超一流営業マンに学ぶ、成長し続けるために持っておくべき「5つのマインドセット」

五島聡
エフピーステージ株式会社代表取締役
ソニー生命保険に入社後、2年4カ月という同社最短記録でエグゼクティブ・ライフプランナーに就任。「継続貢献営業」や「財務貢献」など時代に合う手法を相次いで編み出している。
大坪勇二
キーストーンフィナンシャル株式会社代表取締役
新日鉄で9年間経理を担当したあと、ソニー生命のフルコミッション営業に転身。2006年、ホロスプランニング創設に参画し、08年より現職。

営業のテクニックは、経験を重ねれば自然と身につくものです。しかし、仕事に対する姿勢や考え方は、あなたが変えようと思わない限り、絶対に変わることはありません。トップ5%の営業マンを目指すのであれば、まずは仕事との向き合い方を変えることです。これから、そのために必要な具体的な方法を5つ紹介します。

01.
自分の知見を
積極的に共有する

shutterstock_95010205 (1)_R

レベルの低い人はレベルの低い人と付き合い、レベルの高い人はレベルの高い人と付き合う。これが、人間関係の原理原則です。つまり、あなたの周りにレベルが高い人がいないとしたら、それはあなたのレベルが低いからです。

自分の価値を高めるための具体的な方法として私が勧めるのは、自分でセミナーを開くことです。どんなささやかなことでも構いません。自分ができることをシェアしましょう。保険のミニ講座でも、「営業マンが語る、商談の失敗パターン」でもいいのです。

人から教えてもらうより、自分が教える方がはるかに大変です。しかし、だからこそ学びも多いのです。「自分の価値を高めるためだ」と腹をくくって、思い切ってやってみましょう。

02.
どんなチャンスも見逃さず、
信頼へと繋げる

人は日々、めったにない大きな縁に繋がるようなチャンスに巡りあっています。これは、すべての人に平等です。違いは「チャンスだ」と気付くか、「面倒くさい、自分には関係ない」と見逃してしまうかです。

たとえば、お客様がふともらした言葉を、「自分がそれに貢献できないか?」と考えられるかどうか。宿題をもらった時、面倒くさいなと思うか、千載一遇のチャンスととらえるか。それによって、営業マンの未来は天と地ほどの差が出ます。そこで取る行動によって、その後の運命が変わると言っていいでしょう。

相手の要望を聞き出し、「宿題」ととらえて貢献する。そのマインドをいつも持ってアポイントに臨むことが、将来のあなたを助けてくれることになるのです。

03.
実践あるのみ!
絶対に“勉強家”で満足しない

shutterstock_149002709_R

テクニックを学ぶ、理論を覚える、本を読む。こうした努力は、営業マンにとっての勉強であり、仕入れです。しかし、勉強はあくまでもプロセスのひとつ。実践が伴わないことには、いくら学んでも成長できません。

勉強家ではなく、実践家を目指しましょう。実践から変革が生まれ、あなたの価値が上がります。本を読んだり人に会ったりして何かを学んだ時、「ああ、ためになった」と満足しているのは、単なる勉強家。学んだことに自分なりの意見を加え、お客様が共感できるような内容に仕上げ、仕事で使ってこそ、実践家になれるのです。

04.
付き合う相手は
「将来価値」で選ぶ

topsalesman5

人と付き合う時にも、人間としての仕入れをしている相手を選びたいものです。ここで重要なのは、相手の「現在価値」を基準にするのではなく、「将来価値」があるかどうかを考えることです。将来価値がある人と付き合えば、一緒に成長し、大きな夢を描くことができます。

それを見極めるためには、「勉強をしていますか?」と聞くのが一番。ビジネスマンの勉強ブームと言われて久しい今は、「勉強しています」と答える人も多いでしょう。そこから、「具体的にどんな勉強をしていますか?」「どんな本を読みましたか?」「どこに感銘を受け、どのように行動が変わりましたか?」と、突っ込んだ質問をしてみましょう。こう畳み掛けていくと、本当に勉強しているかどうかがわかるはずです。

05.
契約が成立しない
8割の顧客を大切にする!

