14歳の少女が開発した「奇跡」のアプリ

これから紹介するアプリの開発者、Emma Yangさんのおばあちゃんは、彼女が7歳の頃にアルツハイマー病を患い、少しずつ様々なことを思い出せなくなっていきました。

そんなおばあさんを見ていたEmmaさんは、14歳になると、このような思いを強く抱くようになりました。

「少しでも長く、おばあちゃんに私たち家族のことを覚えていて欲しい」

そうして彼女が自分のなかで出した答えは、「アプリを開発すること」でした。

「おばあちゃんをサポートしたい」
が最大のモチベーションに

Emmaさんのおばあちゃんは、忘れないようにと、日々たくさんのことをホワイトボードにメモしていたそうです。そんなおばあちゃんに、家族もタブレットを通して頻繁に写真を送るなどして、コミュニケーションをとっていたということです。

しかし、努力とは裏腹に、病は進行していったといいます。Emmaさんは、その様子を見て、アルツハイマー病を患う人たちが毎日の出来事を書き留めることができ、周囲の人たちを認識できるアプリをつくれないかと思い始めたのです。

しかも、他の誰かに頼ることなく、プログラミングも自分でおこないました。知識はまったくない状態だったにもかかわらずです。

こうしてできたのが、「Timeless」でした。

「Timeless」には、主に4つの機能が搭載されています。

1つ目は、患者が家族や友人とリアルタイムで、写真やメッセージのやりとりができる機能。患者側には、メッセージの送信者、そして自分とどのような関係なのかを常に表示されるようになっているのです。

2つ目は、カレンダー機能。今日の日付や曜日、予定などを確認することができます。

3つ目は、患者にとって近しい人たちの連絡先を登録する機能。相手の顔や関係性を入力することで、大切な人の連絡先がわからなくなることを防ぎます。

4つ目は、認識機能です。

例えば、目の前にいる人が誰なのかがわからなくなってしまった時、アプリのカメラモードを使ってその人を撮影すると、あらかじめ登録されていた名前とその人との関係性が表示されるようになっているのです。

「Timeless」は現在、「Indiegogo」で資金調達中。50ドル(約5,300円)から出資することができます。気になる人はこちらを確認してみてください。

大切な人が自分を忘れていく──

アルツハイマー病にはこのようなイメージがつきまとっていますが、このような悲しい出来事を阻止できるとしたら、このアプリを奇跡と呼んでもいいのかもしれません。一昔前には決して叶わなかったことを、可能にするのですから。


 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
Licensed material used with permission by Emma Yang

関連する記事

「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
悪夢を治療するアプリ「Nighware」が家庭用の医療機器として注目を集めている。睡眠中の心拍数と体の動きから悪夢を検知して、起こさない程度の軽い振動で夢...
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
地震のときも台風のときもダウンロードしないままだった「東京都防災アプリ」。2015年に都民に配られた冊子『東京防災』のアプリ版で、これがなかなか、都民じゃ...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
エコフレンドリーな製品を手がける「Pela」が、廃棄物を肥料に変えるコンポストマシン「Lomi」の販売をクラウドファンディングサイト「Indiegogo」...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
17歳起業家が作ったアプリ「ATi-COTi(アチコチ)」は、「動画版食べログ」とも言える全く新しいサービス。アプリ内では、全国のさまざまなご当地グルメを...
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。
マインドフルなセックスのお手伝いをしてくれるアプリ「Kama」。あらゆる人に、よりよいオーガズムを味わうための手助けをしてくれるとあって、話題になっている。
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
「手話言語の国際デー」である9月23日、「Huawei(ファーウェイ)」はある画期的なアプリを発表した。このアプリは“シームレスな読み聞かせ”体験を可能と...
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
エティハド航空とパナソニック アビオニクスが手を組んで、時差ボケ防止アプリを開発すると発表しました。
「Facebook」は自社で運営するサービス「メッセンジャー」のデスクトップ版アプリをリリース。これまでWebブラウザで利用可能だった同機能は、アプリにな...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
「Timeshifter」は、時差ボケを予防するためのアプリ。最新の睡眠などの研究をもとに、ユーザーのフライトスケジュールに合わせて「体内時計」が現地時間...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
中国で3歳のときに誘拐され、行方不明となっていた21歳の男性が発見された。本人特定には、いわゆる「老け顔アプリ」の技術が活用されたという。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
国文学研究者であるカラーヌワット・タリン氏は2018年に「くずし字認識モデル」を開発し、そこから改良を重ね、2021年3月に「くずし字認識AI」のアプリと...
イスラエル発の音声分析会社「Vocalis」が、新型コロナウイルスを音声で診断するアプリを開発中。近い将来、声だけで病気を発見してくれるシステムが完成する...
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
「株式会社ユキヤマ」が運営するスキー場情報アプリ「yukiyama」がフルリニューアルを。デジタルマップはもちろん、ゲレンデ状況やコースの確認、GPS機能...