ノマドを好待遇で受け入れるアメリカ都市

シェアオフィスやコワーキングスペースの充実。日本でもノマドワーカーというスタイルが当たり前のようにになってきましたよね。

アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約3万4000円(300ドル)の家賃補助まで。もちろんワーキングスペースも提供してくれます。

アメリカの企業に勤めながらリモートワークをしている人という条件があるので、多くの日本人にとっては関係のない話になってしまうかもしれません。だけど、こうした都市や地域って、日本でも増えてくる気がするな〜。

Reference: Tulsa Remote
Top image: © 4kclips/Shutterstock.com
他の記事を見る
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
好きな仕事を好きな場所でする。いわゆるノマドワークができたら、毎日はどんなに楽しいだろう。就活に追われることなく、学生のうちから起業してビジネスを始める若...
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
アメリカンダイナー風のポップなインテリアにパステルカラーを組み合わせた室内がかわいい部屋。「The McFly」と呼ばれていて、アメリカ・テキサス州ダラス...
まだ辞書や参考書にも載っていない“今使われている英語”を知りたいなら、チェックをしておいて損はありません。マサチューセッツ州にあるLowell High ...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
バージニア州の小学校「William Marvin Bass Elementary School」では、地理や生物などを学ぶ授業でVRゴーグルが配られ、生...
インスタ映えをとるか、VIP待遇をとるか……。
アメリカ五大湖のうちのひとつであるエリー湖に、人間と同じような権利が与えられることになりました。
アメリカ・ペンシルバニア州にあるカーネギー・メロン大学のある研究チームが、同国内のクサい場所を共有できるアプリ「Smell MyCity」を開発しました。
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
アメリカの宝石会社が展開している「プロポーズアンバサダー」なる企画があります。投票で選ばれたカップルが、米国内の6都市をまわって最高のプロポーズ場所を見つ...
「U.S.A. Songs Map」は、アメリカの各州や都市にゆかりのある歌のタイトルが記されている地図。その数1000曲以上。あまり聞いたことのない地名...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
アメリカ50州には、それぞれ州ごとに制定された法律があるのですが、中にはにわかに信じ難いものや、冗談としか思えないようなものも。その一つひとつを、わざわざ...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...