カンボジアの今が詰まったガイドブック

2019年の経済成長率は7%になると予想され、今ノリに乗っているカンボジア。観光客の数もどんどん増えていき、ホテルやカフェも頻繁にオープンしています。

未だに内戦や貧困というイメージを持っている人は少ないかもしれませんが、カンボジアで“起きている”ことを知らない人はたくさんいるでしょう。なんせ情報があまり入ってきません。

そんな日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブック 知られざる魅力』です。

紹介されているのは、エシカルなリゾートやヒップなカフェにラグジュアリーなホテル。読んでいるうちに「本当にカンボジアなの?」という疑問が思い浮かんでしまうような観光スポットがピックアップされています。

個人的に興味を引かれたのは、カンボジア産のラム酒について。このガイドブックでは「SAMAI」というラム酒メーカーを立ち上げたベネズエラ出身のふたりのインタビューを掲載。カンボジアにおけるラム酒のあり方を変えようとする思いを知ることができますよ。

こちらの本、Amazonで1598円で購入できます。

©2019 Samai Distillery
Top image: © yumanagata
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

脳内麻薬が炸裂しそうなカンボジアの「生春巻き」について。
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
観光促進、雇用創出、外国投資を目的に進められている、サウジアラビアの新プロジェクト「Amaala」。同国の北西の沿岸部に、新たなリゾートを建設するというもの。
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
観光産業が著しく成長しているスリランカですが、国の玄関のほど近くから癒やしのホテルが迎えてくれます。「The Wallawwa」は、バンダラナイケ国際空港...
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...