おじいさんと4歳の少女の人生を変えた「スーパーでの出会い」

とある少女がスーパーで、おじいさんに声をかけたところから始まる物語。スーパーで知らない人に声をかけても、その場限りの会話になることがほとんどですよね。

しかし、アメリカのジョージア州で生まれたこの物語はそれだけでは終わらず、おじさんの人生を変えるほどの出会いになったのです。

「おじいちゃん、こんにちは!」
から始まった出会い

4歳の誕生日当日。母親とスーパーで買い物をしていたノーラちゃん。

そのとき、目の前を一人の高齢男性、ダンさんが通りかかります。ノーラは誕生日を迎えたことが嬉しくて、見ず知らずのダンに思わず話しかけてしまいます。

「こんにちは、おじいちゃん!今日は私のお誕生日なの!」

ダンは足を止め、笑顔で答えました。

「こんにちは、お嬢ちゃん。今日で何歳になったんだい?」

それから2人は、たわいもない会話を楽しみました。

ダンのことをすっかり気に入ったノーラは、別れが惜しくなり「2人で一緒に写真を撮りたい」とママに提案しました。

「僕と?写真をかい?」

ダンは戸惑ったように答えます。

「そうよ、今日は私の誕生日だから!」

ダンは快く提案に応じ、長い間友だちだったかのように、ハグをして、2人は写真を撮りました。そして彼は、目に涙をためながらこう言ったのです。

「長い間生きてきたなかで、一番幸せな日になったよ。ノーラ、楽しい時間をありがとう」

「ダンのあんな笑顔は
久々に見たわ」

ノーラの母親はその素敵な出来事をFacebookに投稿。その記事は瞬く間に広まり、やがてダンの友人の元へと伝わりました。

そしてその友人は、ダンについて、あることを教えてくれたのです。

「ダンの奥さんはついこの間亡くなったところなの。彼のあんなに笑っている顔は久しぶりに見たわ」

ノーラの母親は、その友人から連絡先を聞き出し、すぐさま連絡。そして、彼の家へ遊びに行くことを約束しました。

彼に再び会えると知ったノーラは大喜び。楽しみで仕方なく、たくさんのお土産まで準備しました。

そして、ついにダンの家へ遊びに行ったノーラは、彼にこうお願いしました。

「毎日学校帰りに、おじいちゃんの家へ遊びに行ってもいい?」

ダンはもちろん快諾。その一言から2人の関係はその後も続くこととなり、ダンの82歳の誕生日は、ノーラも一緒に祝ったそうです。

ダンにとって
ノーラは一筋の光のようだった

スーパーでノーラと出会ったあの時、ダンはじつは精神的に追い込まれ、眠れない日々が続いていたそうです。ですが、ノーラに出会ってから、彼の世界は180度変わりました。

あのとき、なぜノーラがダンに話しかけたのかは分かりません。でも今は、親友のような関係になりました。

ダンはこう語っています。

「もう僕に残された時間は長くないかもしれないけど、残りの人生をかけてノーラを大切にしたいと思っているよ」

偶然が生んだ出会いは、2人に幸せな毎日を与えてくれたのです。

Licensed material used with permission by Tara Wood
他の記事を見る
ショートフィルム『未来の自分』が教えてくれるのは、“未来の自分は今の自分でできている”ってこと。
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
「フェルトの女王」の異名をもつ現代美術アーティスト、Lucy Sparrowによるインスタレーション作品が人気だ。
旅には、人生が凝縮されています。
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
真冬のモントリオールで、極寒の中開催される音楽フェス「igloofest」。今年は1月17日〜2月2日の間、毎週木・金・土の開催。
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
ブリュッセル出身のフォトグラファーBénédicteVanderreydtが撮影するのは、国が異なる少女たちの青春。「I AM 14」シリーズは、ゴンゴ共...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国の部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、現代に残った「ごくわずかな伝統」を目にしてきた。...
フランスで200年間愛され続ける代官山にあるパリ生まれの総合美容ブティックOfficine Universelle Buly〒150-0021 東京都渋谷...
主人公は、アフガニスタンから家族と共にイランへ逃れてきた少女ソニータ。彼女の夢はラッパーになることだ。しかし、現実は、パスポートも滞在許可書もなく、退去通...
写真は、8歳の少女が泥棒に宛てて書いた手紙(走り書き)。留守中を狙って空き巣に入られたその窓に、彼女は手紙を貼りました。泥棒がこれを目にすることはきっとな...
31歳ではじめてお見合いした話のvol.4はついに最終回。お見合い当日、現れたお相手の胸にはポシェットがかかっていた。お見合いヴァージン喪失、衝撃の結末とは…。
彼らが決行したのは<国内生産量の危機>を、伝えたかったからではないのです。人種差別をしたり、多様性が受け入れられない社会は貧しい、ということを国内シェア率...
これは、イリノイ州に暮らす3歳の女の子ブルックリンちゃんと、ゴミ収集作業員(ドプソンさん)とのハートウォーミングなストーリー。この小さな恋のものがたりは、...
バルセロナのショッピングモール「L'illa Diagonal」の25周年を記念して、同施設の屋上に設置されたアート。ワイヤーメッシュで創られたそれは、角...
まだ食べられるのに、消費期限が近いことを理由に大量に捨てられてしまう食品。商品の在庫や消費期限を追跡して、それに合わせた価格設定や入荷予測を自動で行う新し...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
家族が事件の加害者になったことで、人生が変わってしまったひとりの少女。彼女の実話は、ウサギを使ったイラストで描写されてもショッキング。銃声と返り血の音、途...
「Elite Daily」のCaitlin Drownさんが今回綴るのは、住む場所を変えることによるメリット。でもこれって、人生を変えたいと思う時に、もっ...
オーストラリアのダンサーEileen Kramerさんの語る言葉は、そんなふうに迷いながらも進んでいる若者を、とても勇気付けてくれる。なんと今月103歳の...