旅もシゴトも楽しみたい。私たち、「よくばりノマド女子」なんです。

好きな仕事を好きな場所でする。いわゆるノマドワークができたら、毎日はどんなに楽しいだろう。就活に追われることなく、学生のうちから起業してビジネスを始める若者だって少なくない。でも…そんなに上手くいくもの?

これはアメリカの事情だけに、必ずしも私たちにそのままフィットするわけじゃないけれど、ノマドな働き方を体現するエネルギッシュな女性2人組(ともに23歳!)の言い分をEliteDailyより紹介します。

クリックひとつで夢をつかむ
ノマド女子の明言

4a6990cb686ba4ca36213303238fa6b8cc5f8349

自由と、独立と、冒険心を求めて、大学卒業とともに起業し、世界中を旅しながらノマドワークを続けるCassieとShary。彼女たちの記事は、こんな言葉から始まります。

「毎朝、人生への情熱を抱いて起床する。こんな幸せなことありません。仕事にワクワクして、新しい経験をどんどん求めて、エキサイティングな冒険へと旅に出る。だって今の世の中、自発的に取り組めば、ネットと指先だけで夢を掴むことができる時代。それを体現しているんです」

場所を選ばずオンラインでビジネスを成功させる。ではいったい、彼女たちの思うメリットとはなんでしょうか?

01.
資金を貯めて動く、ではなく
同時進行でスピーディーに

Fe367a0f3685d71222b5202391af38cbfd313264

「旅を続けられない理由はお金が尽きたから」、これはよく聞く話。だけどオンラインで仕事をすれば、資金調達のためだけに数か月も働く必要はありません。すでに旅は始まっているのですから。たった一度きりの人生、蛍光灯の光と薄いコーヒーにはサヨナラして、最高の冒険を続けましょう。

02.
“つながらない”場所の方が
少なくなってきた

海辺のチェアでスムージーを飲みながら…となれば、OFFモードに陥るって?実はその逆で、仕事へのモチベーションはUPするんです。PCさえあれば、オフィスの可能性は無限大。もちろんWi-Fiあってのことですが、イマドキ街中でつながらない場所を探す方が大変なくらい。東南アジアの海岸沿いにある小屋、フィレンツェの居心地のいいカフェ、ただし、Wi-Fiが届く場所にいるうちに仕事を終わらせなきゃね。

03.
シゴトか旅行かで
悩む必要がなくなる

必然的にこの葛藤は無くなります。キャリアに専念するべきか、それともステータスなんか考えないで世界中を旅するのか、もう1人で悩む必要なし。能力と自由を同時に手に入れられるから。旅行熱を満たしながら、あなたの内にある起業家スピリットに火をつけましょう!

04.
通話アプリでも
ビジネスコミュニケーションは
十分可能

4359e4ebd4baff815b50fc2359e978184d4d61db

ほとんど地球のどこにいても、Skypeなどのツールのおかげで誰とでも簡単に連絡を取ることができます。クライアントがどんなに遠く離れていたって関係なし。Google hands outで新しいプロジェクトについて議論を交わし、ビデオチャットで対面しながらミーティング、これがオンラインビジネスです。

05.
目的地ごとに
クライアント開拓のチャンス

クライアントは選び放題なんです。ロンドンの立ち上げたばかりの企業や、ドバイのファッション関係の会社、もしくはオーストラリアの技術系の会社と、気がつけば仕事を一緒にしている……なんてこともあるかも。本当に、毎日退屈しないんです。

06.
世界のコワーキングスペースで
ノマド仲間から刺激をもらえる

場所に縛られることのない、各国の起業家たちとオフィスを共有する。なんてクリエイティブな環境で、働くことができるのはとても刺激的。例えばカリフォルニアにあるザ・サーフ・オフィスは気絶するほど美しいビーチが見えるし、バンコクのザ・ハイブでは仕事のストレスをなくすためマッサージを受けることも出来るんです。

07.
ワークライフバランスを
自分自身でつくりあげていける

物理的な位置に依存していないから、どんどん旅行計画を立てていけます。バルセロナではお気に入りのバンドを見て、タイのチェンマイでは有名なランタンフェスティバルを経験したい。クライアントが満足してくれてさえいれば、有給を取得する必要もなく次の冒険に出ていけますよ。

08.
「自分のための人生」であることを
日々、実感できる

C2d991789f56d05b7818dee9b6eaeb0d35ad9ed3

幸せだと感じることのできる1日をデザインして、仕事をする日のスケジュールをたてることができるなんて最高ですよね?ビーチヨガからスタートしてもいいし、午後にはプールの横でお日様を浴びながらゆったり過ごしてもOK。理想の1日を、実現していけます。

09.
必要経費を最小限まで
抑えることができる

従来型の大きな企業の運営と比較すると、オンラインビジネスの経費は必要最小限で済む。その分、より多くのお金を旅につぎ込めるということ。業種にもよるけれど、パソコンと、仕事に欠かせない道具が数点あれば十分なんです。

10.
宿泊先も
好みと気分で選択できる

ロンドンで豪華な時計台を見ながら眠りにつきたいと思ったことはないですか?そんな希望も今は叶えられるんです。Airbnbなどの素晴らしい会社のおかげで、驚くくらい簡単に、そしてリーズナブルに、世界中のユニークなアパートを借りられるんです。居心地のいい部屋を選ぶもよし、しゃれたロフトを選ぶもよし、そこに暮らす人と同じような日常を楽しみましょう。

11.
じつは…
シゴトの生産性が上がる

仕事をする環境を変えることで新しい考えが生まれ、生産性を上げることに繋がります。創造力を活発にして、仕事の流れに対して新しい見方を手に入れましょう。オンラインで仕事をするということは、贅沢にも職場環境を毎日変えられるということですから。

12.
シゴトと遊びの
メリハリがつく

Fb2a105b251cf9fd53ccda8a261f17119d2eebe6

管理者で責任者は自分自身。なんでも自由に決められる。仕事の合間に観光するのも、冒険するのも、アクティビティをするのも。スケジュールを自分で組めるから、したいように旅をして、やりたいことリストにどんどんチェックをつけるの。まだまだ、たくさんあるのだけれど。

Licensed material used with permission by Elite Daily
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
いまある日常をすべて捨て、自由気ままな無期限の旅に出る…あこがれはあれど、簡単にできることではありません。それをスパッと決断。6歳の娘とアジア圏を暮らすよ...
これまで50ケ国以上を旅しながらフリーランサーとして取材、執筆、講演活動を行う安藤美冬さんと、シンガポールにも会社を設立し、各地の鉱山と直接取引きをしなが...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
旅には、人生が凝縮されています。
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
場所を選ばずに自由に働くことのできる、ノマドワーキングスタイル。日本でも数年前から話題となっていますが、実践している人はまだまだ少なそうです。ここで紹介す...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
世界に通用する真のビジネスマンを目指しかつ若者のグローバル志向の底上げをミッションに「サムライバックパッカープロジェクト」を掲げ、世界中を渡り歩いた太田英...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
マイケルさんとデビーさんのキャンベル夫妻は「The Senior Nomads(シニアノマド)」というネーミングで、アメリカではちょっと知られた存在です。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
お金は心の余裕、というようなことをよく聞くけれど、こと「旅」に関しては必ずしもそれは当てはまらない。旅好きの冒険心は、衝動だけも十分な動機になり得る。あな...