お金をかけずに「最高に楽しい!」を叶える、友達とのクリスマスプラン8選。

クリスマスって、背伸びしがちなイベントになってない?子どもの頃は近づくクリスマスを指折り数え、なんだか神聖で特別な気分に無条件に胸を高鳴らせていた。それなのに今では「クリスマスなのに恋人がいない」「お金がない」とバタバタして、多くの人が群がる流行りのスポットに息急き切って駆けつけて、写真をとるのに夢中になったり。

特別じゃないものを特別に感じられる、お金をかけずにワクワクできる「青春」感溢れるプランってないの?もっと無邪気にクリスマスを楽しみたい!

そんなあなたのために、「Elite Daily」の さんの記事から、とっておきの8つのプランを紹介しよう。

特に05.とか07.とかは、いい歳した大人でも童心に返って盛り上がれそう。

01.
街をぶらぶら歩きながら
「イルミネーション探し」の旅へ

ポイントは、サイトで紹介されているような「バリバリのイルミネーションスポット」には行かないこと。ラフな格好で近所に繰り出して、個人ならではの味があるささやかな飾り付けを探しに行こう。人も多くない、のどかな雰囲気を楽しめるはず。自分で飾りを買う必要なしに一気にクリスマスムードにも浸れるしね。

そうそう、この小さな大冒険に出かける前に、ホットチョコレートを作るのを忘れないで。こういう旅には必需品だから。

02.
毛布の山にくるまって
クリスマス映画を見まくる夜

『ホーム・アローン』や『エルフ〜サンタの国からやってきた〜』みたいなクリスマスの名作の大半は、いまやNetflixやHuluで気軽に観ることができるもの。友達を家に招待して、一晩じゅう、懐かしの映画鑑賞会としゃれこんじゃおう。

家じゅうのありったけの毛布をかき集めたら、柔らかい山にくるまってごろごろ…。ポップコーンの準備も欠かしちゃいけない。

03.
SNSへの投稿や、
年賀状に使える写真をひたすら撮る

SNSにアップしたり、年賀状に使えそうな写真を撮りまくるのも楽しいはず。見栄を張ったキラキラフォトジェニック写真なんかより、家族や友達にもらった最高にダサい「アグリー・クリスマス・セーター」を着たぎこちない笑みの写真とかの方が、撮るときも楽しいだけじゃなく、見る側の笑いを誘うこと間違いなし。

背景も綺麗に飾り付ければ、気分も上がって子どもみたいにはしゃいじゃうかも。

04.
クッキーを大量に買ってきて
デコレーションパーティーをする

楽しさは最高の調味料!というわけで、安いもので構わない。とにかく大量のクッキーとアイシングの材料を揃えたら、片っ端からデコレート大会だ!

ふざけたり知恵を絞ったりしていろんなアイシングをしている間も楽しいけど、なんたっていちばんの楽しみは、頑張って作ったクッキーを手当たり次第食べ尽くす瞬間。サンタにも子どもたちにも恋人にも分けてやらない。このクッキーは全部僕らのさ!

05.
クリスマスツリーを好き放題に飾り付ける

クリスマスツリー、それはお楽しみの代名詞。人の手で飾りつけられる限り、ひとつとして同じものはない!規則だって無いんだから、近所のバカみたいに安いオーナメントを買ってきて、もしくは家にあるもので適当に飾りを自作して、友達と好き放題にツリーを飾り付けてみよう。

めちゃくちゃでも構うもんか。死ぬまでに1回くらいは、こういうことをしてゲラゲラ笑いたいものだよね。

06.
ココアの美味しいアレンジを考案

「寒い日に暖をとりながらココアを飲む」って、なんて甘美な行為なんだろう。たとえ死ぬほどお金がなくったってこの楽しみは奪われちゃいけない。趣向を凝らして自分なりに最高のホットココアのアレンジレシピを考案しよう。

もちろん友達と競ってもよし。ペパーミント、ホワイトチョコ、マシュマロ…色々試せば、絶対ハマる。

07.
「いらないもの・大交換会」を開催

「友達とクリスマスを過ごしたいとは思うものの、1円もお金がない!」という人でも開催できる唯一のパーティーがコレだ。友達に贈るプレゼントの悩みだって一緒くたにして解決しちゃう。家にあるもう使わないものをお互い包んでドキドキの大交換会。

本当にいらないガラクタでも、もう使わないお宝でも、どっちでも笑顔が溢れるのがいいところだ。

08.
クリスマスこそ、ボランティア!

何か実のあることをしたいんだったら、友達とボランティアに参加するのもまた一興。缶詰の食品を運んだり、プレゼントのラッピングを手伝ったり。「クリスマスにボランティア?」と思うかもしれないけど、「隣人」を助けるキリストの精神を体現できるだけじゃなく、なんとなく気分が良くなるはず。

お金も恋人も無くたって、自分が誰かに必要とされてるってわかるから。

Licensed material used with permission by Elite Daily
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
山梨県で誕生したクラフトビール「青い富士山ビール」。天然色素のスピルナで青い山肌を、泡で山頂に積もる白い雪を表現。SNSで話題となった「青い富士山カレー」...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
20代から30代へと変わるうちに、親友と楽しむことをまとめました。ダンスパーティへ行ったり、知らない土地へ旅行したり、一緒に本読んだりと、20のチェックリ...
成人式を終えて今どのような気持ちですか?いろいろ思う事はあるにせよ、「最高の20代にしたい!」という気持ちは多くの人が持っているはず。だからこそ、あなたに...
「Elite Daily」のAlexa Mellardoさんの紹介する5つの場所を見て、私は一気に“クリスマス気分”になってしまった。観光名所でもある場所...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
30代に入る事も一つの大きな転機でもあります。20代で許された事が、30代でも通用するかどうか、一度自分自身を見つめ直し、今後のための教訓を学ぶべき一つの...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
クリスマスの日に完全オーダーメイドのプロポーズまで実施される「うんこミュージアム TOKYO」では、今月25日までクリスマス限定イベント「聖・うんこ・クリ...
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
子供の頃30歳にどのようなイメージを持っていましたか?ここでは、30歳になって「あ、そうか」と気づく、30のことをご紹介。
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
「Rudolph's Rage Room」と呼ばれる部屋は、18ポンド(約2,700円)を払えば4分間、野球のバットでクリスマスツリーを思い切り殴りつける...
20代は1度きり。人生はまだまだこれからだからこそ、いろいろな人と出会いたいという人もいる。でも、1人の人と長く付き合うことで、得られる大事なこともあるのだ。
たまには「脱線」してみたら?
20代前半。今を生きる私たちの“仕事”は、少し特殊なのかもしれない。
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...