朝、キモチよく目覚めるためのアイマスク

光を遮断して眠りにつくためのアイテム、それがアイマスクに対する一般的なイメージ。ところが、ここに紹介する「illumy」は、キモチよく目覚めるために開発されたもの。この逆転の発想、誰が必要とするのか?

答えは、国際宇宙ステーションで働く宇宙飛行士たち。地上にいては分からない、彼らならではのニーズがあった。

「日没」を再現した赤の光が
深い眠りを誘う

見たところ、いわゆるアイマスクと変わりはなさそうだが、ここにNASAによるテクノロジーが搭載されている。日没の太陽光を再現することで、睡眠の質を上げ、翌朝ストレスなく目覚める仕組みがこちら。

illumyには、宇宙飛行士の体内時計の調整に使われた技術が搭載されているらしい。装着すると、本体から「日没」をシュミレートした赤い光がまぶたに照射される。その光が徐々に暗くなることで、副交感神経が刺激され、リラックスした状態で活動が顕著になるデルタ波を呼び出す。その結果、自然と深い眠りにつけるんだそう。

「日の出」を再現した青の光で
快適な目覚めを手に入れる

一方、起床時は「日の出」を模した青い光が徐々に明るくなる。これにより、エネルギーレベルが高まり活動的になるベータ波へと移行。なんでも、朝の太陽を浴びて起きる時のような、ストレスのない目覚めを手に入れられるというのだが。

専用アプリで
簡単にセッテイング

「illumy」は、iOSとAndoroid共に対応した専用アプリで、目覚めたい時間を簡単にセッティングすることができる。また、光りはじめる時刻、アラーム音の有無、バーチャルな「日没」と「日の出」の明るさなどの調整も可能となっている。また、スマートフォンユーザーでない場合は、PCでも対応しているので安心してほしい。

こうした昼夜の区別がつかなくなるのも、宇宙飛行士ならではの問題。が、地上にいても同じように睡眠のトラブルを抱える人だって少なくない。illumyが市販化された理由はそこにあるのだろう。

さて、iOSとAndoroid共に対応した専用アプリで、目覚めたい時間を簡単にセッティングすることができるこのアイマスク。照射される時刻や、アラーム音の有無、バーチャルな「日没」と「日の出」の明るさなども細かく調整可能だ。ちなみにスマホユーザーでなくても、PC対応しているから安心。

フライト中でも
滞在先のホテルでも

海外の旅を有意義なものにするか否かは、睡眠にあるといってもいい。ぐっすりと眠り、リフレッシュした状態で目覚めるのは、旅を楽しむうえでの大前提。その天敵が「時差」や「環境の変化」。寝つきが悪くなることは避けられない。もしかしたら、illumyが頼りになるかもしれない。

同梱のトラベルケースに入れて持ち運べ、2時間の充電で、最大2週間(!)利用できるそうだから、フライト中でも、滞在先のホテルでも、存分に活躍が期待できる。これで149.99ドル(約16,600円)は、アイマスクとしては確かに高い。それでも、質の高い睡眠はプライスレス、動画のチェックも忘れずに。

Licensed material used with permission by illumy
ベラルーシのデザイナーLesha Limonovさんが作ったアイマスクは、お札をモチーフにしたもの。
AI搭載アイマスク『Luuna』が、あなたが抱えている睡眠に関する悩みを解消してくれるかもしれません。
あなたに快眠を提供するために登場したのが、次世代スマートアイマスク「Dreamlight」。光をしゃだんするための簡易アイマスクとは全く異なり、快眠を最優...
東京から岡山に移住して1年半。 吉備中央町をベースに、月1~2回は長距離バスで東京へ……というワークスタイルです。当初は「移動時にこれがあったら便利かもし...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
いびきが原因の夫婦喧嘩が勃発する前に「魔法のアイマスク」を試してみてはいかがでしょうか。「いびき」なのに、“アイ”マスクというのもおかしな話ですが、なかな...
にわかに信じがたい話ですが、このアイマスクをかけて眠ると、夢を自在に操れるんだとか。そっちの方が「夢のような話」の気もしますが…。もはやSF映画のような現...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
満足するアイマスクを探すのってなかなか難しい。こだわりだしたらきりがないのはわかっているけど、ちゃんと選ばないとサイズが合わなかったり、ゴムが緩んで寝返り...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
「大丈夫。明日の朝、ちゃんと起こしてあげる」。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
NASAの公式ホームページに、国際宇宙ステーションから見る地球の日の出の写真が投稿された。発表したのは、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。8月10日に撮影し...
旅に出る時は、荷物は少しでも軽くしたいと思うもの。特に長期の旅行者にとっては、荷物は少なくて軽い方が身軽です。そんな方にオススメなのが、15個の特殊機能が...
トラベルグッズ専門のストア〈Flight 001(フライトワン)〉から発売されている変換アダプターがカワイイ! 4つのプラグと1つのアダプタがセットになっ...
科学的に裏付けられた、より良い朝を迎えるための6つの簡単な方法を紹介。
Lauren Harburyさんは、今まで長年にわたり、不眠の悩みを抱えている人たちをサポートしてきたそう。環境が変わったり、旅行先になると眠れなくなって...
飛行機で寝るときって、なかなかポジションが決まらないですよね。そんなとき、ほとんどの人が使うのが「ネックピロー」。でも、ネックピローの使い方って簡単だけど...
「RetraStrap」は、キャリーケースの取っ手部分につける、ストラップのようなもの。それを自分の肩にかけて、引いていくイメージです。値段は22ドルから。