、レストランまでのバス輸送サービスの提供や、街の清掃作業などのボランティアスタッフを動員することが決定。

「ただ、街のみんなに知ってもらいたいだけなんだ。ボルチモアは回復までに長い道のりがあった。我々には他の人たちまで先導することなんてできない。だって、ここは我々みんなの街なんだから。私にできるのはただ、人と人とをつなげることさ」

これがTabrizi氏のゴールとするものではないにせよ、彼がイニシアチブをとって他のレストランオーナーたちを鼓舞する起爆剤になることを彼は望んでいる。


初日(7月20日)、二日目の様子が「Tabrizi's」の公式ページに、Tabrizi'sのコメントとともに掲載されている。初日は150人、翌日は220人のホームレスが来店。写真の男性は、感謝の言葉を何度も繰り返し食事を楽しんだそう。とても礼儀正しく、紳士的だったとTabrizi's氏。

スクリーンショット 2015-07-25 15.31.49

ひとりのレストランオーナーのアクションが、地域と住民を再びつなぎ合わせている。

Licensed material used with permission by Baltiomore magazine , Tabrizi's

マレーシアのクアラルンプールにあるレストラン「Charlie's Cafe」では、食事をする人が5リンギット寄付すると、食事の引換券となり、恵まれない人た...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
フランスを中心に欧州で拡大しつつある、売れ残り食品廃棄禁止への気運。しかし、ここで紹介するのは、新興国でのお話です。舞台はインド南部。主人公の女性は、欧州...
世界中で人気の料理番組『マスターシェフ』に特化したレストランが、ドバイのホテル「Millennium Place Marina」にオープンします。メニュー...
ドバイに新しくオープンした「Torno Subito Dubai」は、真っ青な海と空に映えるカラフルでポップなレストラン。ただのインスタ映え狙いの店かと思...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
メイン州にあるシーフードレストラン「Charlotte’s Legendary Lobster Pound」は、ロブスターを茹でる前にマリファナを吸わせる...
6月11日〜14日の期間限定でしたが、ロンドンにちょっと変わったレストラン「Hands Off!」が誕生。ウェイターが食べ物を口に運んでくれるんです。
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
ホームレスの人たちへの支援と聞いたら、物資や食料の配給などを思い浮かべる。つまり、一時的には役立つのだけれど、すぐに消えてなくなってしまうものだ。だからこ...
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
ハワイの建築会社Group 70 Internationalが、面白い取り組みを始めています。彼らは、使わなくなった古いバスを改装してホームレス用のシェル...
ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
残念ながらベルリンでしか使えません、この「DiscoEat」は。だけど、同じようなレストラン予約サイトが日本でローンチされたら、結構人気が出ると思います。...
もしも、今と違う人生を歩めるとしたら。人生のターニングポイントは誰にでも訪れるもの。それが正しい選択だったかどうかなんて、後になっても分からないことばかり...