「子宮のネックレス」を作る理由

すべてのヒトはここから生まれ、
脈々と生命を繋いできた

人の感情を高める作品を作りたい。

そう考えたウクライナのアーティストEllen Rococoさんがモチーフに選んだのは子宮。生命力やエネルギーといったイメージに触発されたからだと言います。

妊娠中の女性や赤ちゃんを亡くしてしまった女性、子宮摘出手術を受けた女性など、さまざまな人がRococoさんの子宮アクセサリーを求めたそう。

女性一人ひとりの話を聞き、そのストーリーに基づいたデザインに。

「子宮は一人ひとり異なっていて、女性が子宮に対して抱く感情も一人ひとり異なります。この試みによって、わたしはたくさんの女性と出会い、心の深い場所に触れることができました。

わたしはこれからもこのアクセサリー製作を続けようと思っています。ぜひあなたも作ってみませんか?

自分自身と向き合う良い機会になるかもしれません」

Licensed material used with permission by Ellen Rococo
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
〈ティファニーT〉 チェーンネックレス。毎日つけてるよ。一度つけたら、基本、外せないんだよね。外すのが大変なんだよ。昔からあるクラシカルなモチーフで、ブラ...
パリの老舗デパート、ボン・マルシェの近くにひっそりたたずむ教会って知ってる?“奇跡のメダイ教会”って呼ばれていて、世界中からたくさんの観光客が訪れる場所な...
Twitterでの公開後、約2週間で20,000以上の「いいね」を集めた“とある漫画”が面白すぎると話題に。描かれているのは、なんと「子宮の中の人たち」な...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
2014年、10月4日「子宮移植手術」を受けた女性の出産が初めて成功した。今回、取り上げられている36歳の女性はメイヤー・ロキタンスキー・クスター・ハウザ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
001 ジュエリーを主役にする 「シンプルな洋服」柄のない、シンプルな装いには、反対に装飾的で大ぶりなネックレスやブレスレットをつけて、コーディネートの主...
透明な容器の中で小さな自然を再現した「テラリウム」は、実際に手作りできることでも大人気。ただし、ここで紹介するようなアクセサリーとなると話は別。小さな花や...
釘のようなものが隠れているネックレスや鋭利なピラミッド型の装飾があるブレスレットをデザイン。くだけた言い方をするなら、オシャレなメリケンサックも販売中です!
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
当たり前に身近にあった「ひらがな」の曲線のうつくしさや、日本の伝統を残していきたいという想いでつくられた「ひらがなアクセサリー」。 書家でもあるデザイナー...
突然ですが、ひとつ質問を。プレゼントされた指輪や自分で買ったネックレス。中身を取った後のケースってどうしていますか?ほとんどの人は「引き出しの奥底に眠って...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
ビー玉のような実がついた、どんぐりモチーフのアクセサリー。かさの部分は本物のどんぐりが使用されていて、「レジン」と呼ばれる透明樹脂で出来た実の部分には、本...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
2015年の秋、67年連れ添った夫を失った90歳のノーマさん。さらにその2週間後、自分自身にも「子宮がん」が発症していることを知りました。医師もベストな手...
男性が、世界で初めて妊娠・出産したとニュースになったのは、2008年のこと。もともと女性として生まれてきたけれど、大人になってから自分は女性に惹かれている...
男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...