子宮にいた頃から「人間は泳いでいた」
と思わせる映像作品を発表

「なぜ人間は泳ぐのか?」

そんな疑問から導かれた映像作品が発表されました。コンセプトは「WATER BABY」。

これは、冒頭の疑問と同名の書籍をヒントに、国際的なスイムウエアメーカーでもあるSpeedoが制作したもの。

水に飛び込んだとたん、宙に浮かぶように重力を感じず何の音もしない。水の中では心を深い思考に導き、精神の集中も要求される……そして、誰にも見つからないマインドゲームを繰り返す。

このようなイメージを連想させる映像は、ほの暗い水の中でひとりの女性が身体を動かしつづける様子が映し出されます。まるで子宮の中の赤ん坊のように感じさせる1分強の世界。

コンセプトのWATER BABYという言葉に合点がいく仕上がりです。

惜しいことに、この映像作品の正式公開は、4月中旬になるとのこと。ただし、先行発表イベントも母胎を思わせる特設ドームで行われ、コンセプトに対する強いこだわりを感じさせるもの。

いまや水陸両用や高機能ウエアも展開するSpeedo。ベースとして培った“泳ぐ”ことへのフォーカスで、人々のウェルネスライフを支える原点を探っているのでしょうか。その判断は映像作品WATER BABYを観れば、きっと伝わるはずです。

©Speedo WATER BABY
©Speedo WATER BABY
Top image: © iStock.com/CWLawrence
これはフォトグラファーMarieさんの作品、「Lifeconstruction」。全く知らない人同士を、あたかも親密な関係であるかのように撮るシリーズ作品...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
2018年9月、カナダ・トロントに北米初のセックスドールの風俗店「Aura Dolls」がオープンしました。ここは文字通り人形とセックスする場所。
「なぜラッピングなのか?」は、わからないのですが。
ある写真がネットを通じて世界中に拡散された。以前は「自分に自信がなくて、心から愛せる人と出会えるとは思えなかった」というStephanieさん。そんな彼女...
東京、銀座にあるCHANEL NEXUS HALLでは、展覧会「ピエール セルネ&春画」が4月7日まで開催中。春画を取り扱う展覧会では珍しく、年齢制限はあ...
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...
妊婦はもちろん、パートナーや助産師を含めたその場の雰囲気を撮る、それがバースフォトグラファーだと語るKatieさん。ここでは、たくましい助産師にフォーカス...
「Speedo」×「MISTERGENTLEMAN」の水陸両用ショーツ「WATER SHORTS」です。
「Lightform」は、誰でも簡単に映像を制作してそれを投影できてしまう優れもの。自宅やオフィス、いつも行く場所を特別な空間に変えたい人に最適!?
人の感情を高める作品を作りたい。そう考えたウクライナのアーティストEllen Rococoさんがモチーフに選んだのは子宮。生命力やエネルギーといったイメー...
ビデオドラッグという表現を思い出した。
Phone XのCMにもその技術が起用された、幻想的すぎる映像作品をご紹介。Thomas Blanchard氏によるこの作品のメインとなるのは、花。題名は...
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
「オンナノコズ」のプロモーションを兼ねて行われたのは、マイクロドローンのHD撮影テストだった。──現場の雰囲気はどうでしたか?
こんなふうに何かを「いつくしめる」人になりたいな。
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。
料理を注文してからのちょっとした合間に、こんな催しがあったら素敵ですよね。なんとテーブルをスクリーンにして映像を投影、アニメーションがスタートしちゃいます...
今回は、かなり心が震える映像をご紹介。なんと、世界で初めて富士山の頂をドローンで捉えた4K動画があるというのです。空撮されたのは、これまでにほとんどの人が...
〈SPEEDO(スピード)〉と〈NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)〉がコラボした「ウォータープルーフポーチ」が便利です。本来の用途は水着...
スイムブランド〈SPEEDO(スピード)〉とスポーツライフスタイルショップ〈NEUTRALWORKS.〉のダブルネーム。
「Glacier Pools」と称されたTom Hegenさんの作品は、直訳すると「氷河のプール」という意味。詳しいロケーションは明かされていませんが、ア...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
20億以上の球体を使ってインスタレーション作品に仕上げたのは、ロシア出身のビジュアルアーティスト・Maxim Zhestkov。20億という一生になかなか...
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...