40になった今でも愛用している、30歳の頃「1年かけて探した時計」。

この時計を購入したのは、30歳ぐらいの時。もともと亡くなったおじいちゃんの遺品に〈OMEGA(オメガ)〉の腕時計があって、それをずっと使っていたんだけど、間抜けな話でなくしちゃったんです。それがきっかけで腕時計を買おうとなりました。

ビッグフェイスは主張が強すぎて、僕のキャラには合わないな。

シンプルなカッコよさで言うと、パテック フィリップとかいいかも。

でも、背伸びしすぎだよな~。

いろいろ考えて遺品と同じ〈オメガ〉、それも70年代あたりのヴィンテージにしようって決めました。このブランドのこの時期のものって、まだ球数があるし、価格も比較的カジュアルなんです。

ただ探し出すとなかなか気に入ったものがなくって、1年ぐらいかかってやっと見つけたのがこれ。

クラシカルな雰囲気を醸してくれるシルバーとゴールドのコンビが気に入ってます。ベルトや尾錠はブランドの純正がなかなかなくって探して、別で購入したものを。

とくにベルトは、クロコじゃなくてカイマンってところがポイントです。当初はクロコのベルトを使ってました。高級感があって、カッコイイんだけど、本当に毎日つけるから革が傷んでくるんですよ。それで今はカイマンに変更。クロコより安くて強い。オススメです。

ここまで語っておいてなんだけど、40も越えたので、そろそろ次の時計を探そうとも考えています。そうなったら、多分これは大切に保管して、息子が大きくなったらプレゼントすると思います。それぐらい気に入っている時計です。

米田渉/フォトグラファー
石塚憲之氏、NICK KNIGHT氏に師事。2015年帰国後は、ファッション誌、ブランドカタログ撮影を中心に、映像ユニット「W&Y」での映像制作等、多彩な表現活動を展開中。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。