出会った人をすべて人脈にしようとすると、無理が生じ、物欲しげな“くれくれ営業マン”になってしまいます。しかし、これが「好意的な中間層をつくろう」という意識になると、事態は変わります。全員を無理やりにでも人脈にしようとするのをやめれば、その中の何割かが確実に見込み客となるのです。

彼らと丁寧に付き合えば、いずれお客様に、すなわちあなたの人脈となるのです。これは、共著者である大坪勇二さんによる考え方です。貢献した人のうち、2割は契約成立となるお客様なので、そこに集中するのは誰にでもできます。しかし、契約が成立しないかもしれない残り8割を大切にできる人は、実は中々いないのです。

トップ5%の営業マンだけが知っている34の方法
コンテンツ提供元:サンマーク出版

関連する記事

五島聡エフピーステージ株式会社代表取締役ソニー生命保険に入社後、2年4カ月という同社最短記録でエグゼクティブ・ライフプランナーに就任。「継続貢献営業」や「...
「営業は大変なもの」「嫌なことを我慢するから成績が上がる」というのは本当でしょうか?答えはNOです。私は、ある日を境に、やりたくない営業や苦しいことを克服...
五島聡エフピーステージ株式会社代表取締役ソニー生命保険に入社後、2年4カ月という同社最短記録でエグゼクティブ・ライフプランナーに就任。「継続貢献営業」や「...
五島聡エフピーステージ株式会社代表取締役ソニー生命保険に入社後、2年4カ月という同社最短記録でエグゼクティブ・ライフプランナーに就任。「継続貢献営業」や「...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
いわゆる「飛び込み営業」と呼ばれるアポなし訪問。ひと昔前だと主流だったこのスタイルも、最近ではあまり通用しなくなっています。それに代わって私が考案したのが...
五島聡エフピーステージ株式会社代表取締役ソニー生命保険に入社後、2年4カ月という同社最短記録でエグゼクティブ・ライフプランナーに就任。「継続貢献営業」や「...
6月初旬、ニューヨーク市のデブラシオ市長は、路上や駐車場のスペースを活用しての飲食店の営業を許可する旨のイニシアチブを発表した。with/afterコロナ...
米国労働統計局によると、2011年にリテール産業に雇用されていた人々の数は約1,480万人で、これはアメリカの労働人口の10%近くを占めていました。そして...
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
2018年度決算では通期売上高281億円、営業利益136億円──。今もっとも勢いのある企業のひとつである「株式会社アカツキ」のCEO塩田元規氏にインタビュー。
「ガスト」や「バーミヤン」、「ジョナサン」で知られる「すかいらーくホールディングス」は全店で24時間営業を廃止することを発表。同社は従業員の健康に配慮した...
日本でも、冬限定で北海道にオープンする「氷のバー」。でも、世界には一年中オープンしているところもあるんです。2002年にオープンしたこのバー。店内は年中−...
「コールマン」から、ブランド初のキャラクターとなるゾンビファミリー「ザ・コールマンズ」が誕生。公式YouTubeで公開中の短編アニメーションも注目。
ある分野の頂点にたどり着くことができた人間は一流、という言い方ができる。しかし、頂点に立ったときに、自分の中で次なる頂点をまた設定できる。それをずっと死ぬ...
社会で働いている人のほとんどが、なんらかの形でモノを売るビジネスに携わっている。毎日の仕事で使う営業スキル、実はデートでも使えるものだった!そんな意外な記...
Fox 11 Los Angelesがそんなフリーウェイの様子をレポートしている動画には、フードトラックが営業を始めて、多くの人が並んでいる様子が映し出さ...
「一流」と呼ばれる人たちは、私たちとは根本的な何かが違うのでしょうか。実は、当たり前のことを続けているだけなのです。ここでは、誰でもできる、チャンスを引き...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ToDoリストなんて、ロボットのためのシステムに等しい」、こう断言するのは、脱サラしてミレニアル世代に向けたコンサル会社を立ち上げた、起業家Daniel...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
失敗するのが怖いーー。外国語の勉強をしている人なら、一度は感じたことがある悩みでしょう。でも、遅かれ早かれ、いつかは必ず失敗するものなのです。だったら最初...