「ミス・アメリカ」を逃した、ミス・テキサスに大歓声のワケ

現地時間9月10日(日)に全米注目の『ミス・アメリカ・コンテスト』が放送されました。全国の美女たちが、“アメリカの象徴”を勝ち取るための一大イベント。最終審査では、ミス・ノース・ダコタが2018年のミス・アメリカに選出。ところが、彼女以外に話題になった候補者がもうひとり。

まるで、これが聞きたかったんだ、と言わんばかりの歓声と賞賛が会場に起こりました。

15秒でまとめた
揺るぎない姿勢

Photo by Donald Kravitz/Getty Images for Dick Clark Productions

それは本選インタビュー審査の中でのこと、審査員のJeff Cagleさんからミス・テキサスへ、時事問題を出題しました。

「先月、バージニア州のシャーロッツビルで、白人至上主義者、ネオナチ、そしてKKKと、その反対抗議者たちの抗議が暴動へとエスカレートし、死亡者も出してしまいました。大統領はこの事件を受け“双方に責任がある”と声明を出しました。この発言に同意しますか?はい、またはいいえ、そしてその理由を述べてください」

この質問に対して答えるのは、ミス・テキサスのMargana Woodさん。

「この度の白人至上主義者たちの事件は、とても明確なテロ事件でした。そして、トランプ大統領は、この事実、そして、早急に私たち全国民の安全面を守るような声明を出すべきだったのではないのでしょうか。それが今、一番の問題なのではないでしょうか」

Marganaさんの回答には、迷いがなく、わかりやすく、そして力強い。20秒以内という短時間で、彼女の返答が終わる前から、大歓声が鳴り止みませんでした。Twitter上でもMarganaさんのインタビュー回答にSNS上では「彼女に票を!」という賞賛の声が多数ありました。

望まれた声なのかもしれない

アメリカでは、いろんな形や規模のミスコンが多く、『ミス・アメリカ』以外にも各州で、あるいは全国放送されるのもあり、大人から子供まで注目するイベントです。審査では、水着やイブニングドレスで美しさを判断されることもあり、一部では、「美を表面的で単純化しているのでは」と、批判の的となることも。

不安と混乱が渦巻くアメリカの政治情勢の中で、シャーロッツビル事件は未だに傷跡が残る悲劇です。そこで、ミス・テキサスのMarganaさんは、あえて『ミス・アメリカ・コンテスト』といった場を利用して、鶴の一声のように、多くの人がシャーロッツビルの事件について思っていたことを、まっすぐに、意見を述べたのでしょう。今まで“美”を競うミスコンの場で、彼女の聡明で揺るぎない姿勢に多くの人が感銘を受けたのかもしれません。

残念ながら、Marganaさんは4位。『ミス・アメリカ』の称号とティアラは獲得できませんでしたが、多くの人の記憶に残るアメリカ国民の一人となったでしょう。

Top Photo by Donald Kravitz/Getty Images for Dick Clark Productions
1920年代から開始されるようになったミスコンだが、当初は黒人女性の参加すら許されていなかったという。
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
8月1日、首都カラカスで開催された南米ベネズエラのミスコンテスト「Miss Venezuela 2019(ミス・ベネズエラ2019)」。今回、出場者はスリ...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!僕は一度だけミス・コンテストを見たことがありますが、コンテンストについて正直よくわかりません。女性を外見だけで...
海藻に特化したブランド「SEASON」が手掛ける「三陸海藻バター」。調味料ならぬ「風味料」として、いま注目のバターです。
致命的な「うっかりミス」をなくす方法をご紹介。これであなたの仕事がもっと良くなるはず。
ヒューストンにあるアイスクリームショップ「Red Circle Ice Cream」から誕生したのは、ザリガニ味のアイスクリーム!ザリガニが“トッピング”...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
アメリカのエアロバイクブランド「Peloton」のCMが炎上した理由を紹介します。
機能性に加えて“快適性”をコンセプトにした新素材「GORE-TEX INFINIUM™」を採用したアディダス不朽の名作「スタンスミス」。
インテリアショップ「Francfranc(フランフラン)」が、「Ubereats(ウーバーイーツ)」に登場。今月25日よりスタートし、来年3月31日まで実...
アメリカンダイナー風のポップなインテリアにパステルカラーを組み合わせた室内がかわいい部屋。「The McFly」と呼ばれていて、アメリカ・テキサス州ダラス...
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
木の糸から生まれた自然由来のマスク「サステイナブル・ナノ木糸(MOKUITO)マスク」が登場。医療用レベルの性能を備え、サステイナブルな背景ももつ話題のア...
細かい設定いらずで、除菌のみの機能を有したシンプル設計の歯ブラシ除菌キャップが登場。コンパクトサイズだから外出時に最適で、新紫外線「UV-C LED」使用...
8月にアメリカで販売が開始された「アンハイザー・ブッシュ・インベブ」の「Natural Light Seltzer」が話題になっている。商品名の一部にもあ...
こんにちは。アメリカ・テキサス州に住んでいるMegumiです。今回はちょっと変わった食器用洗剤を買ったお話をさせてください。
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
アメリカ五大湖のうちのひとつであるエリー湖に、人間と同じような権利が与えられることになりました。
2015年ミス・アイスランドに選ばれたArnaさんは、2016年、ラスベガスで開催されるミス・グランド・インターナショナルに、国の代表として参加していまし...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。