「ミス・アメリカ」を逃した、ミス・テキサスに大歓声のワケ

現地時間9月10日(日)に全米注目の『ミス・アメリカ・コンテスト』が放送されました。全国の美女たちが、“アメリカの象徴”を勝ち取るための一大イベント。最終審査では、ミス・ノース・ダコタが2018年のミス・アメリカに選出。ところが、彼女以外に話題になった候補者がもうひとり。

まるで、これが聞きたかったんだ、と言わんばかりの歓声と賞賛が会場に起こりました。

15秒でまとめた
揺るぎない姿勢

C73dc06fdaceeea7283e7e46dc9fb254b66a824e
Photo by Donald Kravitz/Getty Images for Dick Clark Productions

それは本選インタビュー審査の中でのこと、審査員のJeff Cagleさんからミス・テキサスへ、時事問題を出題しました。

「先月、バージニア州のシャーロッツビルで、白人至上主義者、ネオナチ、そしてKKKと、その反対抗議者たちの抗議が暴動へとエスカレートし、死亡者も出してしまいました。大統領はこの事件を受け“双方に責任がある”と声明を出しました。この発言に同意しますか?はい、またはいいえ、そしてその理由を述べてください」

この質問に対して答えるのは、ミス・テキサスのMargana Woodさん。

「この度の白人至上主義者たちの事件は、とても明確なテロ事件でした。そして、トランプ大統領は、この事実、そして、早急に私たち全国民の安全面を守るような声明を出すべきだったのではないのでしょうか。それが今、一番の問題なのではないでしょうか」

Marganaさんの回答には、迷いがなく、わかりやすく、そして力強い。20秒以内という短時間で、彼女の返答が終わる前から、大歓声が鳴り止みませんでした。ツイッター上でもMarganaさんのインタビュー回答にSNS上では「彼女に票を!」という賞賛の声が多数ありました。

望まれた声なのかもしれない

19ef24b4d24e54adc5ed6410792207ee997a4f03

アメリカでは、いろんな形や規模のミスコンが多く、『ミス・アメリカ』以外にも各州で、あるいは全国放送されるのもあり、大人から子供まで注目するイベントです。審査では、水着やイブニングドレスで美しさを判断されることもあり、一部では、「美を表面的で単純化しているのでは」と、批判の的となることも。

不安と混乱が渦巻くアメリカの政治情勢の中で、シャーロッツビル事件は未だに傷跡が残る悲劇です。そこで、ミス・テキサスのMarganaさんは、あえて『ミス・アメリカ・コンテスト』といった場を利用して、鶴の一声のように、多くの人がシャーロッツビルの事件について思っていたことを、まっすぐに、意見を述べたのでしょう。今まで“美”を競うミスコンの場で、彼女の聡明で揺るぎない姿勢に多くの人が感銘を受けたのかもしれません。

残念ながら、Marganaさんは4位。『ミス・アメリカ』の称号とティアラは獲得できませんでしたが、多くの人の記憶に残るアメリカ国民の一人となったでしょう。

Top Photo by Donald Kravitz/Getty Images for Dick Clark Productions
仕事を進めるうえで、アテンションミス(注意に関するミス)は防ぎたいもの。たとえば、証券会社の営業担当が、数字の入力をミスしただけで数百万~数億円の損害をも...
2015年ミス・アイスランドに選ばれたArnaさんは、2016年、ラスベガスで開催されるミス・グランド・インターナショナルに、国の代表として参加していまし...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
「私の人生、うまくいっているはず…。でも何かが違うような気もする」。夢見がちな10代を終えて、現実が見えてくる20代だからこそ、もやもやした気持ちを抱える...
上司からの頼まれごとを失念する…、書類をどこに置いたか忘れてしまう…。どうして自分はメモリーミス(忘れてしまう)をしてしまうのか?原因を探って対策をしたく...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
20代は1度きり。人生はまだまだこれからだからこそ、いろいろな人と出会いたいという人もいる。でも、1人の人と長く付き合うことで、得られる大事なこともあるのだ。
お持ち寄りのフードも違えば、パートナーの質だって違う。そのくらい20代前半と後半には差があるようですよ。
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
成人式を終えて今どのような気持ちですか?いろいろ思う事はあるにせよ、「最高の20代にしたい!」という気持ちは多くの人が持っているはず。だからこそ、あなたに...
人の話をきちんと聞いて理解をすることは、コミュニケーションの基本だ。とはいえ、誰もが上手くできるかといえば、そうではない。たとえば、書籍『バカに見える人の...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
20代って、若さに溢れてキラキラしてるイメージがあるけど、悩み多き世代でもありますよね。いっぱい冒険もするけど痛い目をみたり、怖いものなしに見えていろいろ...
男性が、世界で初めて妊娠・出産したとニュースになったのは、2008年のこと。もともと女性として生まれてきたけれど、大人になってから自分は女性に惹かれている...