どんな輪郭でもぴったりフィット。(たぶん)寝すぎちゃうアイマスク

満足するアイマスクを探すのってなかなか難しい。こだわりだしたらきりがないのはわかっているけど、ちゃんと選ばないとサイズが合わなかったり、ゴムが緩んで寝返りを打った時にズレてしまったりなんてことがある。

丁度いい大きさを見つけても、鼻の高さが合わないと隙間から光が入ってしまう。だいたい、そういうのに気づくのは実際に使う時なんですよね。

アメリカの「Manta Sleep」は、そんな悩みを解決しようと「Modular Eye Mask」を開発。

輪郭にフィットするから
100%光をカット

1c5db67e70733f0fbca46c7eceac4219915bfaea

目の周りについているクッションはどんな形にも合うように作られている。しかも、位置が調節できて、伸縮性があるバンドだから輪郭にジャストフィット。それによって、隙間ができないので光を完全に遮断できるんです。

だから、寝ている途中でズレてしまったり、明かりで目覚めたりすることもなく、グッスリと眠れる。 

3cd3a9db44b26f2b53ad732d831e48e51d1b68e0Fce0e508ed6088ae285e239463afd8503fcc23e12b095bdcc8674bb0bce2fb65d07cd12661652a29

しっかり、100%ブラックアウトをキープ。

ちょっと眠りたい時にも

011f2f95095d8f8ee3aa50ce70a9fdab19102d07

ドライブ中の仮眠にも頼もしい。

9e3ff9e1b8e65d8feab280ad7c678650a570fef0

見た目は少し重そうだけど、つけてみると不快にならないくらい軽く、持ち運びも苦にならなそう。

34d5c453cff493218c0d05df47982253f2f810eb

たとえ、こんなに眩しい状況でもぐっすり眠れるでしょう。

64cc18b26df645d0333c77a9f07b1713020ff095

アイマスクには、アイマッサージャーもついていて疲れ目にも優しい、という細やかな心配りを感じる。そんな「Modular Eye Mask」は、クラウドファンディング「Kickstarter」で、資金調達中。

本来ならひとつあたり30ドル(約3,300円)だけど、今なら20ドル(約2,200円)から。発送は2017年8月を予定。

Licensed material used with permission by Manta Sleep
「illumy」は、気持ちよく目覚めるために開発されたアイマスクなのだ。一見、どこにでもあるようなフォルムではあるが、じつは、NASAによるテクノロジーが...
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...
にわかに信じがたい話ですが、このアイマスクをかけて眠ると、夢を自在に操れるんだとか。そっちの方が「夢のような話」の気もしますが…。もはやSF映画のような現...
飛行機で寝るときって、なかなかポジションが決まらないですよね。そんなとき、ほとんどの人が使うのが「ネックピロー」。でも、ネックピローの使い方って簡単だけど...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
東京から岡山に移住して1年半。 吉備中央町をベースに、月1~2回は長距離バスで東京へ……というワークスタイルです。当初は「移動時にこれがあったら便利かもし...
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...
いびきが原因の夫婦喧嘩が勃発する前に「魔法のアイマスク」を試してみてはいかがでしょうか。「いびき」なのに、“アイ”マスクというのもおかしな話ですが、なかな...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
Lauren Harburyさんは、今まで長年にわたり、不眠の悩みを抱えている人たちをサポートしてきたそう。環境が変わったり、旅行先になると眠れなくなって...
寝返りが多くて、朝起きたときにはいつも枕がどこかへ行っている。日によって寝る体勢が違うから、どの向き寝ても頭にフィットする枕がほしい。そんな人にオススメの...
睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済...
寝ても寝ても、改善されない理由がここにあるかも。
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...