すべての人が、朝10時までにしておくべき「10のコト」

海外のデキるビジネスマンに共通すること。それは、朝早く起きることだ。
スタバのCEO、ハワード・シュルツ氏は4時30分に起きて6時前に出社して誰よりも早くオフィスにくる。さらにナイキのCEOであるマーク・パーカーは朝にヨガをするそうだ。成功者には、朝の習慣を大事にする癖があるのだ。

ここで紹介するのは、「HigherPerspective」に掲載されていた、朝10時までにすべき10のコト。意識的に早く起きて、ここで紹介する中から一つでも多く実践してみては?

shutterstock_31031032710am-daily140909-02


 01.
10分だけでも
瞑想をする

1日を心穏やかにスタートできる瞑想。ストレスを軽減して、集中力を高める効果があります。

02.
小さなことに
感謝する

10am-daily150827-03

幸せとは、求めるものではなく気づくもの。今自分が身を置く環境や、周囲の人々に感謝することで手に入るのです。
1日を幸せな気持ちで過ごすため、まずは朝、些細なことでも感謝しましょう。

03.
1日の目標を立てて
やる気がグッとあげる

日々の生活を充実したものにするため、目標を立てることが大切。今日したいことを書いて、大きな声で自分に言い聞かせます。それだけで、モチベーションはグッと高まるのです。

04.
本を読んだり映画を見たり
趣味を楽しむ

仕事に追われ、自分の時間が全くない!そんな時は、家を出るまでの朝時間を有効活用しましょう。

05.
コップ一杯の
水を飲む

Healthy refreshment

朝目覚めたら、まず一杯の水を飲む。すると、気持ちがすっきりしてカラダも軽くなります。1日のコンディションも整います。

06.
血流を促進する
軽い運動が◎

ちょっとでも早く起きて、散歩やサイクリングなどの軽い運動をしましょう。1日カラダが軽くなるはず。

07.
お気に入りの音楽を聴いて
朝からノリノリ!

Sweet Music

朝から大好きな音楽を聴いて、気分を盛り上げましょう。(ちょっと大きめの音で聞くと尚よし!)

08.
鏡の前でにっこり
スマイル

クスッとした笑いも、思わずお腹を抱えてしまうような大笑いでも、笑顔は大事。何かを始める時はニコッとしてから取り組みましょう。

09.
片付けをして
心地よい空間をつくる

10am-daily150827-045

前日の夜に片付けができなかった…。なんていう時には、朝にささっと片付けるのがオススメ。整理整頓された空間では、気持ちよく仕事できます。

10.
後回しはダメ
難しいことほど早めに片付ける

大変なことほど、朝に終わらせるのが吉。そうすれば残るのは、簡単なタスクのみ!

Licensed material used with permission by HigherPerspective

以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
20年以上勤めていた会社を、いきなりクビになったTyler C. Beaty氏。その後、彼は一念発起して起業。成功者の仲間入りを果たしています。Beaty...
余裕を持って朝を過ごし、仕事にもプライベートにも取り組みたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさんのアイデアは、カンタンにできちゃ...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
朝は、ゆっくり頭を起こして静かに過ごしたい。できればもうちょっと布団の中にいたい…と思いがちですが、朝の過ごし方でその日の生産性が大きく変わってくるかもし...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
科学的に裏付けられた、より良い朝を迎えるための6つの簡単な方法を紹介。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「早起きは三文の得」とはよく聞く言葉ですが、習慣づいていない人にとってはなかなか難易度が高いでしょう。でも、「Elite Daily」で紹介されていたこの...
朝起きるのが時間ギリギリだと、その後の予定も常にバタバタしがち。突発的な“何か”が入ったときには、もうオシマイです。そこで、「Power of Posit...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
まだ2018年ははじまったばかり。何か新しいことをはじめたいと思っている人は、この習慣を取り入れてみては?
スヌーズをセットして、少しでも長く眠ることにしあわせを感じていませんか?そんなあなたでも、毎朝6時前に起床したくなる6つの理由を「Elite Daily」...
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
これで朝の習慣が変わるなら…。
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
成功している人たちには、絶対に守っている独自の習慣があります。体に染みつき、それをすることが当たり前になっていること。ここで紹介するのは「Inc」のライタ...
朝時間の過ごし方については、さまざまなところで言及されています。ここで取りあげたいのは「bembu」という美容健康情報を発信しているメディアに掲載された「...
成功者は何をして成功しているのだろう?そんな疑問に答えてくれる「成功している人が行っていること」のリスト。当たり前のことから、そうなんだと頷く事まで自分が...