14歳の少女が開発した「奇跡」のアプリ

これから紹介するアプリの開発者、Emma Yangさんのおばあちゃんは、彼女が7歳の頃にアルツハイマー病を患い、少しずつ様々なことを思い出せなくなっていきました。

そんなおばあさんを見ていたEmmaさんは、14歳になると、このような思いを強く抱くようになりました。

「少しでも長く、おばあちゃんに私たち家族のことを覚えていて欲しい」

そうして彼女が自分のなかで出した答えは、「アプリを開発すること」でした。

「おばあちゃんをサポートしたい」
が最大のモチベーションに

50573156024320005329780274626560

Emmaさんのおばあちゃんは、忘れないようにと、日々たくさんのことをホワイトボードにメモしていたそうです。そんなおばあちゃんに、家族もタブレットを通して頻繁に写真を送るなどして、コミュニケーションをとっていたということです。

しかし、努力とは裏腹に、病は進行していったといいます。Emmaさんは、その様子を見て、アルツハイマー病を患う人たちが毎日の出来事を書き留めることができ、周囲の人たちを認識できるアプリをつくれないかと思い始めたのです。

しかも、他の誰かに頼ることなく、プログラミングも自分でおこないました。知識はまったくない状態だったにもかかわらずです。

こうしてできたのが、「Timeless」でした。

5978816270827520

「Timeless」には、主に4つの機能が搭載されています。

1つ目は、患者が家族や友人とリアルタイムで、写真やメッセージのやりとりができる機能。患者側には、メッセージの送信者、そして自分とどのような関係なのかを常に表示されるようになっているのです。

5763822287585280

2つ目は、カレンダー機能。今日の日付や曜日、予定などを確認することができます。

4918440385052672

3つ目は、患者にとって近しい人たちの連絡先を登録する機能。相手の顔や関係性を入力することで、大切な人の連絡先がわからなくなることを防ぎます。

5404671753584640

4つ目は、認識機能です。

例えば、目の前にいる人が誰なのかがわからなくなってしまった時、アプリのカメラモードを使ってその人を撮影すると、あらかじめ登録されていた名前とその人との関係性が表示されるようになっているのです。

5886562520793088

「Timeless」は現在、「Indiegogo」で資金調達中。50ドル(約5,300円)から出資することができます。気になる人はこちらを確認してみてください。

大切な人が自分を忘れていく──

アルツハイマー病にはこのようなイメージがつきまとっていますが、このような悲しい出来事を阻止できるとしたら、このアプリを奇跡と呼んでもいいのかもしれません。一昔前には決して叶わなかったことを、可能にするのですから。


 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
Licensed material used with permission by Emma Yang
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
かなり本格的な感じ!2015年11月25日、慶應義塾大学が開発したアプリ「Heart & Brain」がリリースされました。これは、iPhone本体に採用...
SNSを介して知人と近況をシェアすることが当たり前のこの時代。またしても、注目度大のアプリが登場しました。この「WHERE」があれば、ちょっとしたお出かけ...
Googleとインド政府が協力して開発したアプリが、現在、実用化に向けてデリーで試験導入中。なんでもこのアプリを使いこなせば、急にもよおしたとしても、慌て...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
泣いている赤ちゃん、何を伝えようとしているのかもっとわかってあげられたらいいのにーー。そんな思いに応えるアプリが、2016年の秋ごろから使えるようになるか...
ブリュッセル出身のフォトグラファーBénédicteVanderreydtが撮影するのは、国が異なる少女たちの青春。「I AM 14」シリーズは、ゴンゴ共...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
普段、何気なく使っているスマホやラップトップ。そのほとんどがWi-Fiに接続されていますが、当然そのネットワークの形は見えません。しかし、その姿を可視化し...
大人の塗り絵の人気が止まりません。ストレス解消、脳トレ、新たな趣味の発掘…ハマる理由も人それぞれ。ここで紹介するのは、最近話題の大人気塗り絵アプリ。モバイ...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
イギリスで小児がんを患っていた14歳の少女が亡くなった。彼女は、将来生き返ることを目的に、自分の遺体を冷凍保存することを求めて訴えを起こし、裁判所がこれを...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
はじめはシンプルなきっかけだったそうです。ポーランドに住むMateusz Machは、ヒップホップが大好きな17歳。「友達同士のふざけたメッセージのやりと...
仕事を進める上で、チームの緊密さはとっても重要。これまでもさまざまなサービスやアプリが従業員同士のコミュニケーションをサポートしてきましたが、ここに来て「...
新しいiPhoneシリーズに搭載された「感圧タッチ(Force Touch)」機能には、まだ見ぬ可能性が潜んでいたようです。なんと、画面の上に置いたモノの...
かわいい笑顔を見せてくれるのは、米ユタ州に住むGianessa Wrideちゃん。まだ、7歳の彼女は、今年のはじめに「脱毛症」と診断されました。その影響に...