カンボジア「伝統の森」に水車を設置し、電力自給を目指したい

カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。

伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNGO・クメール伝統織物研究所(IKTT)は、伝統織物の復興や担い手の育成、そして、生活環境の再生のために活動を進めてきた団体です。

途絶えかけた伝統絹織物を復興する

content_d5cc5d2ce493f73997eca9912ce72b5f07b0deefcontent_954985f6298a231170d9a7b1908771f68e2a25fd (1)IKTTは、京都の友禅職人だった森本喜久男さんが1996年にカンボジアで設立した現地NGO。そのミッションは、カンボジア内戦とその後の混乱のなかで、途絶えかけた伝統の絹織物の復興にありました。

養蚕・桑の木栽培・染料づくりが
「伝統の森」でスタート

森本さんは、2002年に土地を取得し、織物を中心にした循環型の村づくりを始めます。これは、村人たちとともに暮らしながら染め織りを復活させる活動です。

養蚕をはじめ、それに必要な桑の木を植え、自然染料となる草木の栽培をスタート。IKTTの活動拠点となるこの土地は、「伝統の森」と呼ばれています。
content_6be47c4508a79e2a4f879943f4d20906222b85a0 (1) content_1e8a29b5426dc6dbe74fd6217d2307d2c5456ff9IKTTで織り上げられるシルク布は、世界一の品質と呼ばれるまでになりました。設立から20年、すばらしいカンボジアの伝統が再興するに至りました。

エネルギー自給化による
「循環型社会」を目指す

そんな中、課題となったのがエネルギーの自給化。今回の電力自給を目指すプロジェクトリーダーである土井新悟さんは、電気・通信設備の会社の経営者で、未来の社会を考えたとき、IKTTの循環型社会に大きなヒントがあると感じました。

そして、土井さんは、小水力発電を「伝統の森」に導入し、電力自給を実現することが、持続的な循環型社会形成には欠かせないと考え、当プロジェクトを立ち上げました。

これは、敷地のすぐ横を流れる川の水流を利用して、発電する仕組み。この小水力発電システムは、約0.5kWの発電出力を想定しています。これは、伝統の森で使用する電力のおよそ3~4分の1を賄えます。いまのところ、日中は発電機は動かしていませんが、今回のプロジェクトが実現すれば、日中の電力供給も可能になります。

「小水力発電によって電力をまかなうことで、『伝統の森』に住むカンボジアの人たちの生活がより豊かなものになり、本当の意味での「自然循環型社会」を築くことができるのです。これは、これからの未来を示す道しるべになるのではと考えています」と土井さん。

ただ、水車の制作、土木工事、発電機の購入など、プロジェクトに必要な資金は不足。そのため、クラウドファンディングサイト「READYFOR」で募っています。

日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
脳内麻薬が炸裂しそうなカンボジアの「生春巻き」について。
先月初旬、六本木ヒルズ森タワーがオフィス入居テナントに対して、再生可能エネルギー由来の電力供給をスタート。オフィス賃貸事業者による、入居テナントへの再エネ...
「楽天」は国際的な環境イニシアチブ「RE100」に加盟し、2025年までに自社事業で使用する電力を100%再生可能エネルギーにする方針を発表した。
東京2020オリンピックの開催の延期が発表され、来年の開催にも不安が残るなかで、2028年におこなわれる予定のロサンゼルスオリンピック・パラリンピックのエ...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
極寒の土地で生まれた織物や多様な民族が継承してきたデザインーー。それら独特の存在感を生かすため、世界にある伝統織物工房と提携して各地のテキスタイルをネクタ...
Netflixで公開中のアンジェリーナ・ジョリー最新作『最初に父が殺された』は、カンボジアの作家であるルオン・ウンによる手記『最初に父が殺された(原題:F...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
新型コロナウイルスの流行を受けて音楽の物理媒体の売り上げが低迷するなかでも、家庭でレコードをかけるという人は増えているようだ。ついに米国では、今年上半期に...
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...
ヘナタトゥーアーティストAzra Khamissaさんが肌を染める作品はラインやドットによるデザイン。曼荼羅とは違う味があるのが魅力です。
ポーランドの西ポモージェ県にある「Krzywy Las(英語名:Crooked Forest)」。直訳すると「歪んだ森」。その名のとおり、そこに生える木々...
よりよい暮らしのためには、教育が不可欠。けれど様々な理由で、その機会が与えられていない人もたくさんいます。そのひとつが、電源がないこと。そこでドイツの企業...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
世界中でいまだ収束の兆しがみえない、COVID-19の感染拡大。そんな未知のウイルスの感染拡大には「言語」が関係しているという仮説に基づいた研究が進められ...
「GoogleITサポートプロフェッショナル認定」は、プロダクトマネジャーやデータアナリストなどの職に必要な知識や技能が学べるGoogle発の資格制度。コ...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
木の枝にかけられたネットに5000個もの小袋が取り付けられ、雨が降ると小袋に雨水が溜まる「Reservoir」。イタリアのオープンエアミュージアムに設置さ...
ハイブランドのアーカイブをモデルに「どう森」の衣装を作り、それを公開するアカウント「Nook Street Market」を紹介。
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
1000年以上も前から続く伝統的なタトゥーを引き継ぐのは、カリンガ州にあるブスカラン村に住むWhang Odさん。100歳になる世界最年長の彫り師であり、...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。