【要注意】寝ている間にiPhoneをアップデート。世界中で寝坊する人が続出

世界中のiPhoneユーザーがいま、不安な夜を過ごしている。とは少々言い過ぎだが、うかうか寝ていられない状況に代わりはない。なぜって、最新のiOSを「夜中にアップデート」したら、翌朝アラームがまったく鳴らないのだから。

iOSアップデートしたら
目覚ましが鳴らない!?

IMG_9247whagasdjags

2015年10月22日より提供開始となった「iOS9.1」に、早くもトラブル発生。アップデート時のオプションとして、前身の「iOS9」より追加された機能「夜間にインストール」を選択すると、iPhoneが電源に接続(充電)されていれば自動的にアップデートを行ってくれるというもの。ところが、この処理において、セットしていたはずのアラーム機能が、すべて解除されてしまうというバグが起きるというから、目覚まし時計代わりに利用している人にしてみたらたまったものではない。

Twitterに寄せられた
被害者たちの“嘆き節”

_217875652

最新のiOS9は機能面が進化、バッテリーの持ち時間も向上したものの、ダウンロードに要する時間が若干伸びた。そのため、寝ている間にダウンロードを済ませてしまおうというユーザーが多かったのも頷ける。ただ、まさかアップデートによってアラームがリセットされるとは、知る由もなかったはずだ。「Gawker」はTwitterに上がった、世界中から被害者たちの嘆きを紹介している。

「アップデートしたら目覚ましが鳴らなかったんだけど、他にも被害者がいるはずだ」「夜中にアップデートしたせいで学校に遅刻したじゃないか!」「『夜間にアップデート』を選んだばっかりに、アラームがならず会議に遅刻…。なあApple、誰が上司に言い訳してくれるって言うんだよ?」

さて、この一連のバグについて、Appleは今のところ公式な発表は出してはいない。わずか33日間という短期間でベータ版を開発投入したAppleだが、「結果的にそれが裏目に出たる格好になった」と、今回の夜間アップデート騒動を「Forbes」も大きく報じている。

さて、現在アップデートを検討している人は、就寝時は避けるか、翌朝の予定を確認してからにしたほうが良さそうだ。

Reference:Gawker , METRO , Forbes

 

Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
間もなくアップデートされるiPhoneの絵文字。その中の「ベーグルの絵文字」をめぐって、Apple社と、あるチーズ会社の間で “一悶着” あったのはみなさ...
10月下旬、米「Apple」は「iOS13.2」のリリースを発表。今回、新たに398種類の「絵文字」が追加され、女性の月経を表す「一滴の血」が話題となっている。
1月8日、Appleが「iPhone11/11 Pro/11 Pro Max」の「ナイトモード」で撮影したベストショットを世界中のユーザーから集めるキャン...
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
間もなく、iPhoneの絵文字がアップデートされるのはみなさんご存知ですよね? 待ちきれなくて、個人的に大注目の絵文字をピックアップしました!
9月末、テスラの「最新ソフトウェア(10.0)」がお披露目された。今回のアップデートでは、YoutubeやNetflix、Spotifyなどのエンタメ機能...
7月にアップデートされ9月に施行されたFacebookの「コミュニティ規定」について、今、多くの海外メディアが取り上げている。Facebook上で特定の絵...
カリフォルニア発、独自の特許で、どこにでも貼り付くiPhoneケース「MagBak(マグバック)」がついに日本上陸。3月14日からMakuakeで限定先行...
Appleユーザーやファンにとって待望の新製品発表会が、日本時間の9月10日午前2時より開催されます。毎回のことどんな発表があるのか予想がされますが、幾つ...
アウトドアブランド「パタゴニア」の食品事業を担う「パタゴニア プロビジョンズ」から3月26日にスペインの伝統的な漁法で捕獲されたサバを使用した缶詰「サント...
「歴代のiPhoneを水没させたら、どれが一番最後まで生き残るか?」Zach Straleyさんが行ったちょっと過激な実験が、YouTubeで話題を集めて...
2016年秋のリリースが期待されているiPhone7ですが、一時期の「iPhone狂想曲」はやや鳴りをひそめ、着実なマイナーチェンジが予想されているところ...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたところによれば、香港のAppleが次のiPhoneの機能に、先日発表されたMacBookやApple Watchに...
農作物の新たな価値を届ける企業「Link to Farmland」は、先月10日より、北海道・美瑛町で生産された規格外の野菜を再利用するプロジェクトをクラ...
300年以上の歴史をもつ老舗「中川政七商店」が、2020年秋、初となる複合商業施設を奈良市元林院町、通称「ならまちエリア」に開業する。
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
Googleショッピング検索がより便利にアップデートされる。新機能では、特定のアイテムを掲載するオンラインショップが一括で表示され、色やサイズ、ブランドな...
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
9月8日の発表から、見どころを抜粋して紹介。国内で発売されるiPhone 7 / iPhone 7 Plusは、約0.1秒でデータの読み書きができるFel...