パリからやってきた小さな神さま。肌身離さず持ち歩く、わたしだけのネックレス。

パリの老舗デパート、ボン・マルシェの近くにひっそりたたずむ教会って知ってる?

“奇跡のメダイ教会”って呼ばれていて、世界中からたくさんの観光客が訪れる場所なの。ここで販売されているメダイ(フランス語で「メダル」のこと)は、身につけるといいことが起こると言われているんだよ。

これは、もともと持っていたネックレスにそのメダイをくくりつけたもの。

小さなタッセルがついた花柄のネックレスは、7~8年前に自分で購入した〈dosa(ドーサ)〉で、ふたつのメダイは贈りもの。いいことがありますようにって、毎日持ってるの。

ネックレスにメダイをつけたのは去年の冬から。

これまでも周りの人たちからメダイをプレゼントしていただくことはたくさんあって……。でも、わたしはそれをどう使っていいのか分からなくて、おうちのどこかに置いていたの。

それが、たまたま誕生月に、親友とパリに住む知人のマダムから立て続けにもらったから、これは何か意味があるんじゃないかと思ったのよね。

「このメダイはすごいんだから。わたし、これを手に入れて、ばかみたいに信じていたら幸せがやってきたのよ」。って、マダムからのメッセージもあってね。

次パリへ行ったら、今度は教会に行ってこようかな。その時は自分でメダイを買って、これまでいただいた方に返していくの。お礼参りみたいな感じでね。そうやってぐるりと巡ったとき、いいことが起こりそうだよね。 

高橋美賀/「MOON mica takahashi COFFEE SALON」店主
毎日、あたたかく、おいしいコーヒーを淹れ点てています。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

andmore
他の記事を見る
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
〈ティファニーT〉 チェーンネックレス。毎日つけてるよ。一度つけたら、基本、外せないんだよね。外すのが大変なんだよ。昔からあるクラシカルなモチーフで、ブラ...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
パリ五輪を前にシャンゼリゼ通り活性化させるという計画案が注目されています。理由は、その一環として凱旋門を囲うラウンドアバウトに夏はビーチ、冬はスケートリン...
人の感情を高める作品を作りたい。そう考えたウクライナのアーティストEllen Rococoさんがモチーフに選んだのは子宮。生命力やエネルギーといったイメー...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
パリの魅力に磨きをかけるプロジェクト「Réinventer Paris 2」。その一翼を担うのが「Le Terminus」。使われなくなった地下鉄の駅がレ...
透明な容器の中で小さな自然を再現した「テラリウム」は、実際に手作りできることでも大人気。ただし、ここで紹介するようなアクセサリーとなると話は別。小さな花や...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...
パリの主要ターミナル駅のひとつ、リヨン駅。ここから少し歩いたところにあるクレミュー通りに暮らす住民が苦情を申し立てています。
アーティストであるLor-Kさんの「Eat Me」というプロジェクトです。
茹でてクタクタになった素麺が激変!